野菜が安い時期はいつ?人気野菜の旬な時期や価格が安い時期を解説

野菜が安い時期はいつ?人気野菜の旬な時期や価格が安い時期を解説

価格変動によっては高かったり安かったりする野菜ですが、時期を選ぶことで安く手に入れられます。逆に値段が高騰している時期に買ってしまうと、食費がひっぱくされる原因にもなりますよね。 自分が使いたい野菜がいつ安く買えるのか、野菜の安い時期について解説していきます。
価格変動によっては高かったり安かったりする野菜ですが、時期を選ぶことで安く手に入れられます。逆に値段が高騰している時期に買ってしまうと、食費がひっぱくされる原因にもなりますよね。

自分が使いたい野菜がいつ安く買えるのか、野菜の安い時期について解説していきます。

野菜の旬は?値段が変動する理由

野菜の値段はよく変動するイメージがありませんか。レタスやトマトが高騰した、白菜が今年は高いなどということが起きますよね。

なぜ野菜は価格変動が多いのか、その理由を知ることで野菜を選ぶ目安にもなります。野菜の値段が変動する理由について、みていきましょう。

旬な時期は豊富だから価格が下がる

野菜の旬な時期は、収穫量が多いため価格は下がることになります。豊作となれば在庫が過剰なほどあることになるため、簡単に手に入れることができますよね。そうなれば、当然価格は下がるというわけです。

そのため、安く野菜を手に入れるには旬の時期を選ぶのがおすすめです。旬の時期は野菜を美味しく食べられるメリットもあり、さらに安いとなればうれしいことです。献立をきめるとき、旬の野菜を中心に考えれば必然的に安い野菜を使えることになります。

ただし、気候変動などの影響で時期がずれる場合もあるので毎年チェックすることがおすすめです。

天候の影響による価格高騰

野菜の価格変動の主な理由は、天候による生産量への影響です。台風などの天候によるダメージによって、野菜の収穫が少ない場合価格は高騰します。野菜の収穫が少なければ、需要と供給のバランスが崩れるため値段が高くなるわけです。

よく夏の台風シーズンの後、レタスなどの夏野菜が高騰したというケースがあります。そして、台風だけでなく災害などの影響で野菜にダメージが与えられると高騰することになるのです。

そのため、旬な時期目前で野菜が高騰することは記憶にあるでしょう。野菜が高騰してしまった場合は、中々手を出せないことになります。

価格変動があまりない野菜もある

野菜の中でも価格変動があまりない安い野菜もあります。1年を通して比較的安定した値段をキープする野菜は、家計の強い味方です。比較的価格変動が少ない野菜は、根菜やきのこ類などがあります。

土の下で育つ根菜類は、気温や気候変動の影響を受けにくい傾向があります。そして、きのこ類は温室などで育てられているため、気候の影響を受けることが少ないのです。野菜の高騰で野菜が買えないというときでも、比較的買いやすい値段であることがメリットです。

野菜の中でも安定して安い野菜を覚えておけば、高騰しているときでも野菜不足を防ぐことができます。どうしても野菜が高すぎるというときは、カット野菜や冷凍野菜などを活用するのもおすすめです。

秋から冬が狙い目の安い野菜

四季がある日本では、季節ごとの野菜を楽しむことができます。今ではスーパーで1年中見かけることもできますが、旬な時期は価格が安いことと美味しさが違います。

秋から冬にかけて旬な安い野菜は、どんな野菜があるのでしょうか。秋から冬が狙い目の安い野菜について、みていきましょう。

レタス

レタスは、春レタス・夏秋レタス・冬レタスと3シーズンの収穫期があります。春から夏の時期のレタスは、みずみずしくて美味しいですよね。高原レタスと言われる、夏場の涼しい場所で育つレタスは人気です。

昨今、台風などが大量に発生していることから、この時期のレタスは高騰化して手が出せないという人も多いのではないでしょうか。高騰化したあとレタスが安くなる時期は、10月以降と言われています。天候に左右されやすい野菜なので、時期を選ぶ必要があります。

シャキシャキのレタスは、サラダに欠かせないと言っても過言ではありません。高い時期は中々手が出せませんが、やっぱり食べたいですよね。レタスを狙うなら、10月以降の秋冬がおすすめです。

じゃがいも

じゃがいもは1年中流通していますが、旬な時期は春となるため値段が高くなります。旬の時期に出る新じゃがは、数に限りがあるため値段が高く設定されています。じゃがいもが安くなる時期は、秋以降と言われていて春よりもかなり手頃になるのでお得です。

カレーや肉じゃがなど、じゃがいもを使った料理を頻繁にするなら秋以降がおすすめと言えます。春の新じゃがは味わいが楽しめることがメリットなので、高めでもたまに食べることは楽しみとなりますが、頻繁となると家計に響きます。

いつでも手に入るじゃがいもですが、お得にたくさん料理に使って食べるなら秋以降が狙い目です。

白菜

鍋などに合う白菜は、10月以降の秋冬が旬の野菜です。そのため、白菜は秋冬が狙い目となります。旬な時期で豊作となっていれば、非常に手頃な値段で手に入れることが可能です。安い時期に買えれば、かさ増しできる白菜は家計に役立ちます。

1年中見かける白菜ですが、夏の白菜は高原などで作られているため旬な時期は天候に左右されやすい傾向があります。秋冬の白菜は、比較的ダメージを受ける可能性が低いため安定した収穫量で値段が高騰しにくいのです。

