金額別年収の生活レベルとは?生活レベルを上げる工夫も解説

金額別年収の生活レベルとは?生活レベルを上げる工夫も解説

年収が低いと、生活レベルに不満が出てしまうものです。では、どのくらいの年収があれば、生活レベルに満足できるのでしょうか。 金額別年収の生活レベルについて解説していきます。 現在の年収と生活レベルと比較してみましょう。 また現在の年収に不満がある人向けに、生活レベルを上げるコツも紹介します。

金額別年収の生活レベルとは?生活レベルを上げる工夫も解説

年収が低いと、生活レベルに不満が出てしまうものです。では、どのくらいの年収があれば、生活レベルに満足できるのでしょうか。金額別年収の生活レベルについて解説していきます。現在の年収と生活レベルと比較してみましょう。

また現在の年収に不満がある人向けに、生活レベルを上げるコツも紹介します。

金額別年収の生活レベル

金額別年収の生活レベルを、3パターン紹介します。年収だけでなく家族構成によっても変わってくるため、それぞれ確認してみましょう。

年収300万円

年収300万円あれば、手取りは約240万円です。月々20万円程度の金額で生活していくことになります。

年収300万円は、1人暮らしであれば問題なく生活できるレベルです。住宅費は月収の20~30%が理想で、6万円前後に留めましょう。食費、光熱費、通信費などを合わせると、10万円後半の生活費になることが予測できます。

夫婦や子どもあり世帯では、住居費や食費を節約できるかがポイントです。家族が増えれば部屋も広くしなければならず、多少築年数が高い住居を選ぶ必要が出てきます。

年収500万円

年収500万円は、手取りで約380万円です。月額でいうと30万円程度までアップするため、年収300万円より多少ゆとりができます。

家賃は月収の20~30%で考えると、9万円くらいは許容範囲です。単身世帯であれば、東京でも十分な賃貸住宅が見つけられるでしょう。ファミリーだと2LDKなどの広さになるため、東京では地域を限定しなければなりません。

家賃9万円だとすると、残りは21万円です。家族がいたとしても生活費や食費、教育費などを十分かけられます。貯蓄をしながら国内旅行や趣味なども楽しめるレベルです。

年収1,000万円

年収1,000万円は、手取りが約700万円です。月収でいうと、約60万円はあることになります。夫1人で年収1,000万円よりも、夫婦共働きで年収1,000万円のほうが、税率が低く手取りが増えます。

住居費は、月収の30%とすると20万円まで使えます。マイホームの購入も可能で、首都圏でやや高めの賃貸でも選べるでしょう。地方であれば、グレードの高い住宅に住むことができます。

年収1,000万円あれば娯楽費を月5~10万円もうけることが可能です。子どもにワンランク上の教育を受けさせる、または年に数回の海外旅行もできます。

生活レベルを上げる方法

現在の生活レベルが低いなら、上げる工夫をしましょう。単純に年収を上げる対策と、生活費を増やす対策があります。

転職する

現在の年収では十分な生活レベルが達成できないなら、転職がおすすめです。転職すれば、今より年収が高い職場を選ぶことができます。

現状のままだと、なかなか給料アップは見込めません。年にわずかな昇給がある程度のことがほとんどではないでしょうか。

転職する理由が年収アップの目的があるなら、目標を達成しやすくなります。求人を比較する際は、基本給を確認してください。またみなし残業があるのかでも、選ぶ基準は変わってきます。

節税をする

現在の職場で働きながらでも、節税対策はできます。サラリーマンの方でも活用できる節税を試してみましょう。

たとえば、ふるさと納税なら比較的簡単に節税ができます。2,000円が実質自己負担額となり、控除金額が増えて節税が可能です。節税方法は、自分で確定申告する方法と、ワンストップ特例制度があります。それぞれ控除の対象が異なるため、事前に確認してください。

ほかにも、iDeCo、NISAなどを利用した節税方法もおすすめです。将来の年金対策や、投資として活用できます。

生活レベルを上げる工夫をしよう

今の生活レベルに疑問を感じたら、どのくらいの生活ができているか把握しましょう。レベルが低いと感じたら、年収を増やす対策がおすすめです。

転職しなくても生活費を増やす対策はあるため、ぜひ試してみてください。
TOP