30代で貯めておきたい貯金額は?上手に貯めるためのポイントも伝授

30代で貯めておきたい貯金額は?上手に貯めるためのポイントも伝授

将来のことを考えたときに、どうしてもついて回るのがお金のことではないでしょうか? 今も楽しみたいけれど、先立つものがないのは不安ですよね。 こちらの記事では、将来が気になり始める30代で貯めておきたい貯金額や、実際の30代の貯金額平均、貯金するためのポイントをまとめます。
将来のことを考えたときに、どうしてもついて回るのがお金のことではないでしょうか?今も楽しみたいけれど、先立つものがないのは不安ですよね。

こちらの記事では、将来が気になり始める30代で貯めておきたい貯金額や、実際の30代の貯金額平均、貯金するためのポイントをまとめます。

30代の貯金額の平均は?

貯金額は平均値の他に、中央値をチェックするのがおすすめです。最大と最小の差が大きい場合に、平均値では参考にならないためです。独身と既婚でも大きく貯金額に差があるようなので見ていきましょう。

独身の貯金額

30代独身の平均貯金額は、投資信託など金融資産も含めて359万円です。しかし、中央値となると77万円まで下がるため、たくさん貯金をしている方としていない方の差が大きいことがわかります。

購買意欲が強い層でもあるので、貯金をせずに使ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

既婚の貯金額

30代既婚の平均貯金額はこちらも金融資産も含めたもので 529万円となっています。ただし、既婚も中央値では 240万円と下がるため、貯金をがそれほどないという方も多いことがわかりますね。

30代が貯金しておきたい費用

それでは、30代にとって貯金をして備えておくべきお金はどのようなものか、いくらぐらい必要なのかをチェックしておきましょう。

結婚費用

まだ独身の方で、親に頼らず結婚資金を捻出するならしっかりと貯金をしておく必要があります。結婚指輪や結婚式、新婚旅行や新居の準備費用など様々な点を考慮して、500万円ほど必要だとも。

結婚式を挙げればご祝儀を頂けることも考えられるので、金額はこの限りではありませんが余裕を持って結婚というイベントを行うなら1人250万円程度は必要だと言えます。

出産費用

出産については、健康保険から42万円の援助がありそれほど費用がかかるものではありませんが、どのような産院でお産をするのかなど人によって金額に開きがあるので貯金をしておく方が安心です。

マタニティ用品やベビー用品も購入する必要がありますし、妊婦検診で自己負担がかかることもあるので、100万円弱は余裕がある方が安心して臨めるでしょう。

子育て費用

子どもの教育費は、公立・私立どちらを選ぶかで変わります。幼稚園から全て公立なら、高校までで約540万円、私立なら約1770万円と言われています。

子どもに満足な教育を受けさせるためにも、しっかりと備えたいですよね。

住宅費用

住宅を購入したいと思ったら、大部分はローンを組むかもしれませんが頭金や経費でお金がかかるので、物件の5〜10%程度は必要です。

老後費用

ゆとりのある老後には、単身で3000万円も必要だと言われています。それだけ貯めるのは、なかなか先が遠いように感じますよね。

次に、効率的にお金を貯める方法をお伝えしていきます。

上手なお金の貯め方

ただ貯金をするだけでなく、少しでもお金を増やせる貯金の仕方を選ぶのがおすすめです。

iDeCo

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、自分で設定した掛け金を拠出し積み立てていき、自分で選んだ運用商品を運用していきます。

運用成績を年金をもらう年齢になった時に受け取る仕組みです。老後資金を貯金したいという方におすすめ。

つみたてNISA

内容は積立投資信託と同じですが、最長20年間非課税となったり、国が定めた基準を満たした商品からしか選べない特徴があります。投資信託や株式の初心者でも始めやすいことで、非常に人気の高い運用方法です。

効率よく貯金して安心して暮らそう

こちらでは、30代の貯金額についてや、必要となるお金の内容、上手なお金のため方についてまとめました。ぜひ、安心した人生を送れるように、計画的に貯金ができるように考えてみてくださいね。
TOP