Amazonギフト券を現金化するやり方とは?方法を解説

Amazonギフト券を現金化するやり方とは?方法を解説

Amazonギフト券は、どのようにして現金化できるのかご存じでしょうか?この記事では、Amazonギフト券の現金化について事前に知っておきたい予備知識、現金化の方法、余っている残高の現金化の方法について、それぞれ3つずつポイントを解説しています。現金化に取りかかる前に、これらのポイントをしっかりチェックしましょう。
Amazonギフト券は、どのようにして現金化できるのかご存じでしょうか?この記事では、Amazonギフト券の現金化について事前に知っておきたい予備知識、現金化の方法、余っている残高の現金化の方法について、それぞれ3つずつポイントを解説しています。現金化に取りかかる前に、これらのポイントをしっかりチェックしましょう。

Amazonギフト券の現金化についての予備知識

まず初めに、Amazonギフト券の現金化に関して知っておくべきことを3点ご紹介します。現金化に際しては、ペナルティや詐欺被害のリスクが伴うことを前もって心得ておくと安心です。さらに、種類の多いAmazonギフト券の中でも現金化しやすいと言われている券タイプについて解説しますので、購入の際の参考にしてみてください。

Amazonギフト券を現金化するのは違法?

Amazonギフト券を現金化するのは違法行為に当たるのではないかと心配されている人もいるのではないでしょうか?結論を言えば、Amazonギフト券を現金化する行為は違法ではありません。ただし、Amazonやクレジットカード会社などの規約違反に該当します。

Amazonの利用規約には、注意事項にAmazonギフト券を換金してはいけないという記載があります。クレジットカード会社に関しても、現金化を目的としたクレジットカードの利用は規約違反であると定めています。また、携帯キャリア決済を利用して換金目的でAmazonギフト券を購入した場合も、携帯電話会社の規約違反にあたります。Amazonやクレジットカード会社に現金化が目的の購入とバレた場合、サービスの利用停止や換金した分の返済を求められるなどのペナルティーを受ける可能性があります。

短期間で頻繁に買うような極端な買い方をしない限りは、Amazonやクレジットカード会社が実際にユーザーがどのような目的でAmazonギフト券を購入したのかを把握することは難しいでしょう。そうしたことから、Amazonギフト券を現金化する行為はグレーゾーンとも言えます。

現金化の際は詐欺に遭わないよう注意

ギフト券の買い取り業者に依頼して換金する場合、悪質な詐欺の手口に引っかからないよう注意が必要です。最もよくある詐欺の手口として、クレジットカードの情報を聞き出そうとする行為が挙げられます。Amazonギフト券の売買取引にクレジットカード情報を聞き出す必要はありません。その他、極端に低い換金率で買い取ったり、多額の手数料を請求したりする手口もあります。もしもそのようなそぶりを見せた場合は詐欺を疑いましょう。

業者に依頼する場合は、詐欺業者か優良な業者かを見極めるために、事前に業者の公式ホームページを確認するのがおすすめです。店舗や本社の所在地、電話番号がきちんと記載されていない場合は詐欺業者の疑いがあります。

現金化に有利なのはEメールタイプ

全10種類もあるAmazonギフト券の中で、もっとも現金化しやすいのはEメールタイプと言われています。換金率は85〜95%程度と、高い水準です。一方でコンビニや百貨店などでも手に入るカードタイプでは、換金率が80%ほどに下がります。

Eメールタイプの購入プロセスはかなり簡単です。Amazon公式サイトで希望の購入金額とデザイン、メールアドレスを入力したら、クレジットカードで決済するだけです。Eメールタイプであれば、現金化する際にコードの受け渡しのみでの売買も可能です。カードタイプでは必要になる郵送の手間やコストもかからないため、取引が手軽にできるEメールタイプのメリットです。

Amazonギフト券を現金化する方法3つ

ここでは、Amazonギフト券を現金化したい時によく用いられている方法を3つご紹介します。自分で現金化する方法が2つと、業者を使う方法です。それぞれ手間のかかり方や換金率の良しあしは異なりますので、メリットとデメリットを見極めたうえで自分に合った方法を選んでください。

オークションサイトに出品

自分で現金化する方法の1つ目は、ネット上のオークションサイトに出品する方法です。出品する際に販売形式を「入札形式」か「即決価格」の2つから選択します。この時、すぐに現金化したいのであれば「即決価格」を選択しましょう。落札されて相手からの入金が確認できたら、カードタイプなら相手に発送、Eメールタイプなら相手にメールします。

オークションですので、落札額によっては高換金率になります。オークションサイトのアカウントをすでに持っていて、普段から利用している人におすすめのやり方です。アカウントを持っていない人は、新たに登録する必要があります。デメリットは、出品や相手とのやり取りに手間と時間がかかる点や、落札手数料がかかる点、カードタイプの場合は送料がかかる点です。

