収入は関係なし!一人暮らしでも貯金が貯まるコツ

収入は関係なし!一人暮らしでも貯金が貯まるコツ

「一人暮らしを始めたばかりだから」、「まだ収入が少なくて貯蓄に回すお金はないから」、と貯金をはなから諦めてしまってはいませんか? 貯金をするのに収入は関係ないのです。 金額が大きくても小さくても貯金は貯金。 お金の貯め方のコツを掴めばおのずとお金は貯まっていくのです。
「一人暮らしを始めたばかりだから」、「まだ収入が少なくて貯蓄に回すお金はないから」、と貯金をはなから諦めてしまってはいませんか?貯金をするのに収入は関係ないのです。金額が大きくても小さくても貯金は貯金。

お金の貯め方のコツを掴めばおのずとお金は貯まっていくのです。

何故貯まらない?原因を見つけよう

自分が普段している行動に当てはまることはありませんか?

節約しているつもりが逆効果になってしまっていることも。自身の生活や性格を振り返り、貯められない原因を探ってみましょう。

クレジットカードや電子決済を使っている

クレジットカードはポイントがついてお得と思われるかもしれませんが、手持ちの現金と違ってついつい余計なものを買ってしまいがちです。

クレジットカードを普段利用していないという人でも、電子決済を日常的に何気なく利用している人は多いのではないでしょうか。これらは自分がいくら使ったのか実感しにくいので、結果的に使い過ぎに繋がってしまうのです。

衝動買いが多い

後先考えずに買ってしまう人は、貯金に対して苦手意識があるかもしれません。欲しいという気持ちを優先せずにに、本当に今必要なものなのか立ち止まって考えることを身につけなければなりません。

ネットショッピングでもカートに入れたらすぐに購入せず一週間はじっくりと考える、セールに行かない、など欲しくなる環境から自身を遠ざけることも発作的に散財しないための対策になるでしょう。

安いものに目がない、ストック大好き

安くお得な商品を見つけると、思わず手に取ってしまうなんてことありませんか?過度なストックも実際に使用する以上に買ってしまっていると、結果的に廃棄することになり無駄な出費となってしまいます。

必要なものを必要な分だけ、これを心がけてください。リストを作って買い物をすることも余計なものを購入しないために有効です。

貯金の為の3つのコツ

貯められない原因が見えてきたら、実際に貯金に向けて動き出しましょう。その際に役立つ3つのコツをご紹介します。

大それたことをしなくとも、ちょっとしたことで簡単に貯金は始められるのです。貯められない自分とサヨナラしましょう。

食費を見直す

一人暮らしの人の生活費でかなりの比重を占めているのが食費です。外食しがちだったり、付き合いでの飲み会などでかなりの額を使用しています。あまり外食をしない、という人でもアルコール代など嗜好品のお金は気にせずに使っていたりします。

全くゼロにすることはありませんが、少し見直してみるだけでも容易に貯金の為のお金を生むことができます。

家計簿をつける

自分が何にいくら使っているか目に見える形にすることで、削ることができるところが見えてきます。日々の生活の中でも、お金を使うという行為に意識がむくようになるはずです。

今は便利な携帯電話のアプリもありますから難なく続けることができるはずです。

目標を設定する

目安がわからない場合は収入の九割を生活費に、一割を貯金に回しましょう。この割合に即さなくても、自分がここまで貯めたいという具体的な数字を設定することはモチベーションに繋がります。

ただ漠然と貯金をしなくてはいけないと思っていても、動き出すのは難しいでしょう。

小銭だってかまわない、気負わず貯めてみよう

毎月決まった額を口座に振り込むのが難しくても、家にある貯金箱にならどうでしょう?
それだって立派な貯金です。まずは始めてみましょう。

最初の一歩を踏み出せれば、貯金は着実に増えていきます。貯まらないのには理由があります。その理由を突き詰めればどのような収入でも無駄をなくし、貯金をすることは可能なのです。
TOP