一人暮らしの生活費平均とは?節約法を試して固定費を減らしてみよう

一人暮らしの生活費平均とは?節約法を試して固定費を減らしてみよう

一人暮らしを始めても、思ったより生活費がかかっている場合があるでしょう。 または、これから一人暮らしを始める人も、毎月どのくらいの生活費がかかるのか気になるはずです。 このように一人暮らしの生活に不安があるなら、毎月かかる費用を確認しましょう。 さらに節約法を覚えて、貯蓄できる生活を目指してみてください。 ここでは、一人暮らしの生活費平均と、おすすめ節約法を紹介します。 節約する内容を限定して、我慢しない生活を目指してみましょう。
一人暮らしを始めても、思ったより生活費がかかっている場合があるでしょう。または、これから一人暮らしを始める人も、毎月どのくらいの生活費がかかるのか気になるはずです。

このように一人暮らしの生活に不安があるなら、毎月かかる費用を確認しましょう。さらに節約法を覚えて、貯蓄できる生活を目指してみてください。ここでは、一人暮らしの生活費平均と、おすすめ節約法を紹介します。節約する内容を限定して、我慢しない生活を目指してみましょう。

一人暮らしの生活費の平均

まずは、一人暮らしの生活費平均の紹介からです。用いるデータは、政府統計ポータルサイトにある家計調査です。2020年単身世帯の家計収支調査をもとに、一人暮らしの生活費を見ていきます。

34歳以下

34歳以下で働いている人の場合、1か月の生活費平均は21万3,641円です。そのうち消費支出が、15万2,575円となっています。住宅費は約3万円かかっているようです。

あくまでも平均のため、都市部など物価の違いにより変わってくるでしょう。また、大学生のように仕送りで一人暮らしをしている場合は、平均額より下がる可能性があります。

東京など大都市の一人暮らし

次は、東京の一人暮らしにおける生活費平均額です。

全国の消費支出は15万506円なのに対し、大都市は16万912円です。大都市は家賃を支払っている割合が高くなっています。地方で比較すると、関東地方の消費支出は16万6,708円でした。

住居費の費用は、大都市が25,529円で、関東地方は27,434円です。東京の一人暮らしだと、住居費が高くなりやすいため、毎月の生活費は平均よりややアップしやすいでしょう。

老後

最後に、高齢者の一人暮らしにおける生活費を見ていきましょう。

単身世帯の男性の場合は、消費支出が13万9,304円です。女性の場合は、14万3,359円となっています。

老後の一人暮らしの生活費は、働いている世代と比べて低い傾向があります。男女の違いでは、男性より女性の消費支出が多いようです。老後の収入は年金に頼ることになるため、若い世代と比べて生活費の節約が必要になる場合があるでしょう。

一人暮らしでかかる費用の内訳

続いて、一人暮らしでかかる費用の内訳を見ていきましょう。ここでは、単身世帯の平均金額を参考にします。

食費

一人暮らし世帯で1か月にかかる食費は、3万8,257円です。消費支出の平均額は15万506円のため、食費は3~4割程度かかることになります。

毎月の食費の中でも最も費用が高いのは、外食費です。続いて調味料類、飲料、加工食品、野菜、肉や野菜、穀類も高い割合となっています。とくに調理済み食品の割合が高く、調理の手間が少ないものにお金をかけているようです。

住居費

単身世帯の住居費平均は、2万948円です。中には持ち家で住居費がかからない世帯もあるでしょう。または地方で家賃が安く済む世帯も含まれているため、平均額は少なめになっています。

都市部で一人暮らしをする場合は、家賃6~7万円程度が一般的です。家計調査によるデータだと金額が少なすぎるため、参考にならないかもしれません。住居費は、住んでいる地域の平均額を参考にするようにしてください。

家賃の目安は、手取り収入の3分の1です。同じ地域でも駅からやや離れた場所を選ぶなど、家賃を下げる方法はあります。具体的な住宅費の節約方法については、後で詳しく説明しますので、合わせて参考にしてください。

水道光熱費

単身世帯における水道光熱費の平均は、1万1,686円です。それぞれの内訳は、電気代5,791円、ガス代3,021円、その他702円です。

一人暮らしの場合は、自宅にいる時間が少ないため、あまり高額にはなりません。都市部と地方で基本料の違いは多少ありますが、在宅時間が少ないので大きな違いはないでしょう。1か月の光熱費は1万円程度を考えておいてください。

通信費

単身世帯における通信費の平均額は、7,286円です。今はスマートフォンを1人1台持つ時代のため、通信費は毎月かかるでしょう。人によっては、自宅でインターネット回線を引いている場合があります。

スマホだけなら数千円程度、自宅のネット回線もあるなら1万円くらいです。自宅のネット回線は、光回線にするのか、ポケットWi-Fiにするのかによってもかかる費用が異なります。

その他の費用

単身世帯におけるその他の消費支出は、2万8,932円です。その他に含まれるのは、理美容・身の回り品・たばこ・雑費などです。交際費や娯楽費など趣味にかかる費用や、家具や被服など臨時でかかる出費も含めます。

その他にかかる費用は、消費支出の割合でも高いことがわかります。食費に次いで高いため、計画的にお金を使う必要があるでしょう。その他の費用は固定費ではないため、節約しやすい出費です。

