貯金出来ない人の特徴と簡単に貯金するためのコツ

貯金出来ない人の特徴と簡単に貯金するためのコツ

お金は言うまでもなく、生きていく上で必要不可欠です。普段生活していく中で必要となるもの、結婚や出産、老後などのライフイベントで必要となるものなど、さまざまな生活のシーンにおいてお金は必要になります。その為、普段の生活の中でいかに貯金ができるかによって今後の人生を大きく左右すると言っても過言ではありません。貯金があっても困ることはありませんので、出来るだけ将来に備えておきたいものですが、貯金はちょっとした意識をするだけで簡単にできるようになります。
お金は言うまでもなく、生きていく上で必要不可欠です。普段生活していく中で必要となるもの、結婚や出産、老後などのライフイベントで必要となるものなど、さまざまな生活のシーンにおいてお金は必要になります。

その為、普段の生活の中でいかに貯金ができるかによって今後の人生を大きく左右すると言っても過言ではありません。貯金があっても困ることはありませんので、出来るだけ将来に備えておきたいものですが、貯金はちょっとした意識をするだけで簡単にできるようになります。

貯金が出来ない人の特徴

貯金が出来ない人には、いくつかの共通した特徴があります。

・目標金額が決まっておらず成行きで貯金をしようとしている
貯金をする際に、毎月余った分を貯金に回そうとするスタイルの人です。目標とする金額が決まっていないために、毎月の明確な貯金額もうやむやになっているため、貯金に対する意識も低く、ついお金を使いがちです。貯金には心のゆるみが大敵です。

欲しいものは毎月出てくるものですので、その度に今月は少し余裕があるから買ってしまおうなどの気持ちが生まれ、つい誘惑に負けてしまいます。結果として、毎月貯金出来たはずの金額が目減りしてしまい、この状況が続くことでなかなか貯金出来ない状況になってしまうのです。

無駄な出費が多い

普段お金に対し節約をしようという意識が低い方は、貯金がなかなかできない人が多いです。例えば、普段買い物をするときなどにスーパーやディスカウントストアよりもコンビニの利用頻度が高いという方や、食事もついつい外食や買って来たもの、宅配サービスで済ませてしまうという方です。

コンビニは非常に便利である一方で、商品一つ一つの単価がスーパーなどに比べると割高になります。食事についても、外食や買って来たものの方が割高になりますし、宅配は宅配料が上乗せされているので当然高い金額になりますので、気づかないうちに日々少しずつ無駄な出費が蓄積していきます。

また、そもそも衝動買いなどが多く、後から振り返って無駄遣いだったと思う買いものが多い場合もあります。

収入が低く、収入に見合った生活スタイルが出来ていない

収入があまり高くないのに支出がそれなりに多いため、貯金をする余裕がない人です。特に毎月の家計簿をつけていない人は収入と支出のバランスが取れていない場合が多く、現状の生活スタイルでは貯金をする余裕がない事に気づいていないという方もいらっしゃいます。

現代ではサブスクリプションと言われる定額サービスが多くありますが、サブスクリプションは毎月発生する固定費になるため、そのサービスを使わない月も料金は発生してしまいます。固定費は支出になっているという意識を持ちにくいため、あまりお金を使ったつもりがないのに毎月お金が残らないという状態に陥りやすいと言えます。

貯金をするためのコツ

明確な毎月の貯金額を設定し、先取り貯金を行う

貯金を行うためには、必ず毎月貯金する明確な金額を決めて取り組むことが大切です。そのうえで、毎月の余った金額を貯金に回すのではなく、給料を貰ったらまず貯金する分の金額を必ず生活費と分けましょう。

また貯金する際は、貯金をするための専用の銀行口座を作って、そこに入金するようにしましょう。そうする事で、使いたくなってもわざわざ口座から引き出さなければ使えないという状況を作れますので、つい使ってしまうことを抑えることが出来ます。

コンビニは利用せず、外食も極力控える

まず自炊するときですが、買い物をする際はコンビニは使わないようにしましょう。最初は少し面倒に感じるかもしれませんが、慣れてしまえばそこまで苦にならなくなります。

スーパーには特売などもあり、欲しいものが安く手にはいることもしばしばありますので、積極的に活用しましょう。また外食や宅配についても、普段の生活では出来る限り使わないように心がけましょう。節約を心がけて無駄な出費を抑えられるようになれば、貯金のスピードは格段に早くなります。但し、無理に我慢をしすぎるのも良くありませんので、何かのイベントの時やご褒美など、上手に活用しましょう。

家計簿をつけ、生活スタイルを見直す

家計簿をつけていない人は、まず家計簿をつけるところから始めましょう。家計簿をつける事で、収入と支出のバランスを俯瞰的に見る事が出来るようになり、自然と必要な部分と無駄な部分、削らなければいけない部分などが見えてきます。

支出は「食費」や「光熱費」など、ある程度カテゴライズする事で、支出の中でどの項目が多いかなども一目瞭然になり、見直しがしやすくなります。家計簿は紙媒体でも良いですし、家計簿アプリも多く出ていますので、自分が続けやすいものを選びましょう。また、支出の中で固定的な費用は出来るだけ削減する事を心がけましょう。

まとめ

貯金をするには、普段の生活の中でちょっとした意識をするだけで簡単に貯金することができます。
TOP