今加入すべき最適な子供の保険は保証型保険?それとも貯蓄型保険?

今加入すべき最適な子供の保険は保証型保険?それとも貯蓄型保険?

日本だけでなく世界中で、世の中が不安定になってきています。 米中関係の悪化や今回の新型コロナウイルスなど、令和になってから日本もいろいろなトラブルに巻き込まれています。 そういった不安定な状況だからこそ、多くの方に注目していただきたいのが将来のための保険です。 それも自分ではなくお子さんのための保険です。 最近では、お子さんのための保険を選ぶ事がスタンダードになってきているのです。
日本だけでなく世界中で、世の中が不安定になってきています。

米中関係の悪化や今回の新型コロナウイルスなど、令和になってから日本もいろいろなトラブルに巻き込まれています。そういった不安定な状況だからこそ、多くの方に注目していただきたいのが将来のための保険です。それも自分ではなくお子さんのための保険です。

最近では、お子さんのための保険を選ぶ事がスタンダードになってきているのです。

最適な子供の保険の選ぶポイントとは?

これまでお子さんの保険について何も考えたことがなかったという方にとっては、どのような保険を選べばいいのか全く見当がつかないと思います。保険を選ぶ際には、なぜ保険に加入するのかを明確にしておく必要があります。

お子さんのための保険に加入する理由として大きなものを2つご紹介していきます。

万が一のリスクに備えるため

お子さんの保険に加入する理由の多くが、万が一のリスクに備えるためといった理由です。

この万が一のリスクとはどのようなものなのかというと、両親の死亡やお子さんが病気やケガをしてしまった時に必要となる治療費や入院費用、そしてお子さんが原因で相手に怪我をさせてしまった時の治療費や、物を壊してしまったときの賠償金などの事です。

こういった内容に備えて貯金をしているという方もいますが、貯金よりも効率よく万が一のリスクに備えることができる保険は非常にメリットがあるのです。

このような保険を保障型保険といいます。

教育資金や結婚資金のため

万が一のリスクに備えて加入する方と比べて数こそは少ないのですが、徐々に注目され始めているのが教育資金のためや結婚資金の為といった理由です。

万が一のリスクと大きく異なるのが、お金が必要となる時期が決まっているということです。そのため、必要な金額を貯蓄するために加入する保険といった位置づけです。

こういった保険を貯蓄型保険と言います。

保障型保険とは?

via pixta.jp
保証型保険は、万が一の時のために加入する保険です。万が一のリスクは、世の中に無数にあります。そのため、いろいろなリスクに備えた保険があります。

お子さんには、どの保険に加入させようか悩んでいるという方は、保証型保険の種類について理解を深める必要があります。

生命保険

生命保険とは、万が一のリスクに備える保険です。生命保険は大きくわけて4つに分類されます。

1つ目は死亡保険です。

死亡保険は、保険に加入している方が死亡した場合、高度障害になった時に保険金が支払われる保険です。

2つ目が生存保険です。

保険に加入している人が、保健期間の満了後でも死亡せずに生きていた場合に保険金などが支払われる保険です。

3つめは生死混合保険です。

これは、死亡保険と生存保険の両方の特長を合わせもった保険です。保険に加入している方が、死亡した場合、高度障害になってしまった時に保険金が支払われるのに加え、保険期間満了時に生存していた場合でも保険料が支払われます

4つ目が、死亡保険、生存保険、生死混合保険のいずれにも属さない保険です。

保険の需要が高まり、細分化いておりいろいろな保険が登場していますが、この3種類に当てはまらない保険全般が4つ目の種類になります。

さらに、親である自分が死亡保険に入っておくと、万が一子どもをおいてなくなることがあった場合も、葬式費用などの負担をお子さんに背負させずに済むことに。家族を思うからこそ、保険は存在しているのです。
上手く活用してきたいですね。

医療保険

医療保険は、怪我や病気をした時に必要となる手術や入院の費用を賄うために加入する保険です。

この医療保険には、国が運営している公的医療保険制度と民間の保険会社が運営している医療保険の2種類があります。一般的には、国の医療保険制度を使っているのだが、国の医療保険制度では足が出てしまう部分に対して、より保証やサービスなどを手厚くするために加入するのが、民間の保険会社の医療保険です。

民間の保険会社の医療保険では、入院や手術費用などを保証する保険や、先進医療特約、がん診断一時金特約、がん、急性心筋梗塞、脳卒中の三つの病気に対して一時金が支払われる三大疾病特約、女性特有の病気の保証をしてくれる女性疾病入院特約、入院後の通院に対して支払われる通院給付特約、病気や怪我が原因で働けなくなった方を保証する就業不能特約などがあります。

傷害保険

傷害保険とは、事故やケガなどの備える保険です。

傷害保険は、どんなケガや事故にも対応するものではなく、そのケガや事故が、あくまで偶然なことが原因であること、また、ゆっくりと起こるのではなく、急激に起こった状況が原因であること、そして外来からの事故であることが条件となっています。

