公共料金の支払いは何がお得?節約できる支払い方法を解説

公共料金の支払いは何がお得?節約できる支払い方法を解説

公共料金の支払いは、どのような方法を使っていますか。現金払いや口座振替を使用することも良いのですが、他にも得がある方法があるんです。 少しでも生活費を節約して貯蓄に回したいと考えているなら、支払い方法をチェックしてみることをおすすめします。
公共料金の支払いは、どのような方法を使っていますか。現金払いや口座振替を使用することも良いのですが、他にも得がある方法があるんです。

少しでも生活費を節約して貯蓄に回したいと考えているなら、支払い方法をチェックしてみることをおすすめします。

公共料金の支払い方法

公共料金の支払い方法は、キャッシュレスか現金払いかで分かれます。昔ながらの方法は、銀行やコンビニなどで現金を使って支払う方法で年配の方などは利用している人も多くいます。

まずは、公共料金の支払い方法についてみていきましょう。

コンビニなどで現金払い

自宅などに届いた公共料金の振り込み用紙を、銀行やコンビニなどに持っていき現金で支払う方法です。昔ながらの方法なので、キャッシュレスに慣れていない人や現金主義の人が利用しています。

振込用紙で現金払いの場合は、銀行などの金融機関やコンビニなどに行って支払うことになるので、現金を用意する必要があります。はじめての人でも窓口の担当者が教えてくれるため、間違いなく確実に支払えることがメリットです。

ただし、特にそれ以外のお得感はありません。

口座振替

金融機関の口座を経由して支払う口座振替は、手続きさえすれば毎月自動的に引き落としてくれるシステムです。口座振替のメリットは、忘れることなく支払うことができることだと言えます。

注意点は、銀行口座が残高不足にならないようにすることです。口座振替の場合でも、割引きになる制度があることを覚えておきましょう。

これは、すべての公共料金ということではなく一部なので、確認が必要です。現時点では、東京ガスが割り引き制度を導入しています。

クレジットカードなどキャッシュレス

さまざまな支払いをキャッシュレスにする人が増えていますが、公共料金の支払いもキャッシュレス化が進んでいます。キャッシュレスで代表的なのは、クレジットカードでポイント還元が魅力です。

そして、最近増えているスマホ払いができるPayPayなども利用できます。スマホでの支払いが多い人にとっては、どこでも支払うことができるため利便性があります。

さらに、nanacoなどの電子マネーでも公共料金を払うこともできますが、現時点では使える種類が限られていることがデメリットです。

キャッシュレスがお得な理由

現金払いは確実で安全だと考える人が多くいますが、キャッシュレスで支払う方がお得なんです。キャッシュレスで公共料金を支払う場合、さまざまな特典やポイントが還元されることが主な理由となります。

現金払いや口座振替よりもキャッシュレスがお得な理由について、みていきましょう。

ポイント還元がある

キャッシュレスで公共料金を支払う場合、ポイント還元があります。クレジットカードの場合は、だいたい0.5~1%の還元率となり1年間支払うことでポイントを獲得できます。

余分な買い物をせずに、ポイントが貯まるので現金払いにしておくよりもお得です。しかし、すべての公共料金に対応していない地域もあるため確認が必要となります。

スマホ払いや電子マネーもポイント還元があり、0.5~3%と言われていてキャンペーンなども多いことが特徴です。ただし、還元率は変動するため注意が必要と言えます。

記録が残る

キャッシュレスのメリットは、支払いの記録が残るため家計を管理しやすいことです。現金払いの場合、それぞれの明細をしっかり管理しないと紛失してしまう可能性があります。

その点、クレジットカードなどであれば明細をいつでもオンラインで確認できるため、そのまま家計簿に落とし込めることがメリットです。家計簿をしっかり管理できると、家計のやりくりがうまくできるため節約にもつながります。

そしてオンライン上で記録に残るため、明細などの紙ゴミが減ることもメリットです。

銀行に行く手間がかからない

キャッシュレスで公共料金を支払えば、現金を用意する必要がないため銀行に行く手間が省けます。ATMなどで現金を引き出す場合、営業時間外になってしまうと手数料が取られてしまいます。

タンス預金の人なら問題ありませんが、多くの人は銀行などを利用しているため場合によっては、マイナスになってしまうでしょう。キャッシュレス払いなら、そのような心配もありません。

仕事や育児などで忙しい人にとって、キャッシュレスで支払うことはメリットがさまざまあるんです。

クレジットカードで決済する

クレジットカードで公共料金を支払う場合のおすすめカードと、特徴を紹介します。さまざまなクレジットカードがある中で、どのカードにどんなメリットがあるのか気になりますよね。

代表的なクレジットカードの中から、おすすめのカードをみていきましょう。

楽天カード

年会費無料で、楽天市場で買い物をすればポイント3倍など魅力が多い楽天カードは、公共料金支払いも可能です。公共料金の支払い還元ポイントは、100円につき1ポイントですが一部改正によって500円につき1ポイントのところもあります。

