マーケティング職に就くなら年収いくら希望?会社規模は?

マーケティング職に就くなら年収いくら希望?会社規模は?

マーケティング職いわゆるマーケッターは頭の回転の良さが必要そうな仕事だということがわかりました。社会でどの職種が一番大変とかそういうものはないだろうと思いつつ(どんな仕事も大変なんです)、頭のキレの良さや商品を企画して作って売ってお金にしていくという、かなり重責な職種が故に、給与が高いイメージがあります。 そんな重いマーケティング職に携わるからには、年収はどれくらいを期待したいのでしょうか?今日はマーケティング職の年収や仕事について書きたいと思います。
マーケティング職いわゆるマーケッターは頭の回転の良さが必要そうな仕事だということがわかりました。

社会でどの職種が一番大変とかそういうものはないだろうと思いつつ(どんな仕事も大変なんです)、頭のキレの良さや商品を企画して作って売ってお金にしていくという、かなり重責な職種が故に、給与が高いイメージがあります。

そんな重いマーケティング職に携わるからには、年収はどれくらいを期待したいのでしょうか?

今日はマーケティング職の年収や仕事について書きたいと思います。

マーケティング職になるにはどのくらいほしい?

国の統計データから、日本人の平均年収は、およそ400万円強くらいと言われています。もちろん年齢や会社によって、人それぞれ給与が異なるのは当たり前ですが、もしマーケティングの職につくからにはどのくらいの年収がほしいと思われているのでしょうか?

アンケートを取ってみたので、3位からのランキングでデータを見てみたいと思います。

マーケティング職になる場合、年収はどのくらいを期待したいですか。

 3位:500~700万円未満
 2位:1,000~2,000万円未満
 1位:700~1,000万円未満
そりゃ給料は多くもらえるに越したことはないので、結果的に高めの給与が多くなるのはなんとなく仕方ないかと思いますが、それでも妥当な結果になっているように思います。

日本の平均年収と比べて、おおよそ1.5~2倍くらいもらえれば良いと考えている人が多いようですね。実際に、いくつか転職案件の年収額を見てみましたが、ざっくり平均すると、マーケティング職の給料は500~700万円くらい(30代)が平均的のようです。

どのくらいの規模の職場がよい?

次に、マーケティング職になる場合、どのくらいの規模の職場で働きたいか見ていきたいと思います。
どの職種でもそうですが、大企業だと、大企業なりのメリット(福利厚生がしっかりしている・待遇が良いなど)がありますが、反面、例えば自分の意見を通すにも、上役がたくさんいて、なかなか自分の思い通りに仕事ができないということがあるかもしれません。

逆に、中小企業であれば、大企業にあるようなメリットは享受できない可能性もありますが、その反面、マーケティング担当は自分と上司だけだからやりたいようにできる、という場合も多そうです。それではアンケート結果をランキングで見ていきましょう。

マーケティング職になる場合、どのくらいの規模の職場で働きたいですか。

 3位:従業員1,000人以上の会社 7.0%
 2位:従業員100人以上の会社 8.5%
 1位:従業員50人未満の会社 10.1%
という結果になっておりました。

3位は比較的大きめの規模の企業がランクインしておりましたが、2位そして1位は、いずれもそこまで大きくない中小企業の規模といえる企業を希望されているケースが多いようですね。やはり、企業規模による仕事のしやすさなどが優先された結果なのでしょうか?

また、最近ではインターネットを中心とした企業のマーケティング職も多く募集されており、若い人やベンチャー企業で一花咲かせたいというみなさんも多いと思います。ネットビジネスを中心とした企業はまだ中小企業のところも多いので、もしかするとそういった考えも含まれているのかもしれませんね。

それぞれ各企業の体質によるところも多いですが、マーケティング職を目指される方は、自分の仕事のしやすさを選ぶ傾向にあるのかもしれませんね!(あくまで私見!)

いかがでしたでしょうか?

なにより、マーケティング職のお給料、魅力的ですよね!未経験で転職だと難しいのかもしれませんが、機会があればぜひ一度応募してみたい職種です!
アンケート期間:2017年11月16日~11月18日
アンケート対象:20歳以上/男女/全国の約32,000人を対象に、インターネットを通じアンケートを実施
TOP