偶然なケガや事故は、事故やケガを予測することができない事、急激な事故やけがは、突発的な事故によって生じたケガであること、外来からの事故やケガは、自分ではなく自分以外に原因のあるトラブルによってもたらされていることが条件となっています。

個人賠償責任保険

個人賠償責任保険は、日常生活において、他人をケガさせてしまったり、他人のものを壊してしまったりした時などに備える保険です。お子さんが自転車に乗っている時に、他の人とぶつかってしまってケガを負わせてしまった場合や、お子さんがペットの散歩に行っていた時に、ペットが他の人に噛みついてしまいケガをさせてしまったときなどに活躍する保険です。

特に最近では自転車による事故によって、大きな損害賠償請求をされているニュースが増えてきていますので、非常に注目度が高まっている保険となっています。

貯蓄型保険とは?

保障型保険が、万が一のリスクに備えるための保険であるのなら、貯蓄型保険はどのような特徴をもった保険なのでしょうか。貯蓄型保険にもいくつかの種類がありますので、保証型保険の内容と合わせてご紹介していきます。

学資保険

下図をご覧ください。大学生以下の子どもがいる20~69歳の男女に対し、学資保険の保険料をいくらで設定しているのかを聞いたアンケート結果です。ご覧のように、0円をのぞくと「1万円~5,000円未満」と答えた人が最も多く、次いで多かったのは「5,000円~1万円未満」のようです。
学資保険は、簡単に説明すると、将来の教育資金を準備する保険です。毎月決められた保険料を支払うことによって、子供の成長に合わせてお金が必要になる時期に、契約していた金額を受けとることができます。

例えば、高校進学の時や大学進学の時など入学金が多くかかるような時のために備える保険です。

学資保険は、最もお金がかかると言われている大学入学のタイミングに満期学資金を受け取るタイプや、中学校入学、高校入学、大学入学など複数のタイミングで受けとることができる保険などもあります。

終身保険

終身保険は、ご年配の方に向けた保険だと思われがちですが、実はお子さんが加入するメリットも大きい保険です。終身保険は、死亡や高度障害などの万が一のリスクに備える保険なのですが、終身保険の特長として解約払戻金というものがあります。

この解約払戻金は、支払った保険料の全てか、一部が返金される制度です。

解約するタイミングを教育資金が必要となるタイミングに合わせて設定すれば、解約払戻金で教育資金を用意することができるのです。

養老保険

養老保険は、保険に加入している方が、死亡した時に支払われる保険金と高度障害が残ってしまった時に支払われる保険、そして保険期間が満了になった時に支払われる満期保険金が同額の保険です。

養老保険も終身保険と同様に、子供の成長や進学などに合わせて教育資金を用意したい方にも選ばれています。もちろん通常の使い方として死亡してしまった時の葬儀費用や埋葬費用を捻出したい方や退職後に必要となる老後の生活資金などのために加入する方が大半です。

貯蓄と万が一のリスクに対する備えが一つでできてしまうといったメリットがあります。

子供の為に加入する保険の選び方

子供の為に加入する保険を選ぶのは、本当に大変です。家庭によってベストな保険の内容が大きく異なりますので、誤った保険に加入してしまうこともしばしば……。

どのようなことに注意しながら保険を選べばよいのでしょうか。

貯蓄型か保障型か

子供の為に加入する保険を選ぶ際には、最初に貯蓄型か保証型かを選ぶ必要があります。万が一のリスクに備えることができる保障型は、事故やケガのときの備えとして非常に優秀であることは間違いありません。

しかし、教育資金のために加入するメリットはあまりないというのが特徴です。

基本的に保証型の保険は、払い込んだ保険料の一部が保障準備のために使われていますので、その分、返戻しされる金額は下がってしまいますので、当然ながら支払った金額が100パーセント受けとることができるということはありません。

そのため、貯蓄性という観点から考えると保証型よりも貯蓄型になってしまいます。

子供の年齢に合わせて選ぶ

保健に加入する場合には、お子さんの年齢に合わせて選ぶ事も重要になります。一般的には、子供が生まれた段階で貯蓄型の学資保険に加入します。そして、医療保険は、生活しているエリアの自治体の子供医療費助成制度が終了したタイミングで加入するのが一般的なようです。

そして子供が原因で起こってしまう個人賠償責任に対しては、子供が幼稚園に入るタイミングで傷害保険に加入し、子供が小学校に入るタイミングで個人賠償責任保険に加入するのがベストだと言われています。

生命保険に関しては、メインで働いている方が生命保険に加入していれば、改めて入りなおす必要はないと言われています。

子供の年齢と家族の特長に合わせて選ぼう

子供のために加入する保険を選ぶ場合には、どのような目的で加入するのかを明確にすることが重要になります。結婚や教育資金目当てでしたら貯蓄型保険がおすすめですし、保護者の死亡や高度障害などでお子さんの将来が不安定になるのを避けたいのであれば、保障型保険がおすすめです。

どちらも同じように大事な保険ですので、お子さんの年齢や家族の状況に合わせて選ぶようにしましょう。
TOP