あなたは節約?それとも投資?お金の貯め方を徹底比較!

あなたは節約?それとも投資?お金の貯め方を徹底比較!

従来は、お金を貯めるに際して節約が主流でした。 しかし昨今は「投資」という選択肢が増えたことにより、一体どちらがよりお金が貯まるのか悩めるところでしょう。 ここでは節約と投資のメリット、デメリットをそれぞれ挙げ比較してみますので、あなたに合ったお金の貯め方を見つける知恵のひとつとしてください。
従来は、お金を貯めるに際して節約が主流でした。しかし昨今は「投資」という選択肢が増えたことにより、一体どちらがよりお金が貯まるのか悩めるところでしょう。

ここでは節約と投資のメリット、デメリットをそれぞれ挙げ比較してみますので、あなたに合ったお金の貯め方を見つける知恵のひとつとしてください。
言うまでもなく、1年間の収入から支出を引いた金額が貯蓄になる。そのため貯蓄を増やすには、節約して支出を抑えるか、収入を増やすしかない。

節約のメリットとデメリット

まずは節約のメリット、デメリットからお伝えします。従来ながらのお金を貯める方法であり、知ることにより投資との比較が容易となるでしょう。

節約のメリット

まずはメリットについてからご説明します。節約から伺えるメリットにそれほど大きなものはありませんが、「手軽さ」を考慮するとそれも仕方がないと言えるでしょう。
節約した分は確実に利益となる
節約のメリットとして最大のものと言えば、やはり「確実な利益」となるでしょう。節約した何かというのは手数料が掛かる訳でもなければ、マージンを取られる訳でもなく、そっくりそのままプラスとなるのです。

節約しただけプラスになりますので、節約分が多ければ多いほど利益となるお金は加算されていきます。しかも、自分の周囲に「節約するもの」は非常に多くありますので、数をこなすことでさらに利益が膨らむでしょう。

なお節約は、ただ「電気をあまり付けない」などの地道な行動だけではなく、ランニングコストを節約とする意味となる「何かを売る」なども該当します。

身の回りには「節約」の要素で溢れかえっていますので、今回を機に一度ご自身の周囲を見つめなおしてみるといいでしょう。
物欲に支配されなくなる
節約というのは、実際問題ある程度の覚悟や決心、そしてそれらの気持ちを持続するという強い心が求められる場合が少なくありません。ですので既に節約を始めている場合、何もしていない人と比べると意思が強い傾向があると言えるでしょう。

その事から、物欲に容易に支配されることがなく、いざお金を手にしても堅実な使い方が出来るのではないでしょうか。無駄な浪費や余計な消費などがなくなれば、やはりお金を手に出来る機会が増えますので、良循環に期待が出来ます。

節約のデメリット

次にデメリットについてご説明します。節約をしようとしない、節約に無駄を感じる方の多くは、下記のデメリットによるところが大きいでしょう。
目に見える利益が出ない
節約をすると利益となるのは先の通りですが、節約をした瞬間にお金が音を立てて現れる訳ではありません。この場合の利益とはあくまで「差額」であり、本来使っていたお金から節約した上で使ったお金を差し引いたものなのです。

ですので、はっきりと「利益」として自覚しにくいところがあります。細かく家計簿を付けられている方であれば、ある程度数字で把握することが出来るものの、明確に「□□円の利益」と認識出来る性質を持っていません。

よって、今ひとつやる気が出ない、恩恵に授かれている気がしないなど、節約するに際してモチベーションが上がらないなどが起こるかもしれません。
「我慢」することになる
節約とは、言ってしまえば「本来使うべきお金を我慢している」と言っても過言ではありません。節約のすべてがそうではなく、中には楽しんで節約をされている方も居ると思いますが、結局それは「お金を使えない」結果でしかないのです。

身も蓋もありませんが、極論お金があれば節約などする筈がありませんし、思うがままの自由な暮らしをするでしょう。その事からストレスになりやすく、少なくとも精神衛生上の面では決して良いとは言えません。

さらに反動として、お金が貯まった際にすぐに使ってしまうなど、浪費傾向となる可能性も否定出来ません。物欲に支配されなくなるというメリットを先に記述しましたが、度が過ぎれば反動を起こしてしまう恐れがあることを覚えておきましょう。

投資のメリットとデメリット

次は投資のメリット、デメリットをお伝えします。昨今選ばれやすいお金を貯める方法で、節約の上位互換を思われがちですが、それなりのデメリットも伴います。

投資のメリット

最初はメリットからについてご説明します。ついメリットに目が向きやすい投資ですが、メリットばかりを見てしまうと後述するデメリットにより、大きな痛手を負ってしまうかもしれません。
利益が大きい場合がある
お金を「貯める」節約とは違い、お金を「動かす」性質を持つ投資は、結果的に投資をした金額以上のお金を手に出来る場合があります。株式や為替、ビットコインなどが主立ったものとなりますが、置いたお金に加えて利率や報酬などによりプラスアルファがある訳です。

それは時に大きなお金になる可能性を秘めていて、投資をしたお金によっては巨万の富になることだってあるでしょう。あくまで行動した分だけの結果にしかならない節約にはない夢があり、昨今お金を貯める方法として選ばれる大きな要素だと言えます。
社会情勢や経済を理解出来る
投資というのは、社会情勢や経済などの影響をモロに受けてしまう側面があり、今日上がった株価が明日下がるなんてよくある話です。もっとも、実際に株式を運用されている方からすれば、「明日下がる」なんてもってのほかとなるのではないでしょうか。

