住宅ローンの団信とは?メリットやデメリットについて

住宅ローンの団信とは?メリットやデメリットについて

マイホームを購入する場合、必ず加入しなければいけないものがあります。それが団信です。住宅ローンを組む際に必須と言っても過言ではありません。 今回は団信に関する基礎知識やメリットやデメリットについて紹介していきましょう。
マイホームを購入する場合、必ず加入しなければいけないものがあります。それが団信です。住宅ローンを組む際に必須と言っても過言ではありません。
今回は団信に関する基礎知識やメリットやデメリットについて紹介していきましょう。

住宅ローンの団信とは?

こちらでは、住宅ローンの団信に関することについて紹介していきましょう。
団信とは一体どういうものなのか、マイホーム購入検討をしている人は参考にしてみてください。

加入が前提となっている

基本的に住宅ローンを組む際は団信への加入が必須となっています。そのため、団信に加入できないことで住宅ローンが組めなかったという人もいます。団信に加入できないと住宅ローンが組めないので、マイホームの断念をしなければいけません。

ただ、状況によっては数年待つことで団信への加入が出来る場合もあります。信用情報や健康上の問題であれば、数年待つことで団信への加入も難しくないはずです。

家族が困窮しないため

なぜ、団信への加入が必須になっているのかと言えば家族が困窮しないためです。基本的に加入者が死亡した時点でローンの残債がなくなります。つまり、残された家族にローンの支払いはないということです。

住宅ローンを組む際は一家の大黒柱が組むことになります。そのため、大黒柱が亡くなったことで家族が困窮しないためだと言われています。

例外もある

フラット35などの一部例外がありますが、先述した通り基本的に団信加入は前提です。ただ、プランによっては必須となっていない場合もあるのでしっかり説明を受けましょう。

団信の加入はメリットもデメリットもあります。そのため、なるべく加入しておくべきですがプランによっては加入が前提ではないものもあるのでどちらがいいのかなどをしっかり聞いておきましょう。

団信の種類とは

団信と言ってもさまざまな種類があります。こちらでは、どんな種類があるのかを見ていきましょう。

三大疾病特約付き団体信用生命保険

住宅ローン契約者が死亡、もしくは高度障害状態になった時の保障だけではなく三大疾病であるがん、脳卒中、急性心筋梗塞などで所定の状態になった時に残債が完済される仕組みになっています。

通常の団信よりもこちらを契約する人の方が多いです。三大疾病は他人事ではなくなっていて、若い世代でも発症する可能性が高いからです。

八大疾病特約付き団体信用生命保険

三大疾病だけではなく、さらに糖尿病、高血圧症、肝硬変、慢性膵炎、慢性腎不全になった場合も残債が完済されるようになっているプランです。ただ、これらも発症しただけではなく所定の状態になった場合に適用されます。そのため、発症だけで残債が完済されるわけではないので勘違いしないようにしましょう。

特に糖尿病や高血圧症は若い世代で発症する人が増えています。そのため、発症するだけで残債が完済されることになっていたらかなり銀行側が大損をするのです。

通常の団体信用生命保険

三大疾病、八大疾病などの特約がついていない通常の団信プランです。住宅ローン契約者が死亡、もしくは高度傷害状態になった時に残債が完済されます。疾病特約はついていないので、先述した疾病をわずらっても残債の完済はないので注意しましょう。

そういった部分がないだけあって、保険料なども他のプランと比較すると安めになっています。

団信のメリット

こちらでは、団信に加入するメリットについて見ていきましょう。
どのようなメリットがあるのかを知ることでしっかりと加入すべきという気持ちを持つことができます。

借金返済義務がなくなる

契約者が死亡、もしくは大きな傷害が残った場合は保険会社が契約者などに代わって残債を支払ってくれる仕組みになっています。住宅ローンは基本的に高額です。そのため、契約者が死亡して代わりに支払ってもらわないと残された家族が苦労をすることになります。

ただでさえ大黒柱が死亡、もしくは障害状態になってしまうと生活に大きな影響が出ます。しかし、住宅ローンの残債がなくなれば住む場所だけは確保できるのです。

所得税の納税義務がない

一般的な生命保険の場合は満期になると一時金の取得などがあります。その結果、確定申告などで所得税の申告義務が発生するのですが団信は所得税の納税義務がありません。

団信の場合は債務免除益という利益が発生するのですが、死亡を起因とした残債免除の場合は被相続人の債務が相続人に継承される前に軽減されます。傷害が残った場合は、身体の障害に起因した免除益となるので所得税の課税にはなりません。

