節税目当てで不動産投資をすると失敗するって本当?

節税目当てで不動産投資をすると失敗するって本当?

節税対策のために不動産投資を検討している人は多いです。 長期的にみれば、かなりの節税になる場合もあります。 ただ、節税目当ての不動産投資は失敗しやすい特徴があるのです。 今回はなぜ、節税対策の不動産投資が失敗しやすいのかなどをチェックしましょう!
節税対策のために不動産投資を検討している人は多いです。

長期的にみれば、かなりの節税になる場合もあります。ただ、節税目当ての不動産投資は失敗しやすい特徴があるのです。

今回はなぜ、節税対策の不動産投資が失敗しやすいのかなどをチェックしましょう!
節税とは、税制上のシステムを適切に使って、税金を払い過ぎないようにすることです。

節税目的の不動産投資は失敗しやすい?

via pixta.jp
こちらでは、節税目的の不動産投資が失敗しやすいのか、その理由を見ていきましょう。節税のために始めたはずなのに、なぜ失敗してしまうのかをチェックしてみてください。

メリットばかりを見ている

節税目的の人の場合、メリットばかりを見ている傾向があります。他の人が成功していても、あなた自身が成功させなければ意味がありません。

捕らぬ狸の皮算用という言葉がありますが、それに踊らされている人も多いのです。

勧誘文句に騙されがち

不動産投資は営業マンから連絡が来ることもあります。営業マンは契約のために上手い言葉ばかりを言いますよね(^_^;)

それに騙されてしまい、節税の必要性がない人も契約してしまう場合があるのです。

しっかり契約主のことを考えてくれる営業マンもいますが、自分のノルマのために強引に契約をさせようという人も少なくありません。

信頼できる営業マンかどうかを見極めないと、上手い言葉に騙されてしまうことになりますよ(^_^;)

資産価値の下落

どんなものでも、購入時より価値が高くなることはありません。

希少性の高いものであればともかく、不動産の場合はよほどのことがない限り高騰化することは珍しいと言えるのです。

資産価値が同じまま続くわけではなく、どんどん下落していくものだと認識していないと「なんでこんなことになってしまったのか」と後悔する羽目になりかねません(ノД`)・゜・。




節税対策で不動産投資をする際に覚えておくべきこと

節税目的で不動産投資をする場合、何を覚えておくべきなのでしょうか。覚えておきたいことはさまざまですが、その中でも最優先で覚えておきたいことを紹介しますね!

リスクを見る

メリットばかりではなく、リスクにも目を向けましょう。むしろ、メリット以上にリスクやデメリットについて把握しておかないといけません。

リスクやデメリットに関して知識を蓄えておいて損はないからです。

メリットを知らない場合は「ラッキーだった」と思えますが、リスクなどを知らないと臨機応変に対応出来ずに大変なことになる可能性があります。

自分に不動産投資が必要かを考える

節税対策の前に「自分に不動産投資が必要か」ということをしっかり考えてみましょう。

不動産投資を後悔している人の中には、節税の必要がないのに上手く言いくるめられて不動産投資をしてしまったという人も少なくありません。

不動産投資は儲かる際や成功者による節税効果は高いですが、失敗してもリスクが大きなものになります。
失敗の可能性も考えて、本当に必要かどうかをチェックしましょう。

営業マンの上手い言葉に乗せられない

営業マンが上手い言葉を言ってくると、その気になってしまいますよね(^_^;)でも、果たして営業マンの言う通りになるのかという冷静さを持つことも大事です。

特に強引に話を勧めてくる営業マンの場合は警戒が必要です。

なぜなら、強引に推し進めるということは契約者のことを一切考えていないと言っても過言ではないからです。

節税対策だとしても不動産投資はリスクがあると覚えておこう!

節税対策と言っても、不動産投資はリスクがあることを覚えておいてください。

メリットの大きさの分だけ、リスクも潜んでいると考えておきましょう。

リスクを知ることで、しっかり不動産投資のメリットを得られるのです。リスクを知っておくことで、上手くリスクを回避できる可能性があることも覚えておきましょう!
TOP