お金が貯められない人必見!少しの努力と工夫をすればお金が貯まる貯金のコツ。

お金が貯められない人必見!少しの努力と工夫をすればお金が貯まる貯金のコツ。

お金は生活を送るうえで絶対に必要なものであり、一生使うものです。 しかし、人によっては全然貯まらないで、悩んでいる人もいるでしょう。 貯金をしっかりと行う場合には工夫とコツが必要で、ほんの少しの努力をすれば、誰でも貯めることができます。
お金は生活を送るうえで絶対に必要なものであり、一生使うものです。

しかし、人によっては全然貯まらないで、悩んでいる人もいるでしょう。貯金をしっかりと行う場合には工夫とコツが必要で、ほんの少しの努力をすれば、誰でも貯めることができます。

まずはお金の流れをしっかりと確認する

貯金をするうえで最も大切なことはお金の流れを理解することです。自分がどんなことにお金を使っているのかを知ることが、貯金をしっかりしていく第一歩になります。

レシートはすぐ捨てないでしっかり確認

何かしらの商品を購入する際に必ず渡されるレシートは、貯金をする場合には必要不可欠です。自分がいくら使ったかを理解することができますし、大きな金額を使った場合や無駄遣いをした場合には、確認をすることにより反省にも繋がります。

家計簿をつける

お金の流れを記録する家計簿は、最も効果的です。自分で使った金額を紙に書くことにより、正確に記憶できるメリットがあります。お金が少ないと感じたら考えて使うようになるので、必要以上のお金を消費しなくなります。

アプリを利用する

紙にお金の流れを書くことが難しい人は、アプリに記録してもいいでしょう。自分の購入したものや、電気や水道の料金も記録することにより、自分の知らないお金の消費も知ることができます。また目標を掲げ、毎日数字としっかりと向き合えば、必要以上のお金を消費することもなくなります。

貯金は無理のない金額で

貯金をする際には、はじめから高い数字を目標に行うと大体失敗してしまいます。毎月行うのですから自分で無理のない金額を設定して、できる範囲で行うことが長続きの秘訣です。自分の生活を逼迫させるような金額は絶対にやめましょう。

給料をもらったらまずは貯金

貯金をしっかり考えるのであれば、最初に貯金しましょう。

一か月で余ったお金を貯金すればいいと考えると、余っている場合には、最後に多く使ってしまう可能性があるからです。最初は自分にとって無理のない金額を設定することが重要です。

食事はできるだけ自炊

ほとんどの場合ひと月に最も消費するお金は食事代です。

節約等をとくに考えなければ、1人辺り3~5万円は程度は掛かっているでしょう。さらに外食が多い場合には1回あたり1,000円程度かかりますから、5万円以上はあっという間に掛かってしまいます。

外食を出来るだけ控え自炊をするだけでも、お金は簡単に貯金する事ができるようになります。仕事で自炊する時間がなかなか取れない人は、外食の比率を見直しましょう。週に2回だけにするなど、制限を設けることが大切です。

調理時間が少なく簡単な物からはじめ、自炊をする習慣を身につけましょう。

小銭を決めて貯金箱へ

一日が終わったら、財布の中を確認しましょう。百円玉でも五百円玉でもかまいませんので、自分で貯金すると決めた小銭を貯金箱に入れることにより、少しずつですが貯めることができます。

電子マネーを使うのならしっかりと記録する

スマホで簡単に決済ができる電子マネーは非常に便利ですが、現金とは違い必要以上にお金を使ってしまう事もあります。電子マネーが生活から切り離せない人は、しっかりと記録をつける事が重要です。

通帳は必ず記帳しよう

通帳を持っている人は必ず記帳しましょう。数字が目に見えて分かればモチベーションにも繋がりますし、慣れてくると自分で使うお金を制限しだします。

コツコツ始めてみよう

貯金は簡単な工夫と、ちょっとした努力で誰でもできます。お金が今まで貯まらなかった人でも、自分で出来る範囲で行動すれば、無理なく貯めることが可能です。

大切なお金を意味なく浪費するのではなく、将来の為の自分への投資と考えてみることで目的意識も大きく変わっていきます。
TOP