収入を増やすたった3種類の方法とは?

収入を増やすたった3種類の方法とは?

誰もが今の収入をもっと増やしたいと考えています。老後を含めた将来を心配する余りにそう思う人もいれば、今ぜいたくしたいと思う人もいるでしょう。どのように収入を増やしたいかを考える手段も人それぞれかもしれません。しかし突きつめると、実は収入をあげる手段は大きく分けて3種類しかない事に気付きます。その3種類とは何か、具体的にどう収入増につなげるかについて以下に解説します。

収入を増やすたった3種類の方法とは?

誰もが今の収入をもっと増やしたいと考えています。老後を含めた将来を心配する余りにそう思う人もいれば、今ぜいたくしたいと思う人もいるでしょう。

どのように収入を増やしたいかを考える手段も人それぞれかもしれません。しかし突きつめると、実は収入をあげる手段は大きく分けて3種類しかない事に気付きます。

その3種類とは何か、具体的にどう収入増につなげるかについて以下に解説します。

本業の収入を上げる

まずは最も堅実な方法から始めましょう。それは現在の本業における収入を増やす事です。そのためには、社内で収入を増加させるためにどういう機会があるのかをしっかり把握する事が重要です。  

昇給

地道な方法ではありますが、最も堅実な方法です。自分の所属する会社が実力成果主義なのか年功序列主義かによりますので、どれ位の期間で昇給が見込めるかを見極めましょう。成果主義であれば、実際に成果をあげて昇給するスケジュールを立てる工夫も必要です。昇進試験などがあるなら、その対策を常日頃からしっかりと行い、機会を逃さないよう気を付けましょう。

資格手当

業種によっては、試験に合格して資格を増やせば、結果的に資格手当分の収入の増加につながります。会社側も専門知識やスキルアップについて給与面で評価し、待遇もあげてくれるでしょう。

インセンティブ

営業などの業種によっては、ノルマ達成のボーナスなどインセンティブを用意している企業もあります。こうしたインセンティブを収入の増加につなげられるよう、得られる機会は全てものにする心構えでいきましょう。  

さらに本業の延長として、より給料の高い企業への転職が考えられます。その業界の中で自分に特筆すべき経歴があれば、今の待遇よりも条件のいい企業から転職のオファーがあるかもしれません。もし今の会社の待遇に不満があるようなら、転職サイトへ登録したり、ヘッドハンターと連絡を取るなど具体的なアプローチを開始します。

本業にプラスアルファの収入を加える

次に堅実な方法は、本業の収入に副業をして得られる別の収入を加えるやり方です。サラリーマンでも副業が可能な時勢になっているので、一昔前と比べても格段にそのハードルは下がっています。収入を得られるまでの期間ごとにいくつか紹介します。

すぐにでも収入を増やす副業

筆頭はやはりアルバイトでしょう。本業の業務終了後で就寝までの数時間を居酒屋やファミリーレストラン、コンビエンスストアなどで働いたり、週末に日雇いの警備やイベント設営などをしたり、空き時間をアルバイトに費やす事で月に数万円の収入を増やす方法となるでしょう。

中期的に収入を増やす副業

案件を受注できるようになるまでに若干の時間が掛かるかもしれないのが、クラウドソーシングサービスを利用する方法です。企業や個人から依頼のあった案件に応募して受注するスタイルです。そのプロセスに時間が掛かりますが、例えば本業がプログラマーであれば、知識とスキルを発揮して他社のシステム開発案件や保守・運用案件の受注が可能でしょう。

デザイン系ならコンペで採用されれば収入となります。  

長期的に収入を増やす副業

ブログサイトやYouTubeなど動画を運営し、アフィリエイトと呼ばれる広告収入を得る方法です。通常、半年から1年かかると言われるほど成果が出るまでに時間が掛かります。その間の収入の全くない時期を我慢して継続できれば、いずれアクセス数も向上して収益を得られるようになるかもしれませんが、その補償もないのが特徴です。

投資

そして最後の3つ目は、投資を行ったリターンで収入を増やす方法です。上記2例と比較した場合、収入を増やせる補償がないどころか、最悪のケースでは損をする可能性もあります。しかし堅実さが劣る代わりに、最も大きな収入の増加を期待できる方法でもあります。

あまり大きなギャンブルにせず、リスクを最小に留める形で始め、慣れてきたら自分に最も適していると思われる投資で少しずつ額を増やすように心がけましょう。

株式

投資の代表格といえばこの株式投資です。企業の資金調達のために発行された株券を株価が安い時に買って高くなったら売る事で、その差額で利益をあげます。株式を保有しているだけで配当金を得られたり、株主優待の特典を得られたりという収益の道もあります。  

不動産

マンションやアパートなどを購入し、それを人に賃貸して家賃収入を得る投資です。初期費用が高額になるのであまり現実的ではないかもしれませんが、うまくローンが組めれば夢ではありません。

投資信託

投資信託とは、自分以外の投資家と共同で運用のプロに資金を提供し、国債や株式などで得られた運用益を分配する投資です。

REIT

投資信託と同様に、資金を提供してプロに運用を任せるスタイルですが、運用する投資先はビルや商業施設などの不動産です。

まとめ

他にも為替に投資したり、ビットコインなどの仮想通貨に投資するなど、投資の種類はさまざまですが、いずれもレバレッジなどギャンブル性を高めていけば、収入を増やすどころか損をする可能性もある事を忘れない慎重さが求められます。
TOP