アルバイトができない中学生におすすめの貯金の仕方について

アルバイトができない中学生におすすめの貯金の仕方について

中学生が貯金をしたいと考えても、アルバイトはできないので難しいでしょう。 高校生になればアルバイトも可能という学校もありますが、中学生のアルバイトはどこも募集していないのが現状です。 今回は中学生がお金を使うシーンや、どうすれば貯められるのか貯金の仕方について紹介します。 お金を貯めたいと考えている中学生は参考にしてみてください。
中学生が貯金をしたいと考えても、アルバイトはできないので難しいでしょう。

高校生になればアルバイトも可能という学校もありますが、中学生のアルバイトはどこも募集していないのが現状です。

今回は中学生がお金を使うシーンや、どうすれば貯められるのか貯金の仕方について紹介します。お金を貯めたいと考えている中学生は参考にしてみてください。

中学生がお金を使うシーンとは?

中学生がお金を使う時、それはどんな時でしょうか。まずはどんな時にお金を使う傾向があるのかを見ていきましょう。

お金を使うタイミングを知ることで、貯金の仕方に繋がる場合があるからです。対策となる貯金の仕方を覚えるために、原因となる出費のシーンを把握しておきましょう。

友達と遊びに行く

休日などは友達と遊びに行くことが多いでしょう。

その際の昼食、ショッピングなどで意外とお金を使ってしまいます。自分では使うつもりがなかったとしても、帰った後に財布を見て「使いすぎた」と後悔する人もいるでしょう。

友達と遊びに行くということは、出費のリスクが高くなることも覚えておきましょう。出費を抑えたい場合は、家で遊ぶなどなるべくお金がかからないようにするのがいいですよ。

欲しいものを買う

好みの服などを見かけた時、つい衝動的に買ってしまう人もいるでしょう。中学生と言ってもファッションに気を遣う人は多いので、女の子は特に服でお金を使う傾向があるのです。

買うつもりはなくても、好みのものを見ればつい買ってしまいますよね。人も物も一期一会なので、その時を逃すと次に買う機会は訪れないかもしれません。

欲しいものを買うことがいけないわけではありませんが、貯金を考えるなら少しは我慢しておくといいかもしれません。

誕生日プレゼントを買う

中学生で意外と多いもの、それは友達や親の誕生日プレゼントです。

友達が多ければ多いほど、誕生日プレゼントを買う機会も多くなり、貯金から遠のいてしまいます。特に自分がもらっている場合は、お返しの意味も込めて誕生日プレゼントを買わないといけません。出費を減らしたいなら、友達同士でお金を出し合う、話し合って安いものにするなど工夫をしましょう。

中学生におすすめの貯金の仕方について

アルバイトができない中学生には、どんな貯金の仕方が向いているのでしょうか。こちらでは、学生の時だからこそできる貯金の仕方について紹介していきます。貯金をしたい中学生の人は、ぜひ参考にして試してみましょう。

お年玉を貯める

中学生の場合、ほとんどの子供がお年玉をもらいます。1年の中でもっとも大金を手にする時期と言っても過言ではありません。

親戚の数が多い場合など、10万円近くになる子供もいるのだそうです。その時のお年玉をしっかり貯金できるかできないか、中学生の貯金はそれで決まると言ってもいいかもしれませんね。

積極的に手伝いをする

積極的に家事の手伝いをすることで、臨時的なお小遣い、もしくは毎月のお小遣いアップの交渉の材料となります。

ただ、ここで注意したいことは先にお小遣いアップや臨時収入のことを言わないことです。お手伝いをした後で交渉をするという方法を取ってみましょう。

お小遣いを先に貯めておく

毎月のお小遣いが5,000円だった場合、500円から1,000円を先に貯金箱に入れてしまいましょう。持っていると使ってしまいたくなるのが人間です。

むしろ、持っていない状態、つまり最初から4,000円にしておくとその金額に応じた使い方が出来るようになるのです。

中学生だからできることを考えよう

中学生はアルバイトが出来ないと言っても、貯金をする方法はいくらでもあります。どうすれば貯金に繋がるのか、ということをしっかり考えておきましょう。一番良い方法として、お小遣いを先に貯めておくということを考えて見てください。
TOP