おすすめ収入を増やす方法6選!正しい考え方を解説します

おすすめ収入を増やす方法6選!正しい考え方を解説します

毎日働いてもお金が足りないなら、収入を増やす対策がおすすめです。 収入を増やす方法といっても、多数の種類があります。 それぞれの方法のメリットとデメリットを確認してみましょう。 収入を増やす6つの方法と、収入を増やす正しい考えを解説していきます。
毎日働いてもお金が足りないなら、収入を増やす対策がおすすめです。収入を増やす方法といっても、多数の種類があります。それぞれの方法のメリットとデメリットを確認してみましょう。

収入を増やす6つの方法と、収入を増やす正しい考えを解説していきます。

おすすめ収入を増やす方法

今より収入を増やす方法はたくさんあります。まずは、それぞれの方法の特徴を把握してみましょう。メリット・デメリットを確認しながら、自分に合う方法を見つけてみてください。

支出を減らす

支出を減らす方法は、最初に試したい対策です。入ってくるお金に変動がなくても、節約すれば収入は増えます。

たとえば安い家賃の場所に引っ越す、光熱費を減らすなどの対策です。外食を自炊に変えるだけでも、食費の節約につながります。毎月のお金を記録して、どの部分で無駄な支出が発生しているのか調べてみてください。無計画にお金を使っている場合と比べて、金額を見直すだけで収入が増えるはずです。

デメリットは、既に節約している方に効果がないことです。我慢ばかりだと、逆にストレスが溜まって出費が多くなるかもしれません。

副業をする

節約が苦手な方や、節約する部分が少ない場合は、副業を選びましょう。会社の業務に支障がない副業なら、月に数万円程度の収入を増やすことができます。副業の内容は、フリマアプリによる販売や、データ入力などです。

デメリットは、本業とは別に副業の時間が必要な点です。本業が忙しく帰宅時間が遅いと、オーバーワークになる恐れがあります。

投資をする

投資は、株式投資やFXなど自己資金を増やす方法です。またマンションやアパートなど、不動産投資を利用したリスクが少ない方法もあります。投資のメリットは、時間が少なくてもよく、本業と両立しやすい点です。

デメリットは、初期費用が必要な点でしょう。資金ゼロで始めることはできず、少ない資金だとリターンが小さくなります。また投資は損失が出る恐れもあり、勉強しないと失敗リスクがあります。

会社での実績を上げる

会社で昇給が見込めるなら、実績を上げるのがおすすめです。数字が反映する職場であれば目に見えやすく、チャレンジしやすいでしょう。やり方次第では、今より大きく稼げる可能性があります。

デメリットは、評価に対して昇給がない会社では活用できない点です。いくら頑張っても給料が上がらないなら、意味がありません。

給料が高い会社に転職する

今の会社で昇給が見込めないなら、転職する方法があります。年収を増やす目的があるなら、今より給料が高い業種を選びましょう。業界ごとの平均年収を調べて、確実に年収アップを狙うのがおすすめです。

デメリットは、転職先を間違えると収入が増えない点です。給料交渉がしにくい方は、転職エージェントでプロの交渉を活用してみましょう。

独立開業する

会社でスキルを得ている人なら、独立開業する道があります。個人でやれば開業費が少なく、頑張った分だけ利益になります。

デメリットは、起業したとしても成功するとは限らない点です。高額な初期費用をかけて起業する場合は、リスクを把握しておきましょう。最初は1人で起業して、失敗しても困らないようにするのがおすすめです。

おすすめ収入を増やす考え方

収入を増やす方法は多数ありますが、間違った方法を選ぶのは避けましょう。今より収入を増やす正しい考え方を紹介します。

個人で稼ぐ力をつける

どの収入を増やす方法も、個人の稼ぐ力が問われます。副業をする場合は、学びにつながりスキルアップできる内容を選びましょう。会社での昇給を狙う場合も、個々の力を高めておいて損はありません。

投資はリスクがある

どの投資でもリスクがあるため、100%儲けられる方法はありません。また自己資金が必要で、ある程度の額がないとリターンが小さくなります。投資で収入を増やす考え方は、資金に余裕がある方向けです。

収入を増やすのは時間がかかる

副業や起業して収入を増やす方法は、時間がかかります。時間がかかる方法を選んだ場合は、その間のリスクを把握しておきましょう。安定するまで無報酬となるケースも少なくありません。

収入を増やす方法を試してみよう

収入を増やしたい方は、まずは手軽な節約から始めてみてください。既に節約している方は、副業や転職を狙ってみてはどうでしょうか。個人によっても適している方法は変わるため、自分に合った内容を見つけてみてください。
TOP