一人暮らしの費用を節約する方法

最後に、一人暮らしの費用を節約する方法を紹介します。具体的に毎月かかる費用がわかったら、少しずつ節約をしていきましょう。大きな節約が無理でも、コツコツ取り組むことで年間を通して考えると、大きな節約になる場合があります。

家賃を節約する

一人暮らしの生活費の中で節約しやすいのが、家賃です。出費の中でも費用が大きくなるため、家賃を減らせば効果は大きいでしょう。

第一に考えたいのは、手取り収入の3分の1に家賃を抑えることです。手取りとは、社会保険や税金類を引いて、手元に残った額のことです。月収が24万円の場合では、手元に20万円程度は残る計算になります。

家賃の目安は、手取り15万円であれば家賃5万円、手取り24万円なら8万円くらいです。地方なら家賃5万円あれば幅広い物件から比較できるでしょう。都心で家賃8万円なら、ワンルーム程度の物件を選ぶことができます。

さらに家賃を下げたいときは、駅から遠い場所を選ぶか、住居や設備の古い物件がおすすめです。駅から近居場所で家賃を下げたいなら、設備や間取りのレベルを下げる必要があります。

水道光熱費の節約

もともと一人暮らしの世帯では、水道光熱費の割合は高くありません。平均の月1万円を超えるようなら、節約が必要でしょう。

例えば、水道を出しっぱなしにしない、こまめに電源プラグを抜くなどの対策です。また浴室で節約シャワーヘッドに変える方法もおすすめです。

電気代は、夏と冬が高くなる傾向にあります。夏のエアコン使用時に温度設定を見直し、暖房の温度調節をしましょう。また冬場はガスや電気でお湯を沸かすのに多くのエネルギーが必要となるため、多少費用が上がるのは仕方がないことです。

さらに水道光熱費を節約したいなら、電気・ガス会社の見直しをしましょう。電力自由化により、安い電力会社が選べるようになりました。ガスとセットにするとお得になる電力会社もあるため、比較してみましょう。

外食より自炊する

一人暮らしだとどうしても外食の割合が高くなる傾向があります。普段仕事をしていると自炊が難しいことがあるでしょう。仕事が終わるのが遅く自炊できなくても、炊飯器でご飯を炊いて総菜を買うだけでも節約になります。

食費を抑えたいなら、ランチをやめてお弁当を作って持っていきましょう。外食する人の食費は4万円ぐらいですが、お弁当を持っていくと2万円台に抑えることが可能です。

また、頻繁にカフェに立ち寄っていたのをやめて、マイドリンクの持参もおすすめです。コンビニに立ち寄ってスイーツを買ってしまう人も、買う回数を減らしてみましょう。飲み物やお菓子類は、意識していないと、思ったより費用がかかっているものです。

趣味や交際費を節約する

趣味や交際費は、工夫次第で節約することができます。どちらも完全にやめてしまうと寂しくなりますが、費用を決めれば楽しめるでしょう。

趣味にかける費用は、100円ショップなど安価な材料を使う方法があります。または、ネットショップで比較しながら、使う道具代を節約するのもおすすめです。外でやる趣味の場合は、費用がかからないところを比較してみてはどうでしょうか。

交際費の節約は、外食をやめて家でパーティーをする方法があります。お互いが持ち寄ったメニューを活用すれば、費用をかけずに楽しむことができます。

家で飲めない間柄の場合は、月に飲む回数を決めてしまいましょう。最初から相手に断っておくと、無理に誘われなくなります。

通信契約の見直し

通信費が高い場合は、契約内容を見直すようにしましょう。例えば、使っていないオプションを解約するだけでも、毎月のスマホ代が安くなる場合があります。または、格安SIMに乗り換えることで、費用の節約が可能です。

家でインターネットを使う場合は、ポケットWi-Fiがいいでしょう。光回線を引く場合と比べて、ポケットWi-Fiの契約の料金がお得です。または、無料でネット回線が使える賃貸住宅を選ぶと、家での通信料がかかりません。

保険の見直し

保険は万が一の際に加入するもののため、無駄な費用ではありません。ただし、家計を圧迫するほど高額な掛け金の保険は必要ないでしょう。

必要な保証のみに絞ると、保険料が安くなることがあります。または、ネット専門の保険に見直すことで、費用を減らしやすいでしょう。

どの保険に見直すべきかわからないときは、ファイナンシャルプランナーの相談がおすすめです。保険会社に在籍しない人なら、中立的な立場から比較してくれます。相談が無料のところもあるため、利用してみましょう。

保険は積立型よりも、掛け捨てタイプだと月々の保険料が安くなります。貯蓄性のない保険を選べば、月々の費用を節約できて、必要な保証が得られるでしょう。

やりくりしながら一人暮らしを楽しもう

一人暮らしにかかる生活費の目安がわかったら、節約できる点があるか比較してみてください。ただし、節約しすぎても、生活にゆとりがなくなってしまいます。節約は適度にやりながら、楽しみたい部分にお金をかけて、バランスを取るようにしましょう。

家計を見直すなら、スマホアプリを使って家計簿をつけるのもおすすめです。レシートを撮影するだけの簡単な機能のものもあるため、楽しみながら節約にチャレンジしてみてください。
TOP