お金と経験どちらが大事?20代でやっておきたいこととは

お金と経験どちらが大事?20代でやっておきたいこととは

社会人となる20代はいろいろな意味で人生の分岐点となります。 就職して、中には起業する人もいるでしょう。 また家族を作ったり、自分のやりたいことに打ち込んだりと自分という存在を見つめなおす時期でもあります。 20代はお金も時間も自由がききやすいとはいえ、漫然と過ごせばすぐになくなってしまうでしょう。 20代でやっておきたい経験やお金についてまとめました。
社会人となる20代はいろいろな意味で人生の分岐点となります。

就職して、中には起業する人もいるでしょう。また家族を作ったり、自分のやりたいことに打ち込んだりと自分という存在を見つめなおす時期でもあります。

20代はお金も時間も自由がききやすいとはいえ、漫然と過ごせばすぐになくなってしまうでしょう。20代でやっておきたい経験やお金についてまとめました。

20代から考えておきたいお金のこと

20代は自分の好きに暮らせる時期ともいわれます。

一方で、20代こそお金をためておくべき、もしくは20代だから今しかできない経験をするべきという声もあるでしょう。20代のお金との付き合い方を考えました。

人生設計を考える

心理学者のメグ・ジェイさんは、人生を決める出来事の80%が35歳までに起こるということをスピーチとして語りました。20代は大きく人生が変動する時期です。充実した毎日を送る人も多いでしょうが、立ち止まって人生設計を考える時間を作ることをおすすめします。

例えばいずれ海外で働きたいと思っている人、起業したいと考えている人もいるでしょう。また出産したり、家族を作りたいと考えるかもしれません。

現在20代であれば、残り何年か実現のために使える時間がどれだけあるのかを考えます。人生設計を考えた時にどうしても問題となるのがお金です。どのようなお金が必要になるのかも人生設計と合わせて考えておきましょう。

現在を充実させるための投資も必要

20代は人生を考える時期ですが、未来だけでなく現在も大切です。特に必要なのは経験に対する投資。

人生を決定づける大切な時期である20代は可能性や選択肢を広げること時間とお金を使いましょう。20代で経験したことは強く記憶に残って残りの人生にも影響を与えます。将来的なキャリアを広げるためにも20代こそ、未知の経験やチャレンジをしてみましょう。

20代に必要なマネーリテラシーとは?

20代は独立して社会の一員になる人も多いでしょう。社会人になるタイミングはマネーリテラシーを高めるチャンスでもあります。

生活にかかるお金を知っておく

これから家族を作ったり、家を買ったりしたいと考える人でも生活にかかるコストは意外と知りません。毎月どれだけの食費をかけるのか、子どもの習い事や学校はどうするのか考えたことはあるでしょうか。

あまりに現在の自分とかけ離れたことはわからないかもしれません。しかし、毎月の生活にかかるコストは知っておくべきです。

自己投資の予算を決めておく

貯金は早めに始めておいた方が有利です。

しかし、成長著しい時期である20代は将来への貯金だけでなく、今の自分に必要な自己投資にお金を使ってみましょう。

資格取得や異業種交流会など自分の世界を広げることにお金を投資しておきます。体験にお金を使うことは物理的なものを購入するよりも幸福度を高めるといわれています。海外旅行や趣味の体験などにお金を使うことも立派な自己投資といえるでしょう。

少額からでも投資を初めてみる

お金や経済の知識を身に着ける最も手っ取り早い方法は何かに投資をすることです。

投資信託や株式であれば数万円程度から購入できるものもあります。例えばお気に入りのアイテムを製造している企業に投資したり、これから成長が見込める国の通貨に投資したりと投資を通じて、今まで気にしていなかったニュースにも興味が持てるようになります。

投資で失敗したとしても20代であれば、リカバリーもききやすいでしょう。将来的に大きな額を投資した際に教訓を生かすためにも、早い段階で投資をスタートするようにおすすめします。

お金にまつわる知識は人生を豊かにする

私たちの人生でどの場面であっても多かれ少なかれお金が関わります。これから新しい経験を積みたいと考えている人にとっても、お金の問題は付きまとうでしょう。

お金について知ることは、ゲームのルールを知るようなものです。ルールを知ることで、より効率的に有利に人生を進めることができます。

20代はお金の知識を得るとともに失敗を経験できるチャンスの時期。より豊かな人生を送るために20代の時間を有効活用しましょう。
TOP