国内債券とはどんなものがある?さまざまなものの特徴を見てみよう!

国内債券とはどんなものがある?さまざまなものの特徴を見てみよう!

資産運用を考えた際に、国内債権が選択肢にあがることも多いでしょう。 ただ、国内債券とはどんなものかと悩む人もいますよね。 国内債券と言ってもさまざまな種類があります。 今回は、国内債券とはどんなものがあるのかをチェックしていきましょう。 債券に関することって結構面倒なので「コレとアレは別物?」と悩むこともありますよね。 投資に関することは知っておいても損はないので、面倒でも覚えておくようにしましょう。
資産運用を考えた際に、国内債権が選択肢にあがることも多いでしょう。ただ、国内債券とはどんなものかと悩む人もいますよね。国内債券と言ってもさまざまな種類があります。

今回は、国内債券とはどんなものがあるのかをチェックしていきましょう。債券に関することって結構面倒なので「コレとアレは別物?」と悩むこともありますよね。

投資に関することは知っておいても損はないので、面倒でも覚えておくようにしましょう。

国内債券とはどんな種類がある?

基本的に国内債券は発行体などによって呼び名が変わってきます。こちらでは、国内債券の中でも定番的なものを紹介していきましょう。

定番的なものなので聞いたことや見たことがある人もいるはずです。初心者なら国債がおすすめですね。

国債

日本国が発行する債券であり、国内債券の中でもっとも安全性の高い債券です。基本的に日本国が潰れない限りは安心して保有できる債券です。

半年ごとに利子を受け取ることができて、他の債券と比較してもリスクが少ないのが魅力的です。

個人向け国債

個人投資家を対象にした債券であり、1万円から手軽に投資ができるので不慣れな人でも問題なく投資ができます。金利の仕組みが2種類あり、変動金利型10年か固定金利型5年から選ぶことができます。

どちらにもメリットとデメリットがあるので自分のやりやすい方で構いません。

地方債

都道府県や政令指定都市が発行する債券のことを地方債と言います。地域の交通やガス、水道などの事業財源を確保するための債券です。

各都道府県で購入する人を募りますが、投資家などは安定を求めて国債を購入する傾向にあります。

国内債券と言ってもさまざまなものがある?

国内債券と言ってもさまざまなものがあります。

基本的に日本国内で円建てで発行する債券を『国内債券』と言うのです。国内債権を『国債』の略語だと考えていた人もいるようですけどね。

まぁ、それは私なんですけど。

普通社債

一般企業が発行する債券であり、資金ニーズに応じて発行するのが一般的です。

満期までの期間はそれぞれで異なってくるので、発行会社の信用力や金利情勢などを見て利率が定められるので普通社債だからと言って一定しているわけでではありません。

政府保証債

特別な法律で設立した政府関係機関の公庫や公団などが発行します。元金の償還や利息の支払いを政府が保証している債券となります。

国内債券の中にはこういうものもあったんだ、と言われる債券のひとつですね。実際に目にかかることはありませんし、投資家以外で知っている人も少ないんじゃないかなって思います(笑)

金融債

名前の通り、金融機関が発行する債券のことを金融債と言います。

ただ、特別の法令に基づいた発行しかできません。

金融債は発行時に金利が確定する利府金融債と、額面から利子部分の割引料を控除した金額を払い込んで、満期時になったら額面全額を受け取る割引金融債の2種類があるのです。

国債や個人向け国債と異なって、ほとんど目にすることもない債券ではあるんですけどね。私もちょっと前に「こんな債券があったんだ」と知ったくらいですから。

国内債券などは色々とややこしい部分があるのでなかなかすべてを把握するのって無理なんです。実際に調べることで分かったことも多くありますしね。

国内債券と言っても種類が多いので比較してみよう!

国内債券と言ってもさまざまな種類があります。

それぞれで特徴などが異なるので、いろいろと比較してみてはいかがでしょうか。調べてみることで、新たに分かったことなども出てきて、自分に向いているものを見つけることができるはずです。
TOP