将来に備えて20代の頃からお金の使い方についてしっかり考えよう

将来に備えて20代の頃からお金の使い方についてしっかり考えよう

自分の、もしくは自分たちのお金をどう使っていくのかは、その人の人生に大きな影響を与えます。貯蓄に回す人もいれば趣味のために使う人もいますし、自分が成長するために使う人もいます。大きく分けると、将来のことを考えた使い方か、その時を楽しむための使い方です。
自分の、もしくは自分たちのお金をどう使っていくのかは、その人の人生に大きな影響を与えます。貯蓄に回す人もいれば趣味のために使う人もいますし、自分が成長するために使う人もいます。大きく分けると、将来のことを考えた使い方か、その時を楽しむための使い方です。

自分にとってどんな使い方がベストなのかを判断するのは難しく、後になってから「20代の時はどうだったのか」と振り返ってみて、初めてお金の使い方について実感する人もいます。若く収入も少ない20代はどんなお金の使い方をすれば良いのか、一度よく考えてみましょう。

20代のお金の使い方はリセットできない

若い頃はこのように言われてもなかなか実感できないのですが、今を楽しむためだけにお金を使っていると将来後悔することは多いです。そう言われても年寄りに説教されているようで煙たがる人は多いのですが、このお金の使い方による差は年を取るたびに露骨なまでに違いが出てきます。

もちろんどのようなお金の使い方がベストだったのかは、その結果を見てみなければ分かりません。20代の頃に色々なところへ旅行に行ったり遊んでいたりするようなお金の使い方をしていた人でも、そこでの経験や作られた人脈が思わぬところで役立つこともあります。しかし、そこまで上手くいくケースはまれです。

20代の頃に自分がやっていたお金の使い方を後悔することになっても、ゲームのようにリセットは出来ません。早い段階で気づけたらある程度はリカバーできますが、過ぎ去った時間は戻らないのです。

20代の頃から有意義なお金の使い方を身につけよう

まずはお金との付き合い方を知る事。それがお金を貯めるためのコツ!
via pixta.jp
働き方や仕事の種類によって違いはありますが、基本的に20代の頃は収入が上がりにくいです。社会に出て間もない頃は給料も低く、それでいて色々な出費があります。

それにより、日々の生活のために必死で、お金の使い方を考えるまで頭が回らない人は多いのです。しかし、そんな状況だからこそ、お金の使い方について考えてみてください。

値段を取るのか質を取るのかでお金の使い方は変わる

まず意識したいのは、安物買いの銭失いをしないことです。

お金がないから必要な物でも安く済ませられるならそれで良いと考える人は多いのですが、そういうお金の使い方は逆に損をしてしまうケースがあります。例えば服などは、本当に良いものなら長く着られます。

流行を追いかけるために安い物をどんどん買い換えていく使い方をする人も多いのですが、1年も着られないような服を買い換えていくお金の使い方は無駄が多いのです。

何もとびきり高くて良い物を買うべきと言うわけではありません。少し質が良くて値段も高くなるけど、長く使える物を買うようにしてみてください。

特別な出費に備えた貯蓄は必ずする

20代の頃に身につけたいお金の使い方として、もうひとつ重要なのは借金をしないことです。もちろん、借金をするようなお金の使い方は可能な限り避けたいのですが、若い頃に借金癖が付くと将来に大きな影響が出ます。

大きな出費があったので、どうしてもお金が足りない。やむを得ず1~2万円ほどお金を借りた。このような状態からスタートした場合、まずお金を借りてもしっかり返済すれば大丈夫だと考えるようになり、もう少しくらい借りても大丈夫と考えるようになります。それが続くと、借金をして乗り切ること自体が当たり前になってしまうのです。

この問題を回避するためには、何かあった時のための貯蓄をして、借金をする機会を作らないようにすることが重要です。収入と支出について意識するなら、家計簿をつけると理解しやすくなります。自分の収入はどれくらいなのか、それに対してどこまで出費があっても良いのかを考えるだけでも、お金の使い方は大きく変わっていきます。

一例になりますが、固定給の分だけで生活するように意識して、残業代やボーナスは貯蓄に回す考え方があります。その人の給与次第でこの方法が出来るのかどうかも変わってきますが、これくらいメリハリが付いたお金の使い方を20代の頃から身につけられれば、お金はどんどん貯まっていくのです。

20代の頃は節約と貯蓄の分野でお金の使い方を勉強しよう

お金の使い方を身につけるためには、考え方を学ぶだけではなく体験することが重要です。その中では成功できたと感じられる物もあれば、失敗したと思えるようなことも起こります。しかし、若い頃なら失敗してもリカバーはしやすいのです。

いきなり投資に手を出す人もいますが、それもまたお金の使い方を学ぶ良い機会にはなります。これが30代くらいまでなら良いのですが、40代や50代になってくると失敗からのリカバーはかなり難しくなります。

大きな失敗をした時には人生設計を見直さなければならないこともあるので、年齢が上がるにつれてお金の使い方はどんどんリスキーになっていきます。だからこそ、20代の頃からしっかりとしたい金銭感覚とお金の使い方を身につけることが重要なのです。
TOP