マイナス金利と住宅ローンのみんなが知らない関係性とは?

マイナス金利と住宅ローンのみんなが知らない関係性とは?

マイナス金利政策が導入され、今年の1月で5年が経過したことになります。導入する前は非常に騒がれていたマイナス金利政策ですが、現状はマイナス金利の恩恵をはっきりと自覚している方はそれほど多くありません。しかし、不動産業界だけは別です。不動産業界では、マイナス金利政策の恩恵を受け、バブル依頼の好景気が訪れているみたいです。
マイナス金利政策が導入され、今年の1月で5年が経過したことになります。導入する前は非常に騒がれていたマイナス金利政策ですが、現状はマイナス金利の恩恵をはっきりと自覚している方はそれほど多くありません。

しかし、不動産業界だけは別です。不動産業界では、マイナス金利政策の恩恵を受け、バブル依頼の好景気が訪れているみたいです。

マイナス金利政策がもたらした住宅ローンへの影響とは?

マイナス金利政策は、いろいろな業界に影響を与え続けていますが、不動産業界にはどのような影響を与えているのでしょうか。特に影響が色濃く反映している住宅ローンへの影響について、調べてきたことをまとめてみました。

変動金利型の住宅ローンへの影響

変動金利型の住宅ローンは、住宅ローンの返済期間中に、定期的に金利が見直される住宅ローンです。基本的には金利は低めに設定されていますが、将来的にどのような状況になっているかわかりませんので、大幅に金利がアップしてしまう可能性があります。

マイナス金利制度によって、変動金利型の住宅ローンへの影響も大きくなると予想されていましたが、しかし、短期プライムレートの最頻値は、10年以上変動していません。そのため、あまり影響を受けずにいることができています。将来的にはわかりませんが、現状は問題ありません。

全期間固定金利型の住宅ローンへの影響

全期間固定金利型の住宅ローンは、住宅ローンの開始した時から、住宅ローンの返済が完了するまでの期間、最初に契約した金利が変わりません。つまり将来的にも住宅ローンが終了する時まで同じ返済額を払い続けるタイプの住宅ローンです。

マイナス金利政策の導入によって、全期間固定金利型の住宅ローンの金利は目に見えて下がるようになりました。フラット35の金利は2019年に過去最低を更新するなど大きな影響を受けています。

マイナス金利時代の借り換え

マイナス金利政策が導入されたことによって、住宅ローンの借り換えにチャレンジする方が急増しています。しかし、誰しもが住宅ローンの借り入れをした方がよいかというと、そういうわけでもなさそうです。どのような人が住宅ローンの借り換えをすることによって、メリットがあるのでしょうか?

借り換えをする基準

マイナス金利を利用して住宅ローンの借り換えをした方が良い方とそのまま借り入れせずにいた方が良い方を判断するためには、借り換えによってどのようなメリットを得たいのかによって異なるようです。

一般的には毎月の支払い金額を減らしたい、または支払総額を減らしたいという目的で借り換えを行いますが、中には固定金利の期間を延ばして金利変動のリスクを抑えたいといった目的でチャレンジする方も多いようです。

特に現在では、新型コロナウイルスの影響で経済が不安定になってしまっていますので、安定を求めて借り換えにチャレンジする方も多いようです。それぞれの目的に合わせて借り換えた方が優位に物事が進むのか否かをチェックする必要があります。

諸費用のチェック

借り換えを行う時には、メインの借り入れ金額や金利だけではなく、それ以外の細かな諸費用もチェックするようにしましょう。

諸費用は借り換えの方法によって異なりますが、一般的な借り換えの場合には、抵当権の設定や抵当権の抹消に必要な登録免許税、金銭消費貸借契約書の印紙税、専門家に依頼する時には司法書士への報酬。

そして、金融機関に支払うことになる事務手数料、保証料、団体信用生命保険料などが必要になります。これらの総額をプラスした上で、借り換えがお得になるのかどうかを判断していかなければなりません。

マイナス金利を上手に利用していこう!

マイナス金利は、不動産業界にとっては追い風のような存在になっています。そのため、しっかりとマイナス金利についての理解を深めることができれば、現在の住宅ローンをよりお得なモノに変えることも可能です。現在の住宅ローンに満足できていない方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。
TOP