寒い冬の温かい料理にぴったりな白菜は、旬な時期に安く食べられる野菜です。鍋や煮物などに白菜をたくさん入れて食べましょう。

夏に食べたい!安い野菜

夏野菜と言われる夏が旬の野菜は、どんな野菜が安くてお得なのでしょうか。旬な時期の野菜を使って作る夏料理は、やはり季節の楽しみです。手頃な値段で手に入れられる夏野菜を知っておけば、安くて美味しい料理を楽しむことができます。

夏に安く手に入れられる野菜について、みていきましょう。

トマト

トマトは夏野菜として知られていますが、実際は1年中収穫されています。種類によって産地や収穫時期が異なります。色々な料理に使える万能な大玉のトマトは、夏の時期が旬なので夏に安く買える種類です。

お弁当やサラダに便利なミニトマトは、病気に強く成長が早いことなどから比較的安定した価格であることが特徴です。大玉トマトの値段が高騰していても安定した値段である場合があります。トマトの旬は春から夏で、気温が高くなる夏が狙い目です。

ただし、春先から夏にかける天候の影響で価格が高騰する場合もあります。そんなときは、価格があまり変動しないミニトマトをチェックしてみましょう。

おくら

おくらの旬は、7~8月の夏です。1年通してスーパーで見かけるおくらですが、収穫期は夏なので夏野菜の1つとなります。旬な時期におくらを安く手に入れられれば、幅広い献立を楽しめます。

レタスやトマト同様に、天候の影響によるダメージを受けやすいため、おくらの値段が高騰する年もあるのが難点です。多くの台風や水害などが続いた年は、10月を過ぎても値段が下がらないということもありました。

夏の時期に値段が高騰していなければ、安くて栄養価が高いおくらはぜひ献立に取り入れた野菜です。

なす

なすの旬は秋をイメージしますが、夏と秋が旬となります。そして、夏の方が値段は安い傾向があるため夏のなすが狙い目です。なすは5~10月にかけて旬な時期は長めであることが特徴で、8月頃が出荷のピークとなります。

そのため、なすが安い時期は夏となるわけです。秋ナスは嫁に食わすなということわざがあるように、夏より秋のほうが美味しいのではと思う人もいるかもしれませんが、秋ナスは身がしまっていますが夏のナスもみずみずしさがあるので、どちらも美味しいと言えます。

なすは色々な料理に使えるため、安い時期を狙って手に入れられれば食費の節約になるでしょう。

春が旬の安い野菜

春が旬の野菜は、1年中あるものばかりではなく春にしか食べられない野菜もあります。その中でも、旬で安い野菜があれば家計も助かり味も楽しめます。

長い冬が終わり温かい春に芽を出す野菜は、新鮮で生命力を感じられるものばかりです。春が旬の安い野菜について、みていきましょう。

たけのこ

たけのこの収穫は2月下旬から5月で、4月がピークとなります。たけのこの場合は、旬な時期にしか大量に出回ることはないため、春先に食べたい野菜です。新鮮なたけのこは、煮物や天ぷら以外にさしみで食べることもできます。

新鮮なたけのこを味わうことができるのは春先のみなので、大量に出回る時期にぜひあじわいたい野菜です。ルーティンで使う野菜と比べればやや高いイメージがありますが、季節モノの楽しみという付加価値があります。スーパーよりも産地近くの道の駅や直売所などを狙うのもおすすめです。

さといも

さといもの旬は、11~4月と長いことが特徴です。11月から収穫量が増えますが、12月中旬から年末くらいまで値段が高騰する場合もあります。これは年末年始の需要が高まることで、起きる現象です。

さといもが安価で手に入れられる時期は4月頃だと言われています。冬のイメージがあるさといもですが、旬な時期よりも貯蔵が長く続いた春先の方が安く手に入れられるのです。さといもは、保存が効く野菜なので安いときにある程度まとめ買いをしてもよいでしょう。低カロリーで低糖質で栄養価が高いさといもは、春先に買うことがおすすめです。

新玉ねぎ

甘さやみずみずしさがある新玉ねぎは、春が旬の野菜です。玉ねぎは1年中スーパーで売られていますが、玉ねぎ自体の旬も春となります。新玉ねぎは収穫後すぐに出荷されることが特徴で、3~4月が収穫時期です。

通常の玉ねぎは収穫後1ヶ月ほど乾燥させますが、新玉ねぎは乾燥させません。季節モノの新玉ねぎを安いタイミングで買えれば、甘くてみずみずしい玉ねぎをたくさん味わうことができます。

1年中手に入る玉ねぎでも、季節限定の新玉ねぎを使ったレシピは一味違います。春先の収穫時期を狙って安く手に入れましょう。

野菜が安い時期を活用して食費を上手に節約しよう

野菜が安い時期について解説しました。気候変動などで野菜が高騰してしまうと、野菜不足が心配ですよね。しかし、時期によって安い野菜が異なるので安い時期を狙って選べば、家計を苦しめずに野菜不足も防ぐことができます。

野菜が安い時期は旬な時期と重なる場合もあるので、食の楽しみも増えることもおすすめのポイントです。栄養価の高い野菜を安い時期にたくさん活用して、食費を上手に節約しましょう。
TOP