低解約返戻金型終身保険とは?学資保険として加入するメリットや注意点など

低解約返戻金型終身保険とは?学資保険として加入するメリットや注意点など

最近では、私立の中学校を受験するお子さんも珍しくなくなってきました。 しかし、長引く不況によって、私立中学への進学を経済的に諦めなければいけないご家庭の数も増加しています。 そういった方におすすめなのが低解約返戻金型終身保険です。 なぜ学資保険ではなく低解約返戻金型終身保険なのか疑問に思われるかもしれませんが、低解約返戻金型終身保険は学資保険としても十分に優秀なのです。
最近では、私立の中学校を受験するお子さんも珍しくなくなってきました。しかし、長引く不況によって、私立中学への進学を経済的に諦めなければいけないご家庭の数も増加しています。そういった方におすすめなのが低解約返戻金型終身保険です。

なぜ学資保険ではなく低解約返戻金型終身保険なのか疑問に思われるかもしれませんが、低解約返戻金型終身保険は学資保険としても十分に優秀なのです。

低解約返戻金型終身保険とは?

低解約返戻金型終身保険とはどのような保険なのでしょうか。

そもそも低解約返戻金型終身保険のベースとなっている終身保険は、終身保険に加入している方が死亡した場合に、保険金を受け取ることができる死亡保険の一種です。保健期間が死亡するまでの保険を終身保険といいます。

低解約返戻金型終身保険は、終身保険の中でも解約した時に戻ってくる返戻金が、加入してから一定の時期が過ぎるまで低く設定している終身保険になります。

貯蓄性が高い

低解約返戻金型終身保険の大きな特徴のひとつが、貯蓄性が高いということです。低解約返戻金型終身保険は、加入してから一定期間は、非常に返戻率が低い保険なのですが、加入している時期が長くなればなるほど、返戻率がアップしていくといった特徴があります。

一般的な学資保険とは違い、例えばお子さんが大学に進学せずに就職したような場合であったり、私立大学ではなく国立大学などに進学したり、専門学校に進学するなどして、予想していた金額よりも低く抑えられるような場合には、そのまま加入し続けることで、返戻率をアップすることができます。

お子さんの成長とともに学費は高額になりやすいものです。

貯蓄性が高いと、いざ大きな費用が必要になったときに安心です。

学資保険の代わりとして

低解約返戻金型終身保険は、学資保険の代わりとして注目されています。低解約返戻金型終身保険は、加入してから一定期間は、解約払戻金の割合が低く設定されていますが、その分、毎月の保険料はリーズナブルな設定になっています。

保険料の払い込み期間を、お子さんが大学に入学する時などに設定すれば、リーズナブルな保険料ながら、教育資金の備えとして活用することができるといったメリットがあります。

低解約返戻金型終身保険を学資保険として加入するメリット

via pixta.jp
低解約返戻金型終身保険を学資保険の代わりとして活用する方が増えて来ています。普通の学資保険に加入するよりも低解約返戻金型終身保険を学資保険として活用した方がメリットが大きいと気付いた方が増えているのです。

低解約返戻金型終身保険を学資保険として加入するメリットについてご紹介していきます。

ライフプランを建てやすい

低解約返戻金型終身保険は、途中で解約してしまうと、損をしてしまうリスクが高くなる保険です。そのため、途中で解約しない方が大半を占めています。

途中で解約しませんので、他の保険に目移りもしませんので、ライフプランを建てやすいといったメリットがあります。保険の見直しが苦手な方や忙しい方にとっては大きなメリットだと言えます。

コストパフォーマンスが良い

低解約返戻金型終身保険は、解約払戻金が非常に安く設定されている保険です。そのため、通常の終身保険と比べて、保険料が非常にリーズナブルに設定されています。

しかも、低解約返戻金型終身保険も終身保険としての特長を持っていますので、契約内容によっては、保障が一生涯続きますし、保障を続けるための契約更新もありません。また、保険料は契約した時から一切変わりません。

リーズナブルな保険料で、死亡や高度障害に備えつつ貯蓄をすることもできますので、非常にコストパフォーマンスが良いと言えます。

学資保険に加入できない年齢でも加入できる

一般的な学資保険の場合には、小学校に入学する前の6歳に設定されている保険会社が大半を占めています。これは、学資保険は、教育資金のために使用されるといった目的から、必要となる時期が一般の終身保険と比べて早く訪れます。

その時に必要な金額を用意するためには、保険に加入するタイミングは早くなければいけないのです。保険会社によっては、12歳まで加入が可能な低解約返戻金型終身保険もありますが、保険料が高くなってしまっているのでおすすめできません。

しかし、低解約返戻金型終身保険でしたら、そういった年齢による縛りはありません。

お子さんが6歳未満の時には、シングルマザーで保険に回すお金が無かったり、リストラされてしまって経済的に貧窮していたりした場合であった方も、生活が安定した段階で加入することができるのです。