家賃なども引き落としにできるため、楽天カードで支払いをまとめてしまえば、自然にポイントを獲得することができます。楽天カードは、年会費が無料でありながらポイントを使える店舗も多くあるのでおすすめです。

JCB CARD W

JCB CARD Wは、総合的にお得なカードと言われているクレジットカードです。年会費は永久的に無料で、ポイントの還元率が高いハイスペックなカードとなっています。

ポイントの還元率は、1,000円で2ポイントとなっているのが特徴です。月々の公共料金をJCB CARD Wで支払ってしまえば、この分のポイントが還元されるためお得となります。

基本的に多くの会社に対応していますが、一部対象外となる店舗もあるため注意が必要です。

三井住友カード

銀行系クレジットカードの三井住友カードは、保険や補償内容が充実していることがメリットです。ポイント還元もあり補償内容が充実しているため、持っていて損がないカードと言えます。

公共料金を払ってポイントを多く貯めたい場合は、三井住友カードデビュープラスがおすすめです。入会後3ヶ月間は200円につき1%の還元があるなど、さまざまなメリットがあります。

初年度以降は通常年会費が掛かりますが、初年度以降1度でも利用があれば年会費は無料となるので、公共料金を支払っていれば年会費は必要ありません。

スマホで決済する

公共料金をスマホで決済する場合は、スマホのアプリを使用して決済する方法です。ほとんどの人が利用しているスマホなので、大きなメリットは手軽さにあります。

どこにも行かずにスマホで作業するだけで、支払いができることや履歴が残ることがメリットです。

PayPay

PayPayは、2019年より公共料金や税金などを支払えるようになりました。チャージ残高からスマホで公共料金の支払いができる方法で、ポイント還元は0.5~1.5%です。

貯まったポイントは、PayPay公式ストアでも利用ができます。スマホで完結する支払い方法なので、コンビニに行っても支払うことはできません。

多くの地域でPayPayの支払いは可能になりましたが、地方によってはまだできない地域もあるので確認してください。

LinePay

LinePayもPayPay同様、スマホのアプリだけで支払いができる方法です。チャージ残高から引かれていくシステムなので、LinePay残高もしくはVisaLinePayカードを使うことができます。

ポイント還元については、VisaLinePayカード利用の場合のみ使えます。VisaLinePayカードを使ったチャージ&ペイなら、ポイント還元が1~3%つきますが、LinePay残高で支払った場合はポイント0%です。

LinePayの注意点は、公共料金を支払ってポイント還元を望む場合はVisaLinePayカードを契約する必要があることとなります。

ファミペイ

ファミペイはファミTカードからファミペイにチャージをして、支払いが可能になります。チャージ200円に対して1円相当のポイントが還元される仕組みで、公共料金を支払った場合は、1件につき10円分のボーナスポイントがもらえます。

公共料金の一部が対応していますが、自治体によってはまだ対応していないところもあるので確認してください。固定資産税などの税金も支払えますが、国民健康保険はまだ支払えません。

そして、公共料金で貯めたポイントはTポイントにはならないので注意してください。

電子マネー決済

公共料金の支払いが可能な電子マネーは、他のキャッシュレスに比べてまだ少ないのが現状です。現時点で使用できるのは、nanacoとwaonとなっています。

電子マネーを日頃から使っている人にとっては、利便性があるのでどのような特徴があるのかみていきましょう。

nanaco

nanacoは、公共料金や税金が支払える電子マネーです。nanacoはカードタイプとアプリがあり、どちらでも支払いは可能となります。

公共料金をnanacoで支払うことは可能でも、ポイント還元をする場合は、クレジットカードによるチャージすればポイント還元ができます。現金でチャージする場合は、セブンイレブンのレジやセブン銀行ATMなどを利用すれば可能です。

nanacoで公共料金を支払う場合は、店頭にてnanacoで支払いますと伝えてカードかスマホを機械にかざせばできます。

waon

waonは、イオングループのミニストップの収納代行支払いです。2020年よりwaonでも、公共料金の支払いができるようになりました。

ただし、まだ一部の地域に限られているため全国的に利用可能となったわけではありません。そして、waonで公共料金を支払ってもwaonのポイントはつかないため、ポイントとしてのメリットは期待できないことになります。

日頃からwaonを使う機会が多く、使い慣れているなどの理由があればメリットがあると言えるでしょう。

交通系電子マネーは使えない

電子マネーは種類がたくさんありますが、公共料金が支払えるものは限られています。楽天edyなどもその1つで、公共料金や税金などの支払はできません。

外国に比べて日本の電子マネー事情は、やや遅めの傾向があるため今後に期待できるかもしれません。現時点の電子マネーでは、nanacoが優勢といった状態なので公共料金の支払いを電子マネーにしたい場合はnanacoがおすすめです。

公共料金の支払いはお得さだけでなく自分に合う方法を選ぼう

公共料金の支払いは、キャッシュレスがお得だという理由はポイント還元にあります。クレジットカード、スマホ、電子マネーなどそれぞれのメリットを活かしてお得なタイプを選ぶことが大事です。

還元率だけでなく、自分にとっての使いやすさも視野にいれて選ぶようにしましょう。
TOP