短期投資信託の魅力や注意点について

短期投資信託の魅力や注意点について

投資信託は長期間行うものだと思われがちです。 でも実際は短期間でも行える投資方法なんですよ( *´艸`) 今回は短期投資信託の魅力や注意点について見ていきましょう(`・ω・´)
投資信託は長期間行うものだと思われがちです。でも実際は短期間でも行える投資方法なんですよ( *´艸`)

今回は短期投資信託の魅力や注意点について見ていきましょう(`・ω・´)
via pixta.jp

短期投資信託の魅力とは?

こちらでは、短期投資信託の魅力を紹介していきますね。興味がある人はぜひ前向きに考えて見てくださいね( *´艸`)

運用をプロに任せられる

基本的に運用をプロに任せることができます。これは短期であっても長期であっても同じです。投資信託は運用のプロフェッショナルに任せることができる商品ですからね( *´艸`)

短期であってもしっかり運用をしてくれるので、投資をする側は資金を出すだけで済みます。

短期で損益結果が出る

一般的な投資信託の場合は利益結果が出るまでに時間がかかります。当然ながらそれだけ時間をかけて運用しているからです。

しかし、短期投資信託は比較にならないほど早く結果が出るのです。外貨預金なども短期で結果を出せますが、短期投資信託の場合はそれ以上のリターンが期待できます。

もちろん、リスクも外貨預金以上と言われているので良し悪しだったりするんですけどね(;・∀・)

少額でも可能

短期投資信託は少額からの投資が可能です。

一般的な投資信託でも少額から投資ができますが、短期だからこそ少額投資の方が輝くと言ってもいいでしょう。無理のない範囲で投資をしたいなら、ぜひ短期投資信託がおすすめです( *´艸`)

運用のプロに任せられるので自分で運用するよりも高い確率で利益につなげてもらえるはずです。投資信託を少額から始めたい人にこそ、こちらはおすすめですよ!
「短期売買」とは、数カ月や1~2年という短期間で相場の浮き沈みのタイミングを予想して売買する手法のこと。

短期投資信託の注意点とは?

短期投資信託の注意点はどんなものがあるのでしょうか。良い点だけではなく注意すべき点も覚えてから投資をするようにしましょう(`・ω・´)

手数料がかかる

短期投資信託なので手数料がかかります。これは短期だからではなく投資信託だからです。運用を任せることで運用会社に支払うお金、販売会社に支払うお金などさまざまな手数料がかかるのです。

これは投資信託を選んだ以上避けられない手数料と言っても過言ではありません(`・ω・´)

ファンドなどによって手数料が変わってくるので、契約前にしっかりどれくらいの手数料がかかるのかを複数の会社で比較しましょう。

大きな収益は難しい

投資信託は大きなリターンを得られる場合もありますが、基本的に短期なので大きな収益にはなりません。むしろ少額を繰り返し利益としてあげていくやり方だからです(;´・ω・)

そのため大きな収益を求めている人は、短期ではなく長期的な投資信託を検討するようにしましょう。

元本保証がされない

投資信託の場合、元本は保証されません。

銀行預金などであれば元本保証はされるのですが、投資信託においてはそれがないので注意しましょう。そのため短期と言えど、損失を繰り返すと損失がどんどん大きくなっていきます(;´・ω・)

ただ、投資信託は資金額が不十分になった場合、予定の期限が過ぎてしまって解散した場合は返金が行われます。ただ、返金が行われても元本以下になることを覚えておきましょう。

短期投資信託はデメリットになる人が多い!

短期投資信託の場合、メリットもありますがデメリットになる人の方が多い傾向があります。もちろんすべての人がデメリットになるわけではありません。少額投資や初心者においてはメリットになるケースがほとんどです。

ただ、投資慣れしている人にとってはメリットが少ないのかもしれませんね(;^ω^)

しっかり無理のない投資をするためにも、短期投資信託が自分に向いているかを考えましょう。
TOP