理想的な毎月の貯金額はいくら?ムダを省いて目標額まで貯蓄する!

理想的な毎月の貯金額はいくら?ムダを省いて目標額まで貯蓄する!

みなさんは、毎月いくら貯金をするのが理想でしょうか。 データからは、多くの方が計画的に、理想的な貯蓄をしていることが伺えます。 思うような収入が得られないために、貯金できないという人、以下の情報は必見です。 FPなどの力を借りましょう。 節税の知識も持ちましょう。 まずは、お金を減らさない工夫から、あなたの貯蓄は生まれます。
みなさんは、毎月いくら貯金をするのが理想でしょうか。

データからは、多くの方が計画的に、理想的な貯蓄をしていることが伺えます。思うような収入が得られないために、貯金できないという人、以下の情報は必見です。

FPなどの力を借りましょう。節税の知識も持ちましょう。

まずは、お金を減らさない工夫から、あなたの貯蓄は生まれます。

みんなはいくら貯金してるの?

皆さんはいくらくらい、毎月貯金をし、貯蓄額はどのくらいなのでしょうか?気になりますね。次項に詳しいデータを記します。

年代別の平均貯金額は?

2018年の金融広報中央委員会「知るぽると」によると、みなさんの毎月の貯金額は、以下のようです。

●20歳代…5.6万円(2人以上世帯)…2.5万円(独身世帯)
●30歳代…5.3万円(2人以上世帯)…3.5万円(独身世帯)
●40歳代…5.0万円(2人以上世帯)…3.5万円(独身世帯)
●50歳代…5.0万円(2人以上世帯)…2.6万円(独身世帯)


上記の調査からは、30代以上の貯金額が、20代より少なくなっていることがわかります。
これは、30代以上の年代が、お子さまの教育費などの家庭費の支出で、貯金にまでお金を回せなくなっている現実があるのではないでしょうか。

つまり、貯金はできるかぎり若い頃から、始めることが大切といえるでしょう。

年代別の平均貯蓄残高は?

2018年の金融広報中央委員会「知るぽると」によると、以下のようなデータが発表されています。「勤労者世帯の世帯主年齢別貯蓄残高、貯蓄年収比」というデータです。

●29歳以下…貯蓄残高 390万円
●30~39歳…貯蓄残高 628万円
●40~49歳…貯蓄残高 983万円
●50~59歳…貯蓄残高 1,676万円


上記の値は、総務省統計局の「家計調査年報」の資料を元としています。

皆さん、意外と多額の貯蓄をしているように思うでしょうか。これは年間の収入が530万円以上の人を対象とした金額です。それを考慮すると、高収入が得られない人は、このデータ中には入っていないということになります。

理想的な貯金をするための方法は?

毎月理想的な貯金をいくらかでもするためには、お金のことをよく知ることも大切です。

まずはお金のことを、お金に詳しい人、FP(ファイナンシャルプランナー)に聞いてみませんか。そして、節税についても学んでみませんか。お金を増やす手段だけではなく、まずはお金をムダに減らさないこと。それが大事ではないでしょうか。

プロ(FP)に相談してみる

「一人ではなかなか貯金ができない」と思っている方は、FPに相談してみるのも手です。FPとは、お金の知識に関するプロフェッショナルです。

たとえば、家計簿。FPに相談すると、内訳を「固定費」と「変動費」、「貯蓄」に分けてくれます。固定費とは、毎月必ず自動的に支払うお金のことです。通信費や保険料、家賃などがこれに当たります。また変動費とは、食費や各種雑費、医療費や交際費などです。

毎月の支出を分析できると、家計費をかなり客観的に見ることができるようになります。FPに無料で相談できるWebサイトもあります。プロに相談して、あなたに合った人生のマネープランを計画してみませんか。

毎月の貯金額を増やすための有利な制度一覧

毎月の貯金をいくらかでも増やすためには、政府の各種制度を利用する手もあります。以下が、税制上、有利にはたらく、主な制度一覧です。

①ふるさと納税 
②NISA 
③iDeCo 
④医療費控除 
⑤生命保険控除 
⑥地震保険控除 
⑦特定支出控除 
⑧住宅ローン控除 
⑨扶養控除 
⑩株取引での損失 
⑪離婚または死別での控除


各種控除は、確定申告をすると、税制上優遇されたり、還付金になって手元に戻ってきたりします。貯金を増やすためには、銀行の金利や、どんな投資方法があるかという情報ばかり集めがちですが、節税をすることも、お金の節約になり、貯金を増やす道につながります。

理想的な貯金のために、ムダな支出をなくそう!

計画的に、理想的に、貯金をできている人は意外と多いようです。

「収入が多ければ、貯金ができるけど」と、思うことは簡単です。まずはご自分の生活から、ムダを省く努力をしてみましょう。

そのためには、お金のプロに相談すること、税の知識を得ることも有効な手段ですね。貯金の大切さに気づいた今から、貯蓄への第一歩を始めましょう。
TOP