注目!外貨預金のメリットやデメリットについて

注目!外貨預金のメリットやデメリットについて

外貨預金にはさまざまなメリット、デメリットがあります。 これから外貨預金をする人は、これらをしっかり把握しておく必要があるのです。 損をしないために、メリットだけではなくデメリットもしっかり把握しておきましょう(`・ω・´)
外貨預金にはさまざまなメリット、デメリットがあります。これから外貨預金をする人は、これらをしっかり把握しておく必要があるのです。

損をしないために、メリットだけではなくデメリットもしっかり把握しておきましょう(`・ω・´)

外貨預金のメリットは?

こちらでは、外貨預金のメリットを紹介していきます!(^^)!

まずはどんなメリットがあるかを知ることで、自分に向いているかを見極めることができますよ。私も最初は難しそうと思いましたけど、慣れてくれば意外とそうでもないんですよね。

金利の高い通貨が多い

日本はゼロ金利政策が行われていることもあり、日本円は超低金利が続いています。しかし、円預金よりも金利が高い外貨預金をすることで堅実に貯めることができるんです(‘ω’)ノ

外貨預金をして、金利の高い通貨で利益をあげていけるのが魅力的です。

初心者におすすめ

外貨預金は分かりやすい商品性を持っていることから初心者におすすめされています。預金なので誰でも始めやすい特徴があるんですよね(n*´ω`*n)

FXなどもありますが、まずは外貨預金からスタートして他の投資を検討することをおすすめします。

資産防衛の手段になる

外貨投資は通貨分散することで資産防衛手段になります。日本円の地位が低下した場合など、さまざまな場面で円安が進む可能性があります。

そうなった時に資産を分散させておくことで、リスクを軽減できるようになるのです。日本円だけにこだわらず、しっかり外貨預金なども視野に入れてみましょう。

外貨預金のデメリットは?

外貨預金はメリットも多くありますが、デメリットもあるのです。しっかり外貨預金をするためにもデメリットを把握しておくようにしましょう。

コストがかかる

外貨預金なので当然コストがかかります(-_-;)

円を外貨に換える際、外貨を円に戻す際などに為替コストがかかってしまうのです。円預金の場合はこういったコストはかからないので、外貨預金ならではのデメリットと言えますね。

でも、外貨預金で利益を上げるためのコストだと考えれば決してデメリットではないのかもしれません。

預金保険制度の対象外

金融機関が破たんした場合、預金保険制度というシステムがあります。金融機関1社につき、元本1,000万円までと破たん日までの利息が保護されるのです。

ただ、外貨預金についてはこのシステムの対象外となります(-_-;)

万が一破たんした場合でも外貨預金は保護されません。すべて払い戻しができないので、信頼できる金融機関に預けないといけません。

リスクがある

先述したように破たんした場合の保障がないというリスクがあります。当然ながら簡単に破たんするようなものではありません。

でも、万が一のことも考えておいた方がいいでしょうね(;^ω^)

破たんをするなんて考えたくはありませんが、災害に対する備えと同じです。考えていない時に起こった場合は冷静さを失ってしまいますが、予測をしていることでどう対処すればいいのかなどを冷静に考えることができます。

出来ることがなくても、その予想をしておくこと、もしくは信頼できる金融機関を徹底して探すことでリスクを軽減できるのではないでしょうか。

外貨預金のメリット・デメリットを知ろう!

外貨預金にはさまざまなメリットとデメリットがあります。これらをしっかり把握して、上手く外貨預金を活用してくださいね(n*´ω`*n)

外貨預金は少額から行えるものもあるので、初めての人でも安心して利用できます。無理のない範囲で行い、少しずつ堅実に利益をあげていくようにしましょう!

金融機関によってはセミナーなども開催されているので、知識のアップデートを行ってみてはいかがでしょうか(n*´ω`*n)
TOP