自炊で節約するためのポイントを解説!誰でもできる自炊で節約をしよう

自炊で節約するためのポイントを解説!誰でもできる自炊で節約をしよう

自炊で節約をしたいと考えているけれど、継続できなかったり、効果を感じられなくて節約ができているのか分からなかったりした経験はありませんか?節約は難しいものではなく、コツを掴めば誰でもすぐに実践できますよ。 自炊で節約するためのポイントや、自炊を継続できるコツ、注意点などをまとめたのでご紹介します。
自炊で節約をしたいと考えているけれど、継続できなかったり、効果を感じられなくて節約ができているのか分からなかったりした経験はありませんか?節約は難しいものではなく、コツを掴めば誰でもすぐに実践できますよ。

自炊で節約するためのポイントや、自炊を継続できるコツ、注意点などをまとめたのでご紹介します。

食費を節約する前に

食費を節約する前に、事前にやっておくべきポイントをご紹介します。何も考えずに節約を始めても続かないからです。以下のポイントを節約する前に確認しておきましょう。

月々の食費をチェックする

いきなり節約を始めるのではなく、まずはこれまでの食費を計算してみましょう。算出した金額から、最終的に食費をいくらくらいにしたいかを設定して、少しずつ理想に近づいていく方法が良いでしょう。

月々の食費をチェックしないと、結果的に節約ができているか確かめられません。毎月食費に使える金額を決めたら、決めた金額の範囲内で買い物に行くようにしてください。金額を超えないように必要なものを買うスキルが身に付き、無駄な出費を抑えられます。

計画を立てて節約生活を始める

計画をきちんと立ててから節約生活を開始しましょう。毎月使える食費の上限を決めなかったり、とにかく安い食材を購入したりするのはやめましょう。食べきれずに無駄にしたり、結果的に無駄遣いをしていたりしているケースも多々あります。

特に初心者の人であれば、慣れない自炊をしていて時間がかかっている中、無駄な出費をしていてお金も時間もかかってしまう場合があるため、必ず計画を立てるようにしましょう。

買い物から節約する

実際にお金を使う買い物の段階から節約をすると安易に予想できるでしょう。ですが節約を意識した買い物ではちょっとだけ意識を変えなければなりません。習慣になるまで、意識を少しだけ変えて買い物をしてみてください。

購入する商品に優先度を付けておく

売り場を回る時は、主菜となる肉や魚、野菜などのメイン食材からカゴへ入れていき、次に卵や乳製品、調味料の順番で回ります。優先度の高い食材から購入していけば、後から購入する商品の調整ができるためです。

予算を余らせておくと、1ヶ月の生活に余裕を持たせたり、ちょっとだけ贅沢する費用に充てたりできるので、買い物のたびに予算ギリギリまで使うのは避けましょう。「今は必要ではないけれど、安いから購入する」などの無駄な出費を抑えられます。

食材は使いきれるサイズを購入する

野菜やお肉などは、大容量で販売して安くなっている時がありますが、使いきれずに賞味期限がきれたり腐ったりしてしまう場合があります。せっかく安く入手できても食品ロスになってしまっては意味がありません。大容量だとお得に感じてしまいますが、結果的にバラ売りを購入して使い切る場合がお得になる場合もあります。

むやみに大容量で販売しているものを購入しないようにしましょう。

まとめ買いで時間とお金を有効に使う

毎日スーパーへ行って都度買い物をするのは、お金と時間がかかります。買い物の頻度を決めておくと無駄遣いを防げるため、できるだけまとめ買いを心がけましょう。目安としては1週間分くらいがおすすめです。

不足している食材を、余っている食材でまかなえるようになれば、もっと食費を抑えられます。食品の管理もラクになって、食品ロスを防ぐメリットもあります。

調理時の節約方法

買い物が終わったら、次は料理をしなければなりません。ただ自炊をするだけではなく、やり方を間違えるとかえって出費が増える可能性があります。調理の際に節約できるポイントをご紹介するので、実践してみましょう。

使いきれない分は冷凍保存する

1週間分のまとめ買いをしても、使いきれなければ意味がありません。すぐに使いきれないのであれば、買い物から帰ってきたタイミングで冷凍保存しましょう。長持ちして無駄なく使い切れます。

中でもご飯は一度にたくさん炊いておいて、小分けにして冷凍保存して食べる時に電子レンジで食べる方法は節約になります。食材に下味を付けて冷凍保存すれば、毎日の献立を考えずに済む上、調理時間の時間短縮にもつながるので、試してみてください。

作り置きをしておく

時間や体力に余裕がある時は、作り置きをしておきましょう。食材ロスを防げますし、日々の食事に使用できます。毎日ご飯を作る負担を軽減できて、日々のガス代や電気代の節約にもなります。

また、作り置きした料理が余ってしまった場合は、お弁当のおかずに使用しましょう。外食の頻度を減らして節約ができますよ。調理済みのおかずは冷凍保存がおすすめです。作り置きの際は、おかずを冷ましてから保存しなければなりません。

