1人暮らしでお金がたまらないのはなぜ?お金の管理術教えます

1人暮らしでお金がたまらないのはなぜ?お金の管理術教えます

お金をためられるのは才能なんて考えたことはないでしょうか。1人暮らしをしているとどういうわけかお金はたまらないもの。給料日前にはカツカツになって、何にお金を使ったのかわからないなんて人もいます。1人暮らしでお金がたまらないのはなぜなのでしょうか。
お金をためられるのは才能なんて考えたことはないでしょうか。

1人暮らしをしているとどういうわけかお金はたまらないもの。給料日前にはカツカツになって、何にお金を使ったのかわからないなんて人もいます。1人暮らしでお金がたまらないのはなぜなのでしょうか。

1人暮らしでお金がたまらない理由

給料から支出を差し引いて残ったものを貯金するというお金のため方をしている人もいるでしょう。

しかし、これは典型的なお金がたまらない貯蓄法です。どうして1人暮らしでお金がたまらないのでしょうか。

お金を使っている感覚がない

お金が月末には残らないという人の多くが、自分で何にお金を使っているのか把握できていません。100円ショップやコンビニでなんとなく目についてしまったものを買ってしまったり、習慣的に自動販売機のドリンクを買ってしまったり、多くの人が無意識のうちにお金を使っています。

またお金を浪費している意識が少ない人は、見えないお金にはもっと無関心です。電気やテレビなどをつけっぱなしにする人は、その光熱費を支払っていることも意識していません。

クレジットカードでネットショッピングを楽しむ人の中にもついついお金を払っている感覚無しに買い物をしてしている人が多いでしょう。お金を使っている意識がないという人は、クレジットカードや電子マネーの残高、レシートなどを記録して使っているお金を把握しましょう。

お金をためようとしていない

「お金をためたい」と発言する人のどれだけの割合が、本気で言っているのでしょうか。ダイエットをする気がない時の「やせたい」と同じように多くの人が軽い気持ちでお金をためたいといいます。

しかし、お金が残ったら貯金しようと考えていてもいつまでも貯金はできません。その月に残った分を貯金と考えると、好きにお金を使うことが貯金よりも優先順位が高くなってしまいます。お金をためるためには、まず目的を決めてそれに向かって具体的な貯金額を設定しましょう。

お金をためるためにできること

お金を貯める方法! 結構人それぞれですが、ちょっと代表的な貯金する方法をご紹介します!
via pixta.jp
1人暮らしは自由にお金を使えるため、自制心がないと貯金は難しいでしょう。お金をためるためにできることをまとめました。

貯金は先取り

目的があってお金をためるなら必ず貯金は先取にします。

給料が振り込まれたら、そのまま貯金用の口座に移して、残った分を生活費にしてやりくりしましょう。
また引き出して封筒などで分けておくようにする方法もあります。

お金がたまらない人の多くがあるお金をあるだけ使ってしまっています。それを避けるためには、定期なども使って強制的に貯金してしまうシステムを作りましょう。

支出を書き出してみる

自分の使ったお金を把握していないという人は、紙やスマホに支出を書き出してみましょう。レシートなどをチェックしてみると、自分で意識するよりもコンビニでお金を使っているかもしれません。

支出を書き出して把握することによって、家計のどこに無駄があるのかを知ることができます。食費などの変動費はもちろんですが、通信費や光熱費といった費用もプランを見直すことで削減できるかもしれません。

自分がどのようなものにどれだけのお金を払っているかを意識しながら生活するようにしましょう。

お小遣いの予算は決めておく

計画なしにお金を使ってしまう人は、月の小遣いの予算を決めてしまいましょう。趣味や飲食費、交際費などは減らせない人もいます。節約のためと我慢するよりも、予算を決めて範囲内で楽しめるように工夫してください。

1人暮らしをお金と向き合うチャンスにしよう

必ずしもお金をためれば良いというわけではありません。

食費はケチりたくない、趣味費用は確保したいという人もいるでしょう。大切なのは自分が何にお金を使っているかを把握することです。

お金を使わないことばかり意識すると生活自体に疲れてしまいます。お金を使うべき時は使う、そうでない部分は節約するというようにメリハリをつけることで節約も楽しめるでしょう。
TOP