業者に買い取ってもらう

Amazonギフト券を業者に頼んで現金化する方法です。ただし、通常の金券ショップではAmazonギフト券の取り扱いはありません。なぜなら、未使用かどうかの判断が難しい、有効期限内の券であるかが分からない、盗品の可能性があるといった問題があるからです。

そのため、買い取りに出す際は電子カード専門の業者を探して依頼します。近くに店舗がないか調べて、もしあればお店に持ち込みましょう。しかし、実店舗型の電子カード専門店は全国的にまだまだ少ないのが現状です。自宅の近くに店舗がない場合、電子ギフト券を扱うサイトへ買い取りを依頼するのが一般的な方法です。

高い換金率で買い取ってくれる業者も多くあります。自分で出品したり発送したりするのが面倒に感じる人にはおすすめの方法です。ネットの買い取りサイトなら自分の好きなタイミングで買い取りを申し込めるので、忙しい人でも利用しやすいでしょう。

知人に買い取ってもらう

自分で現金化する方法の2つ目です。もし友人や家族にAmazonを利用している人がいれば、買い取ってもらえないか打診してみましょう。売りたい相手が遠方に住んでいるなら、Amazonギフト券のコードを送り、代金を銀行口座にお振り込んでもらうか、電子マネーで送金してもらうのが良いでしょう。

都合よく買い取ってくれる人が見つかれば使えるやり方です。Eメールタイプであれば全額現金化できますが、カードタイプの場合はやはり送料がかかります。

Amazonギフト券の「残高」を現金化する方法3つ

一部だけ使った手持ちのAmazonギフト券が使いきれず、どうにかして残高を換金する方法はないかと悩んでいる人もいるでしょう。 アカウントに登録済のAmazonギフト券に関しては、買い取り専門店やサイトで換金することはできません。一度登録したギフト券残高を元に戻すことも不可能です。また、アカウントに登録していなくても、有効期限が迫っている場合や額面が低すぎたり高すぎたりする場合などは、買い取ってもらえないケースがあります。

ここでは、アカウントに登録済のAmazonギフト券の残高を換金する方法をご紹介します。ただしどの方法も多少の手間はかかりますから、Amazonギフト券を受け取った際にAmazonで買い物して使うか換金するかをまだ決めていないのであれば、アカウントに登録するのは慎重になった方が良いでしょう。

Amazonで商品を購入してアプリやオークションに出品

1つ目は、Amazonギフト券残高を使って商品を買い、それをフリマアプリやオークションサイトなどで売却する方法です。この場合、どんな商品を選ぶかが重要なポイントです。なるべく換金率の高い商品を見極めて買いましょう。

一般的に換金性が高いとされている商品は、家電、ゲーム機本体やソフトなどのゲーム関連商品、ブランド品です。商品をうまく選ぶことができれば、ほとんど100%に近い換金率になることもあります。

換金率が高い代わりに、アプリやオークションへの出品に手間がかかるデメリットはあります。また、Amazonで注文してから手元に商品が届くまでの期間や商品が売れるまでの期間が、それぞれ数日から数週間かかると考えられます。自分で出品するのが面倒だと感じる人や今すぐ換金したい人は別のやり方の方が良いでしょう。

買った商品をアプリやサイトではなく中古買い取り専門店に持ち込めば、出品の手間や落札まで待つ期間を減らすことはできます。しかし、個人で出品した場合と比べてお店での買い取り価格は安くなる場合がほとんどですので、高換金率を目指す人にはおすすめできません。

Amazonで商品券を購入して金券ショップに売却

かつては残高を換金する手段として、AmazonでiTunesカードを購入し、それをギフト券買い取りサイトへ買い取り申請するのが高換金率かつ手早い方法として認知されていました。しかし現在、AmazonではiTunesカードをはじめとするほとんどの電子ギフト券の取り扱いは無くなっています。

一方で、現在でも一部の商品券は出品を確認することができます。それを残高で購入し、金券ショップへ持ち込めば換金は可能です。ただし、高換金率の商品券はほぼありませんので、金券ショップへ持ち込まずに自分で使った方がお得だと言えるでしょう。

知人の買い物を代行する

3つ目は、自分以外の誰かのAmazonでの買い物を代わりに行う方法です。買い物した後に現金や電子マネーなどで立て替えた分の商品代金をもらえば、残高を全て換金することもできます。

タイミングよくAmazonでの買い物を検討している人が周りにいればラッキーですが、なかなかうまくタイミングが合わないかもしれません。ネットショッピングに疎い友人や家族にも幅広く声をかけて、買い物の提案をしてみましょう。

Amazonギフト券の現金化は自分の好きな方法を選ぼう

Amazonギフト券を現金化する方法は色々あり、それぞれメリットやデメリットがあります。結局は自分に合っていると思う方法を選ぶのが一番です。せっかく手に入れた券ですから無駄にすることなく、有効期限内にきちんと使いきれるようにしましょう。
TOP