1人暮らしの家賃相場と言えば?一番多かった家賃の価格は××円だった。「タスマガジン調べ」によるみんなの家賃ランキング!

1人暮らしの家賃相場と言えば?一番多かった家賃の価格は××円だった。「タスマガジン調べ」によるみんなの家賃ランキング!

突然ですが、一人暮らしをしている皆さん、家賃はおいくらですか? 家賃は言うまでもなく給与所得の大半をします。その分生活のしやすさなどの利便性をもたらしてくれるもの。でも、実際はいくらくらいの家賃が妥当なのとおもいませんか? 今日は実際のアンケートデータをもとに、皆さんがいくらの家賃に住んでいるかのデータをまとめました。結構が意外だったのが....、あ、いけない、それは本編でお話しますね
突然ですが、一人暮らしをしている皆さん、家賃はおいくらですか?

家賃は言うまでもなく給与所得の大半をします。その分生活のしやすさなどの利便性をもたらしてくれるもの。でも、実際はいくらくらいの家賃が妥当なのとおもいませんか?

今日は実際のアンケートデータをもとに、皆さんがいくらの家賃に住んでいるかのデータをまとめました。結構が意外だったのが....、あ、いけない、それは本編でお話しますね。
今回のアンケート対象者
(1) 性別 男女
(2) 居住地 全国
(3) 年齢 20歳~69歳の方が対象
(4) 株式会社ディーアンドエムのアンケートネットワークを使って、約1800人の方にインターネットを使ってアンケートいたしました。
▼ついで読み!

みんなの家賃ランキング!実際みんなはいくらの家賃に住んでるの?

では、さっそくなのですが、皆さんの家賃相場見ていきましょう!

アンケート:現在の家賃はおいくらですか?

現在の家賃はおいくらですか?
0円 49.6%
~1万 0.8%
~3万 5.5%
~5万 10.1%
~7万 11.4%
~8万 5.3%
~9万 3.6%
~10万 4.4%
~11万 1.6%
~12万 1.9%
~13万 0.8%
~14万 1.1%
それ以上 3.8%
今回はランキングの対象外とはしますが、数として一番多かったのが家賃0円(49.6%)と約半数。

多分実家暮らしとかカップルで一緒に住んでいて、家賃を負担してもらっているケースが多いのですかね。何はともあれ家賃が0円と言うのはうらやましいです。

実際の家賃相場のランキングで言うと!

1位 家賃5~7万円台 11.4%
2位 家賃3~4万円台 10.1%
3位 家賃1~3万円台 5.5%
4位 家賃7~8万円台 5.3%
5位 家賃7~8万円台 4.4%

家賃て住んでいる地域や立地によって大分違うよね。でも、想定よりも安いイメージ。みんな努力して安くていい物件をっ見つけてるのがわかるね。

自分にとって適正な家賃相場ってしってますか?

今となっては都市伝説ともいえる、給料の30%までが家賃として使って大丈夫と言う話。これには裏があって、昭和の時の行動経済成長時でかつ、終身雇用で毎年お給料が昇給する事が前提の数値だそう。

なので、この数字を信じて給料の30%を家賃に充てるとたぶんだけど、生活が苦しくなるよね。
あらためて最近の目安をインターネットなどで調べてみると「30%は高い」「25%を目安としよう!」など、どちらかというと30%目安説を否定する意見が目立ちます。
ここでちょっと生活費を計算してみよう!
このタスマガジンの読者で一番多いのが30代。なので30歳の平均年収と、それに合った家賃相場を計算してみると。。。

●→ 給料 男性が309万、女性が251万円
●→ 食費 4万~5万
●→ 光熱費 1万
●→ 通信費 1万
●→ 雑費 1万



年収300万だとおおよその手取り額が19万なので、切りよく20万の手取りとして計算すると?
データ参照:https://career-theory.net/
手取り給料 20万
- 食費 4.5万
- 光熱費 1万
- 通信費 1万
- 雑費 1万
残金 12.5万円
ココで、仮に家賃を給料の30%として計算すると。。

30万×30%=9万
20万×30%=6万


となりますね。

単に給料の30%でも額面なのか、手取りなのかでも結構違います。ただ、生活費の計算を見ると、家賃を抜いて残りが12万と言う事を踏まえると、9万の家賃にしてしまうと、月間で3万円程度しか残らない。

さらに、病院などの突然の出費を考えると、手元にお金が残らなくなりますね。それを考えても、給料の30%を家賃にしてOKという数値は現実味がないなと感じます。

全国の家賃相場を調べてみた

上記のデータあh全国賃貸管理協会と言うところが集計しているデータ。でも2021年3月と最新のデータ。東京がやっぱり高くて6万8,000円。大阪で5万2000円となっていますね。

通勤の便が良いさいたまも最近は平均家賃相場が上がり気味。

ここまで家賃相場をみてきたんですが、そうなると気になるが毎月の貯金額。実はこの後、その貯金額のデータを公開しますのでまだページを離れちゃダメですよ!

気になるみんなの貯金額ランキング!

ココでは皆さんが、毎月いくらくらいの貯金をしているのか?気になる貯金額にフォーカスしちゃいます。

アンケート:あなたは毎月いくら貯金をしていますか?

現在の家賃はおいくらですか?
0円 49.6%
~1万 0.8%
~3万 5.5%
~5万 10.1%
~7万 11.4%
~8万 5.3%
~9万 3.6%
~10万 4.4%
~11万 1.6%
~12万 1.9%
~13万 0.8%
~14万 1.1%
それ以上 3.8%

さっきの家賃と生活費の計算から導き出した数値がそのまま貯金額になってるような。みんなやっぱり毎月5万円前後は毎月貯蓄してるんだね。ただし、0円と言う方も結構な数いるね。

毎月5万円貯金してみると

仮に、毎月5万円の貯金額を頑張って1年続けると、1年で60万。さらにボーナスを全額貯蓄に回せると、1年での貯蓄は100万を超えるね。そう考えると毎月5万円の貯金ができるってとても凄いよね。

お金を増やした位ならやっぱり投資も視野に入れる!

毎月5万円の貯金をして、ボーナスを全部貯金しても年間で100万。逆に言うと100万円以下でも以上でもない。ちょっと前に老後2000万問題なるものが出てきたけど、それを考えると、やっぱり貯蓄は多いに越したことはないよね。
老後30年間で約2000万円不足する
だからと言って、急に年収を増やせと言われても無理だ!ってなりますね。なので今から本当の意味で将来を考える必要と行動が大事。

まとめ

筆者として記事を書いていて思うのは、自分の収入に合ったものを選ぶと言う事、また以前言われていた事は今には当てはまらないかも?と言う事。

自分の収入が多ければその分、家賃に回せる金額も増える。なので大事なのは自分のお金の見極めですね。

※ アンケートは株式会社ディーアンドエムのタスマガジン調べ ※アンケート期間:2021月 3月(実施) ※アンケート対象:20歳以上/男女/日本全国/約1,800人を対象に、インターネットを通じアンケートを実施
TOP