ですので、常に社会情勢や経済に対してアンテナを張り巡らせる癖が自然に身に付き、必然的にそれらに詳しくなっていくでしょう。投資関係だけでなく、社会情勢や経済は今後生きていく上で極めて重要な知識となりますので、お金を貯める以外でもどこかで必ず役に立つでしょう。

投資のデメリット

次に投資のデメリットについてご説明します。投資をしようと思わない、またなかなか踏ん切りが付かない方は、おおよそデメリットを強く感じてしまうのだと考えられます。
元本割れする可能性がある
投資は、確実にお金を貯めることが出来る節約とは違い、下手を打つと元々あったお金が減る…つまり、元本割れを起こしてしまうことがあります。投資は、節約と比較してもずっと得られるお金が大きいのですが、そこはノーリスクではなくある程度のリスクが伴ってしまうのです。

お金とリスクは表裏一体です。

お金が多く得られるチャンスがあるならリスクも大きい、得られるお金が少なければほとんどリスクはないと考えていいでしょう。

つまりお金とリスクは比例する…と思っていただければ問題ありません。
まとまったお金が必要
一般的な投資をする場合、多くは10万円単位のお金が必要であり、それは「まとまったお金」と言えるでしょう。となると、お金を貯める動機の内「お金がない」というケースの場合、現時点でお金がないのですからそもそも投資が出来ません。

さらにまとまったお金を投資したとしても、元本割れなどのリスクがあることからなかなか一歩が踏み出せない方も居るのではないでしょうか。今すぐ始められる節約と比較すると、始めるに際してハードルが高いというデメリットがあるのも、投資の特徴だと言えます。

もっとも、昨今はミニ株等の「少ない投資でも運用出来る」商品が少なくありません。

ただし利益について先のとおり、リスクが低いことから少ないのがお決まりですが、初心者の入門編としては大いに利用出来ますので、ここから始めてみるのもいいでしょう。

節約と投資の比較

via pixta.jp
ここでは、節約と投資のメリットとデメリットを照らし合わせて比較をしてみます。この二つはそれぞれ全く性質が異なりますので、比較をすることにより新たなお金を貯める方法を見つける結果に繋がるかもしれません。

大きな利益になるのは「投資」

これまでを比較すると、結果的にお金がたくさん貯まる可能性があるのは「投資」です。何せ「まとまったお金」が、利率や報酬などにより膨れ上がるのですから、利益は節約の比ではないでしょう。

投資の金額や方法によっては、午前中のたった2時間程度で数百万円を稼ぐことも可能です。

そんな極端な方法でなくても、例えば投資信託で何年後に受け取ると設定しておけば、投資の金額にもよりますが大きな利益となります。商品によって利益率はまちまちですが、少なくとも節約だけをするよりも可能性は大きいと言えるでしょう。

節約は、どうしてもひとつひとつの行いで得られるものがごく僅かですので、利益らしい利益を実感出来ません。さらに、節約は我慢などの気持ちへの負担がある場合が少なくないことから、「頑張っているのに報われない」を引き起こしやすいと言えるでしょう。

投資の場合は、もちろん投資を学ぶなどの苦労はあるものの、耐え忍ぶ状況が少なめですので気持ちの面でも有利です。

安心確実なのは「節約」

元本割れをしない、絶対に危険が伴わないという観点では節約に軍配が上がります。と言うより、使われるはずだったお金を使わないというだけですので、ローリスクではなく「ノーリスク」です。それでいて利益はあるのですから、「ノーリスクローリターン」と言えるでしょう。

しかも節約すればするほど結果が出るのですから、やり方によってはまとまったお金になる可能性だってあります。もっともそのやり方は生活を切り詰めることになりますので、良し悪しな部分があると言えますが。

一方投資の場合は元本割れ…だけで済めばいいのですが、状況によっては大暴落などの絶望的な状況に見舞われる可能性もあります。多少元本が割れる程度なら良しとしても、FXでロスカットとなってしまったとなると、お金を貯めるどころの話ではありません。

もっともそのような投資をしなければいいだけの話ですが、それでも一定の危険性があることから、安心確実を求めるなら節約が一番となるでしょう。

どちらが優れているという考え方ではない

安心確実にお金を貯めたいなら節約、お金を大きく増やしたいのであれば投資と記述しましたが、実のところどちらが優れているとは言えないところがあります。双方に良し悪しがあり、どちらか一方に集中してしまうとリスクを担う、またはお金が貯まらないといった結果になる訳ですね。

昨今は投資が選ばれる傾向がありますが、それで結局大きな損で終わったしまったなんてこともあります。節約には節約の、投資には投資の特徴があり、そしてそれらはお互いにないものなのです。

もしそれらをフォローし合えれば、もっとより良い運用が出来るのではないでしょうか。

節約も投資も取り入れよう

とどのつまりは双方に良し悪しがあり、もしお金を貯めるなら節約と投資の「良いところ取り」をするのがベストと言えますね。つまり、結論としては「節約も投資も」という考え方であることが求められるでしょう。

お互いの良さを最大限に生かすことが出来れば、年間100万円単位でお金を貯めるのも夢ではありません。
TOP