お金に働いてもらうとは?賢く資産を増やして理想の人生をGET!

お金に働いてもらうとは?賢く資産を増やして理想の人生をGET!

お金に働いてもらう、って聞いたことありますか? 資産を増やしていく人は、預貯金だけでなく賢く資産を運用しています。 労働収入以外のプラスがあり、長期的に大きな利益となることも。 安心して老後を迎えるためにも、今からお金に働いてもらっておきましょう。
お金に働いてもらう、って聞いたことありますか?

資産を増やしていく人は、預貯金だけでなく賢く資産を運用しています。労働収入以外のプラスがあり、長期的に大きな利益となることも。

安心して老後を迎えるためにも、今からお金に働いてもらっておきましょう。

お金に働いてもらうとは?

via pixta.jp
まずは「お金に働いてもらう」の意味をしっかり理解しておきましょう。また、お金に働いてもうらうために知っておくべき用語も解説いたします。

お金でお金を呼び込み、豊かな将来設計を始めていく一歩にしてくださいね♪

お金に働いてもらう=資産運用

お金に働いてもらうとは、資産運用のこと。つまり、投資の利回りの運用益です。

ここで「難しそう( ;∀;)」と思って身を引いてしまう初心者さんは少なくありません。しかし人生100年と言われる今、老後に必要な資金を想うとぞっとしませんか?(+_+)

かなりの額を労働だけで得るのは困難です。資産運用は早い時点で始めだすことをお勧めします。

フローとストック

フローとは一定期間に流れた量で、ストックとは一時点において貯蔵されている量のことです。

お金で言えば、流れ出ていくお金と貯金。どれだけ金銭的に余裕のある人でも、じゃんじゃん使っていてはいずれ枯渇します。

お金に働いてもらうなら、自分の収入のフローとストックを理解し、ストックの中から資産運用をしていくことが大切。少額のストックからでも投資に回すことができればお金に対する考え方も変わるはずです。

リスクとリターン

投資初心者にとって、資産運用はリスクが高いと感じてしまいます。たしかに、ハイリターンな投資はハイリスク。

でも、長期運用を目指したローリスクやミドルリスクの商品もあるので自分に合った方法を見つけてはいかがでしょうか。

どのような金融商品にもリスクとリターンがあります。投資に対する考え方、自分の性格も含めて投資の方法を決めましょう。

お金に働いてもらう方法

via pixta.jp
では、お金に働いてもらう具体的な方法をみていきましょう。

バブル期に投資で大損した人たちのイメージが色濃く残り、どうしても「投資」という単語に恐怖心を持つ方はいます。ですが、リスクが低い商品も少なくありません。

どんな方法で資産が増えるのか詳しくみていきます。

個人向け国債

国債とは国が発行する債券。そのうち、個人しか購入できない商品が個人向け国債です。

半年ごとに適用利率が変わる変動10年、発行時の適用利率が5年変わらない固定5年、3年変わらない固定3年があります。

個人向け国債の魅力はほぼ元本保証でありながら金利が優遇されているところ。安心して資産運用ができます。

また、1万円から購入でき、毎月募集期間があるため、資金に余裕があるときに購入できるのもポイント。

積立投資

月々決まった金額を投資に運用していく積立投資。少額で始められる魅力があり、投資初心者におすすめです。積立NISAやiDeCoが積立投資にあたります。

積立投資は長期的に継続することでコツコツ資産を増やしていくことが可能。逆に言えば、短期間で利益が出にくい投資方法です。10年20年と長期間を視野に入れて運用すると利益が生まれます。

株式投資

投資の代表格ともいえる株式投資。ハイリターンな投資になる可能性も秘めている分、投資初心者にはハードルの高い方法です。

元本保証がないことや、株式を保有している会社が倒産、あるいは上場廃止し取引不可になった場合、保有している株は無価値になります。

いかなる投資も結果は不確実なため、必ず設けが出るとは限りません。大きくハイリターンな株式投資ですが、必ず専門知識を得るようにしましょう。

お金に働いてもらって理想な人生を歩もう

銀行預金だけでは増えていかないお金。自分で何とか運用するにはお金に働いてもらうことが必須です。

だからといって無理してまで投資にお金を回すのは厳禁!!

まず、自分の収支を見返してみてフローとストックを理解しておくのが大切。ストックからお金に働いてもらって、余裕のある人生をGETしましょう。
TOP