ネオモバは儲かるのか?どんな資産運用方法がある?またネオモバに移管するメリットやきっかけについても

ネオモバは儲かるのか?どんな資産運用方法がある?またネオモバに移管するメリットやきっかけについても

投資者の間で注目されているもの、それがネオモバです。 今回はネオモバで儲かることができるのか、資産運用方法などについて紹介しましょう! これからネオモバを検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね(n*´ω`*n)
投資者の間で注目されているもの、それがネオモバです。今回はネオモバで儲かることができるのか、資産運用方法などについて紹介しましょう!

これからネオモバを検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね(n*´ω`*n)

ネオモバって儲かるの?

via pixta.jp
投資をする人であれば、誰もが思うこと「ネオモバって儲かる?」ということです(;´・ω・)

実際に儲からなければ投資をする意味がないですからね(;^ω^)

こちらではネオモバが儲かるのか、魅力などについて見ていきましょう!

少額投資が可能

基本的にネオモバは大きなリターンは得られにくいと言われています。その理由として少額投資が可能だからです。

残念ながら投資は「投資した金額に見合うリターン」を得るものです。少額投資であればリターンも低く、大きな投資であればリターンも大きいということになります。

スマホで始められる

ネオモバはスマホで手軽に始めることができます。スマホということで手軽さがあり、大きなリターンにはつながりにくい傾向があります。もちろん、まったく利益がないわけではありません。

どちらかと言えば一気に利益を出すのではなく、徐々に利益を積み重ねていくというやり方の方がネオモバでは好まれる傾向にあるようですね。

毎月200ポイントがもらえる

ネオモバでは毎月Tポイントが200ポイントもらえます。この200ポイントがあるから月額料金を最小限に抑えることができるという人が多いですね。

こういった優遇面が多いことからも、大きなリターンを狙っている人の方が珍しいかもしれません。

ネオモバの資産運用方法について

実際にネオモバを利用している人がどんな資産運用方法をしているのか見ていきましょう。

どのような資産運用方法をしているかを知ることで、これからネオモバを利用する人も目安をたてやすくなるのではないでしょうか。

1株投資者も多い

ネオモバは少額投資が可能なことから、1株投資者も少なくありません。Tポイントで株を買えることもあり、1株だけお試し感覚で使ってみるという人も多いです。

最小限のリスクで株を購入して、その値動きを把握するという人もいますね。1株購入することで株価の観察がしっかりできるようになるからです。

ウェルスナビで長期資産形成を狙う

ロボアドバイザーでの資産運用として、ウェルスナビを利用する人も多いですね。ウェルスナビを利用する人は、長期的な資産形成を狙っている人ばかりです。そのため、10年後、20年後などに大きな資産形成を狙うことができるのです(*´ω`*)

短期ではなく長期的な資産形成を求める人はウェルスナビを検討しましょう!

お任せ運用などができるので、投資初心者さんにおすすめですよ!

ひとかぶIPOに参加してみる

ひとかぶIPOは将来性が期待出来る新規上場株式に1株から申し込みができるものです。そのため少ない資金でも抽選に参加することができます(n*´ω`*n)

20代や30代などが当選しやすくなる若年優遇や、ネオモバの取引状態によって当選確率が変わってくる取引継続優遇などもあります。

若い世代、資金があまりない人でも新規上場企業の株主になるチャンスが出てくるのです。投資の視野などを広げたい人は、ぜひひとかぶIPOの抽選などに参加してみてくださいね。




ネオモバに移管するメリットやきっかけについて

株式の移動のことを「移管」と言います。今回はネオモバに移管する際の注意点やきっかけなどについて紹介していきましょう。

現時点で移管を検討している人は、ぜひネオモバを候補にしてみてはいかがでしょうか(*´ω`*)

ネオモバに移管をする際の注意点

こちらでは、ネオモバに移管する際の注意点について見ていきましょう。移管の際に覚えておきたいことが多くあるので、ぜひ参考にしてみてください(*^-^*)

手数料無料のところが多い

移管の際の手数料ですが基本的に無料のところが多いようですね。ネオモバも無料ですし、他の証券会社も無料のケースが多いです。

ただ、入庫は無料でも出庫は有料という証券会社もあるようです。手数料無料のところがほとんどですが、有料のところもあると覚えておきましょう

相場環境を気にせず移動できる

株式移管サービスの場合、一定条件を満たすことで相場や株価を気にせず購入当初の取得単価のまま別の証券会社に移動することができます。

基本的に株の売買の場合は、売りと買いに適した相場環境であるか判断した上で取引が必要です。でも、一定条件を満たす必要があるとはいえ、相場環境を気にせず移動できるのはいいですよね。

移管できる銘柄の制約に注意

移管で気をつけたいことは、移管できる銘柄に制約があることです。単位未満株のうち、整理・管理銘柄や移管元・移管先証券会社の取り扱い対象銘柄は移管できません。

他にも、証券保管振替機構で取り扱っていない銘柄、上場廃止銘柄、未上場株式、eワラントなども移管できません(・_・;)

移管できないものも多いので、注意しておきましょう。

移管を検討するきっかけとは?

ネオモバに移管するきっかけとなった事柄にはどんなものがあるのでしょうか。こちらでは、実際に移管した人の意見などを見ていきましょう(*^-^*)

親族の株式を相続

亡くなった親族の株式を相続して、自分が取引しているネオモバに移管したという人もいます。相続人が亡くなった親族とは別の証券会社の口座を主口座としていた場合は相続人の証券口座に相続する株式を移管する方法も選ぶことができます。

もちろん、すべてではないので気をつけてくださいね(;^ω^)

相続しても移管できない銘柄などもあるので、その辺はしっかり調べておきましょう!

証券会社を一か所にまとめたい

差金決済取引などの金融商品で必要になる担保、つまり証拠金には証券口座の預り金や株式、証券会社によっては投資信託などが充てられることがあります。

証拠金を振り返られる預り金や保有する株式が少ない場合、別の証券会社で保有している株式を移管して証拠金に充てることもできるのです。

こうしたやり方をすることで、さらに大きな取引が可能となりますよ(*^-^*)

手数料をおさえたい

コスト削減のために手数料を抑えたいという人が、ネオモバに移管する傾向があります。ネオモバは月額料金を支払うことで取引放題となるため、手数料を抑えたい人におすすめです。

むしろ、ネオモバに移管する人の多くが手数料を抑えたいという人がほとんどですね。それだけ、ネオモバの月額システムが魅力的ということなのでしょう(*´ω`*)

現時点で手数料を抑えたい人は、ぜひネオモバに移管を検討してみてください。

ネオモバは移管に最適な魅力が多い!

ネオモバは手数料など、移管におすすめしたい魅力が多くあります(n*´ω`*n)

手数料を多く支払うより、月額料金で取引放題の方がコストを抑えることができますよね!

移管を検討している人は、ぜひ移管してメリットが多いかをチェックしてみてください。人に流されて移管してしまうと後悔する可能性があるので、本当に自分にとってメリットがあるかどうかを自分で確認してくださいね。
・日本初!Tポイントを使って株が買える
・1株単位(S株(単元未満株))で株が購入できる
・普段のお買い物で貯めたTポイントで株が買える
・Tポイントが毎月200ptもらえる
TOP