初めての資産運用

初めての資産運用

金融庁の「老後資金が3000万円必要である」という発表に驚いた方も多いのではないでしょうか。教育費を蓄えながら老後資金も同時に貯めていかなければいけない時代、収入の伸びが鈍い時代に、今ある資産を減らさずにいかに資産を増やしていくかは喫緊の課題と言ってもよいでしょう。このような情勢下、投資によって資産運用しようと考えている人が増えています。ですが、初めて投資する人は、投資リスクなどを考えると踏みとどまってしまう人も多いようです。 そこで、近年注目されているのが「ロボアドバイザー投資」(略してロボアド投資)です。人工知能を駆使して、自分にぴったりの投資プランを立ててくれるサービスです。自分に資産運用や株式投資の専門知識が全くなくても大丈夫です。

初めての資産運用

金融庁の「老後資金が3000万円必要である」という発表に驚いた方も多いのではないでしょうか。教育費を蓄えながら老後資金も同時に貯めていかなければいけない時代、収入の伸びが鈍い時代に、今ある資産を減らさずにいかに資産を増やしていくかは喫緊の課題と言ってもよいでしょう。このような情勢下、投資によって資産運用しようと考えている人が増えています。ですが、初めて投資する人は、投資リスクなどを考えると踏みとどまってしまう人も多いようです。

そこで、近年注目されているのが「ロボアドバイザー投資」(略してロボアド投資)です。人工知能を駆使して、自分にぴったりの投資プランを立ててくれるサービスです。自分に資産運用や株式投資の専門知識が全くなくても大丈夫です。

ロボアド投資を始めるには

ロボアド投資を始めるには、各サービスサイトへアクセスすることが第一歩です。ホームページの投資方法診断コーナーで、運用して利益が出た場合のお金の使い道など質問に答えていきます。診断後、運用コースとおすすめのポートフォリオ(投資プラン)が提示されます。

運用コースは、リスクをどれくらい許容できるかによって、リスクをある程度受け入れる場合から手堅く投資する場合までの5パターンに分けられます。

運用コースが決まると、それに合わせた金融商品の組み合わせがポートフォリオとして示されます。ポートフォリオでは、国内株式、海外株式、国内債券、海外債券、REIT、現金をそれぞれ何パーセントの割合で組み合わせるかが提示されます。債券とは、国や地方公共団体等が一般投資家から広く借り入れることを狙って発行されるもので、満期までそのまま持っていれば貸したお金が戻ってきて、利子も得られるというものです。REITは、不動産の投資信託のような商品です。基本的には、債券より株式の方がハイリスク、ハイリターンです。

おすすめの投資方法は、積み立てと長期運用の組み合わせです。ロボアド投資に運用お任せしておけば、株式市場を揺るがす事件が起こっても投資を継続していきやすいです。ほったらかしだからこそのメリットとも言えます。

初めての資産運用する人におすすめ!ロボアド投資のサービス

Wealth Navi(ウェルスナビ)

ユーザー数、運用資金トップを誇るウェルスナビは、ウェルスナビは、ノーベル経済学賞やジョン・フォン・ノイマン理論賞を受賞したハリー・マックス・マーコウィッツ氏の「現代ポートフォリオ理論」に基づいて資産運用しています。複数の資産に分散投資することで、より収益を上げることができるという理論に基づく金融アルゴリズムを用いて、世界50か国、11000銘柄以上に、自動で分散投資しています。運用開始は2016年7月です。

最低投資額は10万円からです。初めて投資をするという人にとって決して安い金額ではありません。もっと少額からスタートしたい場合には、SBIネオモバイル証券のWealthNavi for ネオモバが良いでしょう。1万円から始められます。

ウェルスナビの利用手数料は預かり資産の年率1パーセントです(3000万まで)。預かり資産3000万円を超える部分については、年率0.5パーセントになる割引があります。

自動積立金額は1万円からで、月に何回積み立てるかに応じて4コースから選ぶことができます。マネーフォアードやZaimといった家計管理ツールとも連動しているのも支持を受けている理由です。

THEO(テオ)

キャリア(NTT docomo)と連動していて、お手軽なので人気なのがTHEOです。ドコモユーザーだと、預かり資金に応じて毎月dポイントをもらえるサービスがあります。また、JALマイレージカードを持っていてJALマイルを貯めている人は、預かり資産に応じて毎月JALマイルがもらえるサービスもあります。

2016年2月から運用開始したTHEOは、長期的な視点で資産を増やしていく投資を行っているため、教育資金、結婚資金、老後資金など長期的な資産形成に向いています。最低投資額は10万円です。利用手数料は預かり資産の0.65〜1パーセント、業界最低水準で人気の理由にもなっています。

楽ラップ

身近さNo.1なのが楽ラップです。楽天証券が提供するロボアド投資サービスです。

最低投資金額が1万円からと少額なので、手軽に始められるのが人気の秘密です。利用手数料は、投資スタンスによって固定報酬型か成功報酬併用型を選ぶことができます。固定報酬型は預かり資金の0.715パーセントです。成功報酬併用型は、基本的に固定報酬型よりも低く設定されていますが、利益が出た時に手数料が増える仕組みです。

楽ラップには、下落ショック軽減機能が備わっています。下落ショック軽減機能とは、何らかの事件が起こり、株式市場の価格変動リスクが高まった場合、自動的にハイリスク・ハイリターンの株式への投資割合を減らし、債券の投資割合を高める機能です。この機能は他のロボアド投資には無いサービスで、資産の大きな減少を避けることができるという点で人気の理由の一つになっています。
TOP