ドル建て保険の解約は注意がいっぱい!どんなタイミングでするべき?

ドル建て保険の解約は注意がいっぱい!どんなタイミングでするべき?

ドル建て保険に加入していても解約を検討する人も出てくるでしょう。 しかし、ドル建て保険はメリットが大きい分もあり、解約時は気を付けないといけません。 意外とドル建て保険は解約によって損をする人が多いのです。 今回は解約時の注意点やタイミングを間違えるとどうなるのかなどについて紹介していきましょう。
ドル建て保険に加入していても解約を検討する人も出てくるでしょう。しかし、ドル建て保険はメリットが大きい分もあり、解約時は気を付けないといけません。

意外とドル建て保険は解約によって損をする人が多いのです。

今回は解約時の注意点やタイミングを間違えるとどうなるのかなどについて紹介していきましょう。

ドル建て保険解約時の注意点

こちらでは、ドル建て保険解約時の注意点について見ていきましょう。解約を検討している人は、どんな注意点があるのかを覚えておくようにしてください。

リスクが大きい場合は解約を一時見送った方がいいでしょう。

為替リスクに注意

ドル建て保険を解約する際は為替リスクに気を付けなければいけません。期日前の解約でも期日が来た時の解約も同じです。

名前の通り、ドル建て保険は受け取りがドルで行われます。その時の相場によっては損をしてしまう可能性があるのです。

元本割れリスクに注意

ドル建て保険の解約で気をつけるべきこと、それは元本割れです。為替レートは加入レート時がそのまま続くわけではありません。

場合によっては利益が出ることもありますが、為替レートが悪く円高になっている場合は元本割れのリスクが強く出てしまうのです。

そのため返戻金などが戻って来ても円高の場合は円安になるまで待つことを選んだ方がいいでしょう。

手数料や税金に注意

ドル建て保険の場合は手数料や税金がかかります。手数料については外貨を日本円にする場合かかってしまいます。

税金に関しては為替差益として利益が出た分には税金がかかるのです。

そのことを知らないと、問題ないと思っていても思わぬところで税金や手数料で手元に戻ってくる金額が減ってしまう場合があります。

ドル建て保険の解約はタイミングが重要

こちらでは、ドル建て保険の解約タイミングを見誤るとどうなるのか見ていきましょう。

さまざまな事情で解約を検討している人もいるかと思いますが、どんなデメリットがあるかを知ることで一時解約に待ったをかけるべきの人もいるはずです。

早期解約で損をする

急にお金が必要になった場合など、ドル建て保険の解約をした人もいます。契約から短期間の場合は返戻金の利率も悪いので、元本割れとなって大きな損失になった人もいるのです。

解約の元本割れだけではなく、解約控除費用などもかかり大損につながってしまいます。

加入前にどんなことがあるのかを確認しておくことで防げるものもあるので説明などはしっかり受けておくようにしましょう。

ドル建て保険の解約はデメリットが大きい

基本的にドル建て保険の解約はデメリットの方が大きい傾向があります。

低解約返戻金型ドル建て終身保険などに魅力を感じる人もいますが、先述したように契約当初は返戻率が悪いので元本割れのリスクが高くなってしまいます。

魅力がある商品ではありますが、短期間の解約には向いていない商品と言っても過言ではありません。

なるべく一定期間契約したままにしよう

ドル建て保険だけではなく、他の商品にも言えることですがなるべく一定期間の契約はしたままにしておくようにしましょう。

一定期間契約していることで返戻金の利率も高くなり、解約時の損失がなくなる場合があります。

ドル建て保険は解約時に注意しよう

ドル建て保険は魅力の高い商品ですが解約時には気を付けないといけません。意外と解約時のリスクを知らないまま契約している人もいるので、一度見直してみてください。

既に契約をしている人はリスクがなくなるまで契約を続けた方がいいでしょう。

どうしても解約しなければいけない場合は為替リスクなどを避けられるようにタイミングを見逃さないようにしてください。
TOP