5年で出来る資産運用!しかも元本保証でローリスクな5選!

5年で出来る資産運用!しかも元本保証でローリスクな5選!

短期間で資産運用が出来て、なおかつ元本保証のローリスク…なんて、そんな都合の良いものはないと考えてしまいますが、意外とあるものです。 ここでは5年程度で可能な、ほぼ元本保証となる資産運用をご紹介しますので、ごく近い将来のために一度頑張ってみては如何でしょうか?
短期間で資産運用が出来て、なおかつ元本保証のローリスク…なんて、そんな都合の良いものはないと考えてしまいますが、意外とあるものです。

ここでは5年程度で可能な、ほぼ元本保証となる資産運用をご紹介しますので、ごく近い将来のために一度頑張ってみては如何でしょうか?

資産運用にあたっての注意点

5年という短期間で行う資産運用であることから、一定の注意点が存在します。下記にそれらをご紹介しますので、出来ることなら踏襲した上でやってみることをおすすめします。

ローリターンであること

使ったお金が、そのまま戻ることがおおむね決まっている元本保証の資産運用であることから、リターンは少ないと考えてください。

リターンはリスクに比例するものであり例外はなく、リスクが小さければリターンも小さいのが決定事項だからです。

しかも期間が5年程度となると、リスクもリターンも最小限であると考えていいでしょう。

リスクは完全に取り除けない

ローリスクというのはリスクの可能性が低いというだけで、リスクがない「ノー」リスクではありません。

運用元の倒産、破たん、不渡りなど、どうしようもないところでお金を失う可能性があることだけは忘れないでください。

まとまった元本が求められる

ローリスクの資産運用をすると、リターンも小さいのがお決まりなのは先のとおりです。

しかし、リターンというのは基本的に「割合」ですので、資産運用の軍資金が大きければ大きいほどリターンは巨額となります。

ですので、ローリスクローリターンと馬鹿にしてしまいがちですが、資本さえあれば元本保証の資産運用でも、期間が5年であってもかなり利益を得られるでしょう。

元本保証の資産運用5選

では次に、元本保証となる資産運用を5選ご紹介させていただきます。

ローリスクであることから僅かなリスクが存在しますが、下記のものは運用に差し当たり大きな不安を抱える必要はほとんどないでしょう。

預金

銀行にお金を預ける…つまりは「預金」で、これは誰しもが経験のある資産運用となるでしょう。「預けるだけ」で利息が付き、元本よりも大きなお金が返ってくる、とてもお手軽なものとなっています。

しかしその反面リターンが極めて小さく、年利で0.001%なんてものもありますので、慎重に預け先を決めたいところですよね。

さらに1000万以下であれば銀行が破たんしても丸々戻りますので、まさに本当の元本保証の資産運用となります。

債権

国債、社債、地方債など、信用あるところが発行した債券を購入し、決まった期間に売る債権は、お手軽かつ元本保証の資産運用となります。

利回りも普通に銀行へ預けるよりも大きく、年に数回利子が支払われる場合もあるなどのメリットがあります。

ただし、一度投資した後で途中解約してしまうと利子が減るなど、なかなか手を付けられない場合が多いので、余剰金で運用していく必要があります。

貯蓄型保険

5年では満期に至らないため今回の内容にはマッチしていませんが、貯蓄型保険も元本保証の資産運用となります。

終身保険や学資保険、養老保険など、毎月お金を納めて満期が訪れた際に受け取れるという、将来を強く意識したものとなります。

積立

この場合の積立とは積立「預金」ではなく、百貨店や旅行会社などにお金を積み立てて運用していくというものです。

いずれも元本保証で、利率も高いところでは百貨店で5%以上、旅行会社で3%程度にまで設定されているので、5年という短期間でもまとまった利益を得られるでしょう。

ただし現金ではなく、買い物券や旅行券などで返還されるため、現金の資産運用をしたい人には不向きです。

ですが利率を考えるとかなりお得で、百貨店や旅行会社をよく利用される人であれば、非常に有用だと言えるでしょう。

外貨預金

外貨預金とは、日本のお金を銀行に預けるのではなく、外貨を銀行に預けるというものです。

外貨は日本円とは違い、利率が高めに設定されているケースが多いので、僅かでも実りのある資産運用にしたい、そしてリスクを低くしたのならコレです。

ただし利率が高いと言っても、預金は預金ですのでそこまで大きなものではなく、5年ではまとまった利益を手にするのは難しいかもです。

そのことから元本をまとまった金額にするなど、工夫が求められるところがあります。

それでもリスクは考えておこう

今回は元本保証、若しくはそれに近い資産運用をご紹介しましたが、それでも一定のリスクは伴うことだけは覚えておいてください。

5年という期間であることからさらにリスクは少なめですが、運用先の破たん等どうしようもない結果になることもあるのです。

いつもアンテナを張っておいて、多少のリスクにも気付けるようにしましょう。
TOP