このように債務免除益が発生しても課税関係にならないので所得税の納税義務がありません。

家族への安心感

先述したように家族が亡くなった場合、傷害が残った場合などで大きな不安を抱えることになります。しかし、債務免除益によって残債が完済されることで残された家族にとって安心感があります。

大変な部分はたくさんあります。でも、重要な暮らしに関することだけは問題を解決できるからです。

団信のデメリット

こちらでは、団信のデメリットについて見ていきましょう。どのようなデメリットがあるのかを覚えておくことで、しっかりと団信を活用できるはずです。

メリットとデメリットを比較して、どんな特徴があるのかをチェックしてください。

所得税控除が受けられない

基本的に団信は生命保険料控除の対象外となります。なぜなら、所得税で控除可能な生命保険料は受取人が自分、もしくは配偶者その他親族とする生命保険契約になるからです。

団信の場合は受取人が団信の機構となっているので所得控除対象外となってしまいます。簡単に言えば家族や親戚ではなく、他人が受取人になっているので対象外と覚えてください。

基本的に団信を普通の生命保険と一緒に考えることはやめましょう。団信は特殊なタイプの生命保険だからです。

保険料が高くなりがち

最大のデメリットとして保険料が高くなりがちな部分です。団信はローン残高に応じて保険料が安くなっていきます。そのため、住宅ローンの返済が進むうちに保険料も安くなっていくのですが一般的な生命保険と比較するとどうしても割高な感じが否めません。

実際に一般的な生命保険の方が保険料の支払い総額は安いという結果が出ています。

保証内容が薄い

保険料同様に大きなデメリットとしてあげられるのが、保証内容の薄さです。疾病に関しては特約でつけることができますが、一般的な生命保険と比較すると保障は薄いです。ただ、これは死亡や重度障害の場合は残債が完済という最大のメリットがあります。それと比較すると割に合わないということはありません。

団信は生命保険ではありますが、一般的な生命保険とは種類が異なるので比較すること自体が間違っているのかもしれませんね。

団信の注意点

こちらでは団信の注意点について紹介していきましょう。
どのような注意点があるのかを覚えておき、実際の契約の時に役立ててください。

健康状態を告知しておく

絶対に忘れてはいけないこと、それは健康状態の告知です。健康状態などによっては団信に加入できない可能性があります。

健康状態を隠して加入したとしても発覚した場合は一括返済などを求められることもあります。隠すことで一時的な免れはできるかもしれません。しかし、リスクが大きいので必ず健康状態の告知は忘れないようにしましょう。

団信に加入できない場合は、加入が必須とされていないフラット35などの選択肢があります。ただ、団信に加入できないと万が一の際に家族に負担がかかることも覚えておきましょう。

加入後の変更はできない

団信は加入後に契約内容の変更などはできません。疾病特約付きにするかどうかは加入時点で決めないといけません。

一般的な生命保険などであれば後からの契約変更なども可能でしょう。しかし、団信は生命保険と言っても一般的なものとは毛色が異なるので同じだと考えないでください。

なるべくなら疾病特約付きの団信に加入しておくことをおすすめします。成人病なども若い世代から発症するようになり、万が一が実際にやってくるケースがあるからです。

特に合併症を起こしやすい糖尿病などは成人病のひとつです。糖尿病はかなりの確率で発症する可能性があるので、いざという時のために加入はしておくべきでしょう。

借り換え時は別の団信への加入が必要

住宅ローンの借り換えなどを行う人も少なくありません。しかし、注意したいことは借り換えの際も団信に新たに加入しなければいけないということです。そのため、契約状況によっては借り換えをした方が損をするということもありえます。

借り換えをする場合は、しっかりと現在のローンの返済金額と新しい返済金額の比較などをしっかりとしておくようにしましょう。比較をしっかりしておかなかったことで、結果として損をする借り換えになってしまったというケースもあります。

状況によっても変わりますが、借り換えは最初の契約以上に慎重になる必要があります。なぜなら、損をする場合はかなりの金額になってしまうからです。逆に負担を抑えたい人は年数は長くすることで毎月の支払いを抑えることができます。

住宅ローンの団信を上手く活用しよう

住宅ローンの団信は上手く活用することで、家族にとってしっかりと保障を残すことができます。一番いいのは健康であることです。しかし、先のことは分かりません。

予想していない時にけがや病気を引き起こすこともあるからです。そのため、いざという時の備えはしておくようにしましょう。備えをしておかずに困るのは契約者本人ではなく家族だからです。

団信は自分のためではなく家族のために加入することを考えましょう。契約プランはいくつもあるので、自分の収入などに合わせて選んでください。
TOP