その貯金の仕方は間違っていませんか?お金を貯めるコツ5選!

その貯金の仕方は間違っていませんか?お金を貯めるコツ5選!

お金がない状態よりも、あった方が良いと誰もが思っています。しかし現実問題として、お金を貯めたいのになかなか貯められない人はたくさんいます。これは貯金についてどの程度の意識を持っているのかも関わってきますが、コツを分かっていないから失敗している人が多いのです。お金を貯めようと思っているけど上手くいかない。収入が少ないのだから仕方がない。このように考えている人は多いのですが、貯金の仕方についてコツを知るところから始めていきましょう。原因からその回避方法までを紹介していくので、ぜひ参考にしてください。
お金がない状態よりも、あった方が良いと誰もが思っています。しかし現実問題として、お金を貯めたいのになかなか貯められない人はたくさんいます。これは貯金についてどの程度の意識を持っているのかも関わってきますが、コツを分かっていないから失敗している人が多いのです。

お金を貯めようと思っているけど上手くいかない。収入が少ないのだから仕方がない。このように考えている人は多いのですが、貯金の仕方についてコツを知るところから始めていきましょう。原因からその回避方法までを紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

① 貯金の仕方はお金に関する考え方から変える

自分ではそれなりに貯金を使用と考えているけど上手くいかない人は、まず自分の考え方が間違っている可能性から確認していきましょう。

多くの場合、貯金のコツを知らない人は「収入から使う分を差し引いて貯金する」方法を選んでいます。

生活レベルを極端に落とすことには抵抗があるので、分かりやすいところから節約をして、貯金をしていく方法です。これでも一定の効果は期待できますが、この方法だとちょっと出費が増えただけですぐに崩壊してしまいます。

効果的な貯金の仕方は、まず貯金額を決めるところから始まります。

② 明確な目標を立てることが貯金の仕方で重要なコツ

どんなことにも言えますが、まずしっかりとした目標を立てることが成功のコツです。

例えば月の収入から生活費を差し引いて節約を始めた場合は、具体的にいくら貯めようと考えるのではなく、結果的にそれだけの金額が貯金できていただけなのです。節約を意識することはあっても、流されやすい状態です。

これに対して貯金額を決めてから節約する方法だと、まず毎月どれだけの金額を貯金するのかを決めて、そこから節約をしていきます。最初から貯金する金額が決まっているのですから、後はそこから赤字にしないように頑張るだけです。

毎月残ったお金を貯金するパターンだと、節約しているのではなく「節約しているつもりになっている」ことが多くなります。「まだこれだけ残っているから、少し使ってしまっても大丈夫」という考え方の魅力は、とても強いのです。

最初から明確な目標を立てられていれば、どこまで使っても良いのかというラインが見えやすくなります。しっかりと家計簿をつけて、赤字になるのかどうかチェックする必要も出てくるので、貯金に対する意識はどんどん高まっていきます。

何を基準にするのかを逆転させるだけで、その結果は大きく変わることがあるのです。

③ いきなり無理のある貯金の仕方はしない

区切りよく1年で100万円貯金したいと考えても、それまで毎月2~3万円の貯金をしていた人が、いきなり月に10万も貯金できるようになるのは難しいです。
via pixta.jp
貯金の仕方のコツとしてもうひとつ知っておきたいのは、適切な目標を立てることです。

人によってどれくらいの金額を貯金したいのかは異なりますが、その金額が現在の収入に対して無理のある物かどうかを見極めてください。計画段階では想像しにくいかもしれませんが、無理のある計画は実行に移すとすぐに破綻してしまいます。

区切りよく1年で100万円貯金したいと考えても、それまで毎月2~3万円の貯金をしていた人が、いきなり月に10万も貯金できるようになるのは難しいです。そもそも収入額と生活形態によっては、根本的に無理な場合もあります。

大きな目標を立ててそのために努力をしても、まるで成功せず失敗が続いてしまうとやる気も無くなってしまいます。時には大きな目標を持つことも重要ですが、いきなり無理のある目標を立てるのは失敗の原因になるので気をつけましょう。

⑤ 貯金をするためのコツは楽しめるようにすること

しっかりと節約していくためには、色々と我慢しなければならないことが出てきます。単純に出費を抑えるようにするだけでは、ストレスが溜まってしまうのです。そうならないように、貯金そのものを楽しめるようにすることが成功のためのコツになります。

最初のうちは貯金額が増えていくのを見ていて楽しくなるかもしれませんが、その状態が続いた先に待っているのはマンネリです。また貯金をするにしても、目標金額を決めるだけではなく、途中でちょっとだけご褒美があるようにするとメリハリが付きます。

節制生活が続くと、生活も面白みがなくなっていきます。一定金額を超えたら少し楽しみにお金を使うのもコツのひとつです。結果的に目標から少し遠のくことにはなりますが、無理のない範囲で特典があるならそれに向けて頑張りやすくなります。

⑤ 貯金の仕方のコツは考え方次第

貯金の仕方のコツと聞くと、何か効率の良い方法があるのではないかと考える人もいます。確かにそういう方法もありますが、最も重要なのは貯金する行為を続けられるようにすることです。

どんな良い方法があったとしても、それを続けようという気持ちになれなければ意味はありません。少額の貯金でも、長く続けられるなら必ず結果は出ます。そうした状態から貯金のためのテクニックを身につけて実践し、最終的な目標を達成できるようにしましょう。
TOP