利益のためには外貨預金のタイミングを見逃さないようにしよう

利益のためには外貨預金のタイミングを見逃さないようにしよう

外貨預金に関して重要なこと、それはタイミングを見逃さないことです。 今回は外貨預金の基礎とタイミングに関して注目していきましょう。 これから外貨預金を始める人は、ぜひ参考にしてみてくださいね(`・ω・´)
外貨預金に関して重要なこと、それはタイミングを見逃さないことです。今回は外貨預金の基礎とタイミングに関して注目していきましょう。

これから外貨預金を始める人は、ぜひ参考にしてみてくださいね(`・ω・´)

外貨預金の基礎知識

こちらでは、外貨預金を始める前に覚えておきたい基礎知識を見ていきましょう。どんなことを覚えておくべきなのか知っておくことで、リスクを軽減出来る可能性があります!

リスクがあることも考えよう

外貨預金は初心者におすすめされているため、リスクがないと考えている人が多いです。しかし、為替変動によって元本割れの可能性もあります。

意外とこの元本割れの為替変動リスクは初心者が陥ってしまうミスのひとつなのです(-_-;)

手数料がかさんでしまう

円を外貨にする時、外貨を円にする時、どちらも手数料がかかります。円預金の場合は手数料がかからないのですが、外貨預金の場合は手数料がかかることを覚えておきましょう。

円預金から外貨預金を始めたばかりの人は手数料のことを忘れてしまう人もおおいです(;´д`)

思ったような利益にならない

複利と単利を勘違いしている人もいて「思ったような利益にならないんだけど?」と考えている人もいるでしょう。単利と複利、どちらが適用されるかは商品によって変わってくるのです。

元本だけに発生する利息が単利、元本と利息に対して発生するのが複利です。単利ばかりだと利益も少ないですが、複利だと若干利益のペースが上がります。

どちらが適用されるかチェックしておくようにしましょうね(‘ω’)ノ

外貨預金のタイミングとは?

こちらでは外貨預金のタイミングについて見ていきましょう。預け入れる際のタイミングと引き出す際のタイミングは異なります。

どんなタイミングがあるのかをしっかり把握しておいてください!

預け入れるタイミング

過去と比較して、現在が円高であると感じた時に預け入れるタイミングとなっています。円高は外貨と比較して円の方が価値が高い時です。

円高は外貨を安く買えるので、預け入れるタイミングと言ってもいいでしょう。

日本経済情勢などに不安を感じた時も預け入れるタイミングと言ってもいいですね。経済活動が停滞すると国の通貨が安くなる傾向があるからです。

そうなってほしくはありませんが、情勢をしっかり見極めましょう。

引き出すタイミング

預け入れた時より円安の時は引き出すタイミングですね( *´艸`)

ただ、円安の情報は金融機関同士で取引を行う場合の為替レートとなっています。そのため外貨預金を引き出す際にも有効なレートかどうかを把握しておかないといけません。

円安という情報にばかり踊らされてしまうと思っていたよりも利益が出なかった、もしくは損に繋がってしまったということもあり得ます。

ライフプランをしっかり立てておこう

基本的に外貨預金はその場の感情で行うのではなく、しっかりライフプランを立てておきましょう。ライフプランをたてることで無理のない外貨預金を可能としてくれます。

いくら利益のためと言ってもライフプランがしっかりしていないと、将来的に損失に繋がってしまう可能性があるのだと覚えておきましょう。

ライフプランについては自分だけではなく専門家に相談をしてたてるというやり方もおすすめです。

外貨預金はタイミングを見逃さないようにしよう

外貨預金の場合はタイミングを見逃さないようにするのが重要です。タイミングを見逃すことは、つまり利益を逃がすことと同じです。そうならないためにも、世界情勢などにも気を配っておきましょう。

為替レートは世界情勢に左右されやすいので、不穏な空気を感じた時は円に戻すことを考えた方がいいかもしれませんね( `―´)ノ
TOP