ドル建て保険のメリットは?そして知っておくべきリスクについてもご紹介

ドル建て保険のメリットは?そして知っておくべきリスクについてもご紹介

ドル建て保険は、保険会社に日本円で支払った保険料が、保険会社を通じてドルで運用されるタイプの保険になります。 こういった仕組みの保険を外貨建て保険というのですが、その中でも最もメジャーな存在となっています。
ドル建て保険は、保険会社に日本円で支払った保険料が、保険会社を通じてドルで運用されるタイプの保険になります。

こういった仕組みの保険を外貨建て保険というのですが、その中でも最もメジャーな存在となっています。

ドル建て保険のメリットとは?

ドル建て保険は、ここ数年の間に、多くの方から注目を集める存在へと変貌しました。ドル建て保険は、多くの方から注目されているだけの魅力があります。

ドル建て保険には、どのようなメリットがあるのでしょうか。一般的な保険との違いを交えながら、わかりやすくご紹介していきます。

国内よりも保険料が割安

ドル建て保険の最大のメリットは、国内の保険と比べて保険料がリーズナブルであるということです。日本国内では、マイナス金利政策の関係で、金利が非常に低くなっています。

しかし、海外では日本よりも金利が高い国が沢山ありますので、保険会社も保険の運用がしやすく、利益を出しやすいので、保険料をリーズナブルにすることができるのです。

また、ドル建て保険には分散投資の面も持ち合わせています。

日本国内は、新型コロナウイルスだけでなく東日本大震災のように、自然災害などにより、景気が悪化してしまう可能性があります。

そんな時に海外の通貨をもっていれば、リスクを最小限に抑えることができるのです。

節税

ドル建て保険は、養老保険として活用されるケースが沢山あります。

この養老保険は、支払った保険料の半分を、損金として計上することができるといった特徴のある法人保険になります。

経営者が加入することができる一般的な保険の場合、保険料の半分を損金として計上することができるような保険の加入は禁止されています。

しかし、養老保険の名目は、あくまで社員の退職金を用意するために活用されていますので、加入することが可能となっているのです。

知っておくべきドル建て保険のリスクとは?

ドル建て保険は、非常にメリットの大きい、魅力的な保険であることは理解できたと思います。しかし、ドル建て保険には、多少なりともリスクも存在しています。

リスクを知った上で行動しなければ、大きなトラブルに巻き込まれてしまうかも知れません。

為替相場の変動リスク

円と外貨は毎日のように動いています。

そのため、保険金を受け取る時の為替相場によって、受けとる保険金が大きく変わってしまうリスクがあります。

基本的には、保険料を支払っている時よりも、円高になってしまうと受けとる金額は減少してしまいます。
極端な円高になってしまうと、受取金額が元本割れしてしまうリスクもあります。

もちろん円安だった場合には、受け取る金額はアップするのですが、そういったリスクがあることを覚えておく必要があります。

為替手数料

ドル建て保険は、外貨から円に換える時に手数料が発生します。

この手数料は、為替手数料なのですが、払い込みの時だけでなく振り込まれる時にも為替手数料が発生していまします。

この為替手数料は、取り扱っている通貨や保険会社によって変わってきますが、基本的には保険会社ではなく、保険加入者が支払うことになっています。

リスクを踏まえた上でドル建て保険にチャレンジしよう

ドル建て保険は、非常にメリットの大きな保険ではありますが、メリットの大きさに比例するかのように、リスクなども高くなっています。

特に今回の新型コロナウイルスのような騒動が起こってしまい、タイミングがズレてしまうと、大きな損失に繋がってしまいます。

そういったリスクを踏まえた上で、資産の形成やライフプランニングを行うことによって、より安全にドル建て保険を利用することができるようになるのです。
TOP