理由としては、おかずを入れている容器の蓋に付いている水滴が原因となって菌が繁殖して作ったものを傷みやすくさせるためです。せっかく作ったおかずを無駄にしないためにも、必ず冷ましてから冷凍保存をしましょう。また、2重に包んで空気に触れないようにするなどの対策も効果的です。

時には1品料理を作る

予算がなくなったり、料理をしたくない日だってあったりするかもしれません。そんな時はカレーや丼ものなどの一品料理も作りましょう。時には1品でボリュームのある食べ物を採用して食事をするのもおすすめです。

無理して自炊をすると、疲れてしまいます。料理をしたくない時には料理をせず、惣菜を買ったり冷凍食品を使ったりして翌日から頑張るのも必要です。

買い物に行く前にストックをチェック

食材がなくなってきたと思ったら、冷蔵庫や冷凍庫の中をもう一度チェックしましょう。麺類やレトルト食品をはじめとする、食材のストックが隠れていて数日しのげるケースがあります。在庫の確認は食品のロスを防ぐだけではなく、食費の無駄を省けます。

自炊を続けるためのコツ

献立を考える苦労や、時間の確保ができない点から、自炊を継続できない人もいるでしょう。しかし、ちょっと工夫すれば初心者でも継続できます。自炊を続けていくためのコツを伝授します。

料理をする回数を減らすようにする

無理して毎日料理をする必要はありません。料理の回数を減らせば、負担がかなり軽減されるはずです。

・まとめて調理しておく
・作り置きしたメニューを食べる

あらかじめ自炊をする日を決めておいて事前に作っておくのもおすすめです。自炊に対して疲れてしまうと、継続できません。調べたらメニューが出てくるとはいえ、料理するたびにメニューを考えなければならないので、自炊を始めたばかりの人は手間だと感じてしまう人もいるでしょう。

料理する曜日や回数を決めておけば、買い物に行く日も決まってくるため、負担がどんどんなくなります。毎日完璧な料理を作り続ける必要はないので、定期的なガス抜きをしましょう。

火を使わない、包丁を使わない、などの料理をする

自炊が続かない人や、初心者の人は、調理工程が少ない料理をして時間短縮をするのがおすすめです。作るのに時間がかかるから面倒だと感じてしまう人も、簡単に自炊ができます。

また、料理した後の洗い物が嫌になる人もいるのではないでしょうか?調理工程が多いと、必然的に片付けが多くなってしまいがちです。後片付けがラクになるようにワンプレートで済むレシピを作ってみたり、オーブンでできるグラタンを作って洗い物の負担を減らしてみたりしてください。

電子レンジで温めるだけの料理や、包丁を使わない料理などを採用して、自炊を継続させましょう。ラクをして美味しいものを食べるスキルも、自炊には必要ですよ。

便利グッズも使って時間短縮を狙う

調理の際に役立つ便利グッズを使って時間の短縮を狙うのも方法の一つです。ストレスなく自炊ができるので、調理がスムーズになります。

マルチチョッパーでみじん切りや厚切り、薄切りをしたり、ホイルシートを使って油を使わずに料理したりしてみてください。特にホイルシートは油汚れや焦げが付きにくいため、洗う手間がなくなりますので、自炊の強い味方です。

しかし、便利グッズを大量に買いすぎると節約ではなくなってしまいます。便利グッズの採用のしすぎには注意してください。

節約に失敗しやすい人は注意して

自炊での節約に失敗しやすい人がいるので、ご紹介します。自炊をしているのに食費が減っていない人は、以下に当てはまっていないかチェックしてください。これから自炊を始める人は、自分に活かすようにしてください。

保存に向かない料理は作らない

日持ちしない料理や、保存に向いていない料理は節約のための自炊には不向きです。食べきれない場合は捨ててしまう可能性があるためです。食品を安く買って、数日間にわたって食べられる料理を作るのが基本であるため、冷凍しても問題がないような食材をメインに使うようにしましょう。

冷凍できるおかずを作っておけば、食べる時に電子レンジで温めてすぐに食べられます。保存に向いている食材や料理もあわせて知っておくと良いでしょう。

食材に適した方法で保存をする

食材ごとに適した保存方法があります。間違った方法で保存していると、いざ料理に使おうとした時に傷んでいるケースもあります。食材ごとに適した方法で保存すれば、日持ちもしますし、美味しく食べられます。

食材を冷蔵庫に詰め込みすぎると、食材が出しにくくなり奥にある食材を忘れてしまいがちです。基本的にはきれいに収納しましょう。例として、

・肉や魚介類は他の食品に触れないように保存
・野菜類はラップで包んで野菜室で保存
・根菜類は新聞紙で包んで冷暗所で保存、夏場は冷蔵庫で保存

など食材に適した方法で保存しましょう。

自炊で節約して節約上手になろう

ご紹介した節約方法は、一人暮らしの人でも家族がいる人でも実践できる方法です。すぐに実践できるものばかりですが、無理をしてしまうと継続できないので、無理だけはしないようにしましょう。

簡単な方法で調理したり、作り置きのおかずを利用したりして、自炊を継続させていきましょう。
TOP