学資保険に加入したいのに、年齢によって諦めていた方でも学資保険と同等の保険に加入することができるのです。

お金をしっかりと貯めることができる

低解約返戻金型終身保険は、途中で解約してしまうと大きく損をしてしまうタイプの保険です。そのため、愚直に毎月の保険料を支払うしかありません。

一見すると自由度が少なく窮屈に思われるかもしれませんが、選択肢がないからこそ、高い確率でしっかりと教育資金を貯めることができるのです。そのため、貯金が苦手だという方でも目標額を貯金する確率が非常に高いといったメリットがあります。

低解約返戻金型終身保険を学資保険として加入する際の注意点

低解約返戻金型終身保険を学資保険として加入する方が増えている一方で、加入した後に失敗した、加入しなければ良かったとがっかりしてしまう方も少なくありません。そういった失敗をしないためにも、低解約返戻金型終身保険を学資保険として加入する際の注意点を知っておく必要があります。

低解約返戻金型終身保険を学資保険として加入する際の注意点には、どのようなものがあるのでしょうか。

返戻率が低くなる可能性がある

低解約返戻金型終身保険は、それぞれの保険会社によっても内容が大きく異なります。また、加入する時期や条件によっても内容は変わってきます。

そのため、加入した条件によっては、支払った保険料の総額に対して、受け取る金額の割合が悪くなってしまい、結果的に大きな損をしてしまうリスクがあります。

誰もが加入できるわけではない

低解約返戻金型終身保険は、非常に魅力的な保険ではありますが、加入するためのハードルは決して低くありません。低解約返戻金型終身保険に加入する時に、必ず注目されてしまうのが、お子さんではなく両親の健康状態です。

両親が現在進行形で患っている病気の名前や、過去に患っていた病気の名前、過去に患っていた病気が完治してからの経過期間など入念に審査されてしまいます。

保険会社の判断基準の多くが公表されていませんので、どの病気が引っかかるかは不明なのですが、病気の種類によっては、加入する際の条件が悪くなってしまったり、そもそも加入を断られてしまったりする可能性もあるのです。

医療保障の追加ができない

お子さんのために、低解約返戻金型終身保険に加入しようと思っている場合には、医療保障を追加することができないことを頭に入れておかなければいけません。低解約返戻金型終身保険の特長として、保証される内容は、契約した方が死亡してしまった時や、高度障害が残ってしまった時だけです。

そのため、子供のために医療保障をつけなければいけないのであれば、低解約返戻金型終身保険とは別に医療保険に加入する必要があります。

もし医療保障を充実させるのであれば、低解約返戻金型終身保険とは別の医療保険の保険料も計算に入れておかなければならないのです。

中途解約をすると元本割れ

低解約返戻金型終身保険は、メリットの多い保険であることは間違いありません。しかし、低解約返戻金型終身保険の名前の通り、解約した時に支払われる解約払戻金は非常に少ない保険ですので、元本割れしてしまう可能性が高くなっています。

特に加入してから時間が経たないうちに解約してしまうと、大きく元本割れしてしまう商品が多くなっています。途中で解約することのないように、無理せずに保険料を支払い続けることができる金額に設定することが求められる保険です。

インフレに弱い

低解約返戻金型終身保険は、終身保険とは違い、解約した時の払い戻し金額が未確定となっています。そのため、将来的に大きなインフレやデフレがおきてしまった時には、加入時点での予想を大きく覆されてしまうリスクがあります。

日本の現状から、大きくインフレやデフレが起こる可能性は低いといわれていますが、最近の米中関係の悪化であったり、今回の新型コロナウイルスであったりと、世界中でバランスが崩れてしまうような出来事が多くなってしまっていますので、安心はできません。

低解約返戻金型終身保険では、保険自体の価値が変わるリスクがあることを理解しておく必要があるのです。

保険の見直しが苦手

低解約返戻金型終身保険は、加入してからしばらくの間は、払戻金が非常に低くなっています。そのため、その期間中に中途解約を行ってしまうと大きな損を出してしまいます。

低解約返戻金型終身保険のそういった特徴があるために、本来なら保険を見直すことによって、よりお得に保険に加入することができるのですが、保険の見直し自体がNGとなってしまっています。そのため、加入したらしばらくは保険の見直しができないものだと思って加入しなければいけません。

低解約返戻金型終身保険を上手に活用しよう

低解約返戻金型終身保険は、学資保険の代わりとして、非常に使い勝手のよい保険になります。学資保険だけでなく、ご自身の葬儀費用や相続対策としても優秀な保険です。

低解約返戻金型終身保険は、それぞれの保険会社によって内容が異なりますので、お子さんやご自身の状況に合わせて、しっかりと比較しながらベストな低解約返戻金型終身保険を選ぶようにしましょう。
TOP