貯めている人は簡単貯金&節約がポイント!無理せず貯めよう

貯めている人は簡単貯金&節約がポイント!無理せず貯めよう

貯金したいと思っても、なかなか貯まらないなら無理しすぎかもしれません。 お金が貯まる人の多くは、頑張らず貯金額を増やしています。 その人に合わない無理な節約は、長続きしません。 かえって支出が増えてしまい、貯金できない人も少なくないのです。 貯金したいなら、簡単貯金と簡単節約を試してみましょう。

貯めている人は簡単貯金&節約がポイント!無理せず貯めよう

貯金したいと思っても、なかなか貯まらないなら無理しすぎかもしれません。お金が貯まる人の多くは、頑張らず貯金額を増やしています。

その人に合わない無理な節約は、長続きしません。かえって支出が増えてしまい、貯金できない人も少なくないのです。

貯金したいなら、簡単貯金と簡単節約を試してみましょう。

簡単な貯金方法

貯金のやり方は、簡単な2ステップです。難しく考えず、いくら貯めたいのか明確にして先取貯金しましょう。

いくら貯めたいか明確にする

節約して余った金額を貯金しようとすると、金額が少なくなりがちです。ひとつずつの項目で多めの予算を組んでしまい、お金が余りにくくなります。

一方で貯めている人は、いくら貯めたいのかを先に考えます。目標額は、「1年後に50万円」などおおまかで大丈夫です。

具体的な目標額がわかったら、月にいくら貯金が必要なのか計算しましょう。月の貯金額が大きくなるようなら、ボーナスも含めるのがおすすめです。月3万円の貯金額であっても、ボーナスも入れると年間100万円は無理がありません。

積み立て貯金を利用する

月に貯金する額がわかったら、銀行に行き積み立て貯金を申し込みます。老後の貯蓄が目標であれば、iDeCo(個人型確定拠出年金)の利用もおすすめです。

先取貯金は、入ってきたお金から貯金に回してしまいます。余ったお金で生活費をやりくりすればよく、計算が苦手な方でも簡単です。

おすすめ簡単な節約方法

貯金をするなら、無理がない節約法を試しましょう。1円でも節約しようと考えるより、ちょっとした工夫でお金を増やす対策がおすすめです。

コンビニに行かない

コンビニは身近にあるため、ついつい立ち寄りがちです。しかしスーパーと比べると、コンビニ商品の価格は高い場合が少なくありません。

つい立ち寄ると、コーヒー1杯だけや、お菓子1つだけなど買ってしまいがちです。1つずつの価格は安くても、月に換算すると大きな金額になっている可能性があります。

またコンビニスイーツは、意外と金額が高めです。美味しいものを食べたいなら、満足感が高いスイーツ店の利用がおすすめです。

マイドリンクを持ち歩く

毎日購入する飲み物代は、マイボトルで節約できます。外出先で喉が渇いたからといって、自動販売機やコンビニで買っていないでしょうか。

マイボトルなら、好きな飲み物を持参できます。リッチな雰囲気を味わいたいなら、高級ドリンクを自分で淹れてみましょう。有名店のコーヒーは、家庭用豆も利用できます。

お弁当を作る

外食する習慣があるなら、お弁当の持参がおすすめです。お弁当を作るとなると、見た目や食材にも気を使わないといけないと考えるかもしれません。

毎日続けることが大切なため、おにぎりから始めてみてはどうでしょうか。面倒であればタッパーにご飯を詰めるだけでも違います。おかずはコンビニで買ったとしても、すべてが外食より節約できます。

決まった金額だけお財布に入れる

毎日使うお金は、見える意識が大切です。1週間に使う金額だけお財布に入れておけば、残高がわかりやすくなります。お財布を見ていくら入っているかわかれば、無駄使い防止になります。

万が一お金が足りなくなったときのために、キャッシュカードやクレジットカードも入れておいてください。カード派の方であれば、電子マネーにチャージした金額を使う方法もあります。

固定費を減らす

生活の中で節約しやすいのが、固定費です。固定費は、生命保険代・携帯電話代・インターネット代・光熱費・家賃などがあります。

不要な生命保険の契約内容を変えて、月々の固定費を減らしましょう。携帯電話やインターネット代も、格安プランに見直すのがおすすめです。

光熱費や家賃を減らすと、節約しすぎなくても、毎月貯金額を捻出できます。

飲み会の回数を減らす

飲み会の回数が多いなら、回数を減らすと節約になります。通常の外食と比べて、1回の金額が大きくなりやすく注意が必要です。

人によっては、飲み会でついついおごってしまうケースもあります。割り切れず、端数を多めに支払ってしまう方もいるでしょう。

飲み会は金銭感覚が狂いやすいため、通常より多くのお金を消費してしまいます。

簡単な貯金や節約方法から始めよう

貯金をしたいと考えているなら、できるだけ簡単な方法から始めてみてください。自分が貯金や節約を意識しない方法なら、ストレスがありません。

お金を貯めている人は、無理なく気づいたら貯まっているものなのです。
TOP