貯金のコツが知りたい人へのお得情報!決め手は銀行口座の使い方

貯金のコツが知りたい人へのお得情報!決め手は銀行口座の使い方

将来に備えて貯金をしていきたいけど、なかなか上手くいかないという人は、貯金のコツを知らずにお金を貯めようとしている場合があります。そんなコツが本当にあるのかと思うかもしれませんが、実際に貯金のコツについて知ってみれば、そんなに難しいテクニックではありません。しかし、それを知っているのと知らないのとでは、大きな違いが出てしまうものなのです。 貯金をしていきたいけど上手くいかない人は、銀行口座を上手く活用するコツを身につけるところから始めてみてください。
将来に備えて貯金をしていきたいけど、なかなか上手くいかないという人は、貯金のコツを知らずにお金を貯めようとしている場合があります。そんなコツが本当にあるのかと思うかもしれませんが、実際に貯金のコツについて知ってみれば、そんなに難しいテクニックではありません。

しかし、それを知っているのと知らないのとでは、大きな違いが出てしまうものなのです。

貯金をしていきたいけど上手くいかない人は、銀行口座を上手く活用するコツを身につけるところから始めてみてください。

貯金をするなら銀行口座を分ける

普段からお金を貯める習慣のない人が貯金を始めても、思ったように貯金ができません。それは、どう貯金していけば良いのかを知らないからです。そのためのコツとして、一番簡単な方法は、貯金用の銀行口座を作ることです。

「口座を分けたからといって貯金をしやすくなるのだろうか」と考えるかもしれませんが、これにはある目的があります。それは、貯金専用の口座を作ることで、区切りをつけることです。

ひとつの口座にまとまったお金が入っている状態は、安心感があります。しかし、その中でどれだけを貯金用にして、どれだけが生活費として使えるのかが曖昧になってしまうのです。

「まだこれだけの金額が口座に入っているから使っても大丈夫」と考えてしまうことが、貯金における最大の敵です。貯金用に口座を分けることで、この問題を解消する効果が期待できます。

天引き状態にして口座を分ければ貯金が可視化できる

給料日は自分の使えるお金が増えるので、嬉しいものです。しかし、その中からどれだけの金額を貯金に回すべきなのかを考える必要があります。

例えば月に5万円の貯金しようと思っていても、お金がひとつの口座にまとまっている状態だと把握しづらいです。最初のうちはまだ把握もしやすいのですが、数年後には自分の貯金はどれだけだったかと混乱してしまう例も多くあります。

そこで、貯金用の口座を作り、そこへ入っているお金を使わないようにすれば、毎月確実に貯金を貯められます。そして、この口座を分ける方法によって、もうひとつの効果が期待できるのです。

最初に貯金用口座へお金を入れることで天引き状態にできる

貯金のコツを知らない人が犯しやすいミスとして、給料から毎月使った分を引いて、それを貯金に充てる方法があります。もちろん、しっかりと節制できる人なら問題ありませんが、貯金が得意でない人は使っていいお金と貯金用のお金が曖昧になってしまうのです。

ですから、ここで使いたい貯金のコツは、天引き状態でお金を貯める方法です。毎月どれだけの金額を貯金するのか決めておき、給料が入ったらまず貯金分を専用口座へ入れます。そうして残った金額でやりくりしていく方法です。

「もう少し貯金したいから節約しよう」という考え方も効果的ですが、それでも「もう少し使っても大丈夫」という気持ちは出てきます。しかし、天引きという形にすれば、最初から使える金額は決まっています。それにより、貯金をすることで発生するストレスも緩和されやすくなるのです。

全体像が見えない状態で節約していくよりも、使ってよい金額分を動かす方法の方が貯金はしやすくなります。ストレスも溜まりにくくなるので、おすすめの方法です。ただし、最初から目標値を高くすると、すぐに破綻してしまうリスクもあります。そうならないように、最初のうちは条件をゆるめにして、無理のない範囲を見極めていきましょう。

貯金のための口座を作る時に意識したいポイント

すでに複数の口座を持っている人なら、その中のどれかをメインバンク、そしてそれとは別の口座を貯金用にできます。しかし、せっかく貯金用の口座を用意するのですから、お得な口座を選ぶようにしましょう。

まず、使いやすい銀行口座を選びましょう。お金を入れやすい口座でなければ、貯金のためにお金を移動させること自体が面倒になります。引き出しやすいからうっかりお金を使ってしまう心配もありますが、このルールを守れない場合はどの口座にお金を入れていても変わりは無いので、しっかり管理しましょう。

また、手数料や特典の有無についても確認しておいてください。その口座を利用する時に毎回手数料が発生するような口座は、貯金用に適しません。お金を貯めるための口座なのに、少しずつお金が引かれていくからです。銀行によってはそういう部分を特定条件で免除してくれるところもあるので、使い勝手と特典の両方から確認していきましょう。

貯金のコツは難しく考えすぎないこと

これから貯金に力を入れていこうと考えている人は、難しく考えすぎてしまう傾向にあります。やる気があるのは良いことですが、無理のあるルールではストレスが溜まり、貯金に影響が出る場合もあるのです。

肩の力を抜くことも、貯金を上手く続けるコツです。最初は試行錯誤の繰り返しになるかもしれませんが、無理せず、楽に貯金ができる体制を作っていきましょう。
TOP