副業の確定申告のやり方を解説

副業の確定申告のやり方を解説

政府が推進する『働き方改革』に伴い、2018年1月から副業・兼業が解禁されました。これから副業を始めようと考えている方も多いと思いますが、気になるのはやはり「確定申告」のことです。副業の確定申告は必要なのか、どのようにすれば良いか、解説します。
政府が推進する『働き方改革』に伴い、2018年1月から副業・兼業が解禁されました。これから副業を始めようと考えている方も多いと思いますが、気になるのはやはり「確定申告」のことです。副業の確定申告は必要なのか、どのようにすれば良いか、解説します。

副業の確定申告は必要か?

現在得ている所得が給与所得だけであれば、勤務先の会社が「年末調整」として確定申告を行っているため、基本的にその社員個人が確定申告を行う必要はありません。

しかし、副業で1年間に20万円以上の所得が発生した場合は、個人で確定申告をする必要が発生します。具体的には、以下のどちらかに該当する場合、個人で確定申告をしなければいけません。
● 1か所から給与所得を得ている人が、その給与所得もしくは退職金以外の所得を得て、その金額の合計額が年間20万円を超えた場合

● 2か所以上から給与所得を得ている人の、主となる給与以外の給与所得と、主となる給与所得および退職所得以外の所得の合計額が年間20万円を超えた場合
副業の報酬で源泉徴収が行われている場合、確定申告が義務付けられませんが、自分で確定申告を行うことによって所得税の還付が行われる場合があります。

副業の所得の分類

所得税における「所得」は10種類に分類されますが、副業で得た所得はその中の「給与所得」もしくは「雑所得」もしくは「事業所得」のいずれかに該当します。

2つ以上の会社から給与を得ている場合、副業で得た所得は「給与所得」として処理されます。「給与所得」となるのは、1社からの給与所得以外にアルバイト等で収入がある場合、あるいは2社以上でパートの掛け持ちをしている場合となります。

上記の「給与所得」に該当しない副業の所得は、「雑所得」もしくは「事業所得」として処理されます。「雑所得」と「事業所得」は明確に区別されるものではなく、その副業に一定以上の営利性がある、あるいは事業継続性があると認められるような場合は事業所得で、そこまでの稼ぎではない、小遣い程度の所得であれば雑所得として処理されることが多いようです。

ほとんどの副業の所得は、確定申告においては「雑所得」として処理されると考えて問題ありません。

確定申告のやり方

確定申告は、1年間の所得を原則翌年2月16日から3月15日の期間に、申告書の提出と税金の支払いを行わなければいけません。期限内に申告・納税されなかった場合は延滞税が発生してしまうため、注意が必要です。

申告書を作成する際、副業の所得が「給与所得」か「雑所得」のどちらに該当するかによって、作成方法が違います。申告書は国税庁の申告書作成コーナーでできるほか、確定申告相談窓口を利用するか、クラウドサービスやソフトウェアを使用して作成できます。

副業収入が給与所得に該当する場合

「給与所得」の確定申告のやり方

「給与所得」として申告を行う場合は、まず源泉徴収票を用意してください。源泉徴収票は給与支払いを受けている会社から受け取ります。ない場合は会社に申請してください。

「給与所得」の申告は、基本的に「確定申告書A」の作成を行うことになります。年末調整では対応できない控除などがある場合のみ、「確定申告書B」を使用します。国税庁の申告書作成コーナーで、質問に答えて源泉徴収票の数値を入力することで、申告書を作成することができます。

「給与所得」の申告で必要になるのは、「確定申告書A(もしくはB)」「源泉徴収票(本業・副業分をすべて合わせて添付)」「マイナンバーカードもしくは通知カード(コピー可)」「運転免許証・パスポート・健康保険証のコピー等の身分証明書」になります

「雑所得」の確定申告のやり方

雑所得の場合は、1年間の収入金額と必要経費の計算が必要になります。

収入金額と必要経費の計上は、入出金が行われた時期ではなく、取引が成立した時期で計上してください。例として、12月に納品したものの支払いが翌年の1月に行われた場合、その収入は翌年分ではなく、今年の収入として計上されます。必要経費も同様となります。本業の所得の源泉徴収票も必要となります。

雑所得の収入と必要経費が確定できたら、「確定申告書A」(年末調整で対応できない控除などがある場合は「確定申告書B」)に給与所得と雑所得を記入します。本業の所得は給与所得として源泉徴収票に記載された金額を記入、副業分の所得は雑所得として収入金額と必要経費を入力し、申告書の作成を完了します。適用したい所得控除がある場合は合わせて入力してください。

副業分を雑所得として申告する場合に必要となる書類は、「確定申告書A(もしくはB)」「本業分の源泉徴収票」「マイナンバーカードもしくは通知カード(コピー可)」「運転免許証・パスポート・健康保険証等の身分証明書」です。副業の種類によっては、別途、必要になる書類もあります。不明な点は国税庁へ問い合わせるか、もしくは税理士に相談してください。

確定申告書の提出方法

確定申告書は税務署の窓口に持参するか、郵送もしくは電子申請(e-Tax)で行います。税務署の営業時間外の場合は、提出用の箱が置かれているので、そこに提出してください。電子申告は24時間いつでも提出可能です。
TOP