投資初心者に不動産投資のリスクとリスクヘッジの方法を教えて!

投資初心者に不動産投資のリスクとリスクヘッジの方法を教えて!

不動産投資は、安定した収入が得られることで知られております。 昔から投資と言えば不動産投資といった認識を持っている方が多く、株式投資やFX投資などとは違い、年齢を問わず人気があります。 そのため、気軽に不動産投資にチャレンジする方も増えているのですが、実は不動産投資にもリスクがあります。 まずは不動産投資のリスクとリスクヘッジ方法の知識を得ることが重要になります。
不動産投資は、安定した収入が得られることで知られております。

昔から投資と言えば不動産投資といった認識を持っている方が多く、株式投資やFX投資などとは違い、年齢を問わず人気があります。

そのため、気軽に不動産投資にチャレンジする方も増えているのですが、実は不動産投資にもリスクがあります。まずは不動産投資のリスクとリスクヘッジ方法の知識を得ることが重要になります。
不動産投資は主に「ワンルーム投資」と「一棟買い投資」の2種類に分けることができます。

不動産投資のリスク

不動産投資には、どのようなリスクがあるのでしょうか?調べてみたら自分でも思いもしなかったリスクがあったのでびっくりしました。

細かいリスクなどを含めると、本当に沢山あったのですが、その中でも、特に影響の大きそうなリスクを2つご紹介していきます。
via pixta.jp

空室リスク

不動産投資のリスクで最も多く、また、致命的だったのが空き室リスクです。

賃貸として貸し出す目的で不動産投資をしている場合には、空室の期間が長くなってしまうと、それだけで立ち行かなくなってしまいます。

特に不動産を購入するお金を銀行などから借りているような場合には、賃料をあてにしながらローンを組んでいると思いますので、自分のお給料などから返済しなければいけなくなってしまいます。

お金に余裕があればよいのですが、生活が貧窮してしまう可能性があります。

災害リスク

災害リスクも不動産投資では忘れてはいけないリスクになります。災害大国と揶揄されるほど、日本国内には色々な災害があります。

2011年の東日本大震災にはじまり、2011年の台風12号、2014年の広島市の土砂災害、2016年の熊本地震、記憶に新しい所ですと、2019年9月の台風15号、台風19号などの被害があります。

こういった自然災害は、不動産投資に大きなダメージを与えます。

建物が倒壊しなかったとしても、修繕費用がかかりますし、入居者探しが困難になるなど甚大なるダメージが出てきます。

リスクヘッジの方法

不動産投資は、昔からある投資方法になります。そのため、過去にも色々と大きなダメージを受けてきた方がいるのは間違いありません。

そういった方が経験した失敗は、現在、不動産投資にチャレンジしている方の教訓として生かされております。そのため、完全ではありませんが、不動産投資におけるリスクヘッジの方法が確立されているのです。

立地選定

不動産投資における空き室のリスクを減らすためには、最初に購入する不動産の立地条件を重要視する必要があります。不動産は、立地条件が良ければ良いほど、空き室リスクが少なくなります。

そのため、人気のあるエリアの不動産を購入する必要があるのです。

駅から近い土地にある不動産などは、とても人気があるので狙い目ですが、他にも日当たりの良い不動産であったり、商業施設や公園のあるような不動産物件も人気です。

狙っている物件が少し広めの物件でしたら、子育てしやすいような教育施設や病院、郵便局、ドラッグストアなどが近隣にあるような不動産がおすすめです。

保険加入

災害などのリスクに関しては、火災保険や地震保険に加入する必要があります。

火災保険だけに加入している方もいますが、地震が原因で火災が起きた場合には、地震保険でないと対応できませんので、必ず火災保険と地震保険の両方に加入する必要があります。

また、ハザードマップをチェックし、地盤の強い土地や河川の氾濫が起きにくいエリアにある不動産を選ぶ事が重要になります。

リスクヘッジを心掛けて

不動産投資は、リスクを知る前は簡単だと思っていましたが、やはり投資ですので大変な部分もあるみたいです。特に初期投資費用がかかりますので、しっかりと選ばなければいけないと思いました。

不動産投資のリスクヘッジの方法は、他にも色々とありましたので、これから不動産投資にチャレンジしようと思っている方は、調べてからチャレンジしてみてください。
TOP