タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

今すぐできる!自宅で出来る節約術を知ってお得に暮らそう!

今すぐできる!自宅で出来る節約術を知ってお得に暮らそう!

2022年に入り急激に円安が進んだため、いろいろな物やサービスが値上げされ、私たちの家計を圧迫してきています。こんな時こそ、できることから節約をして乗り越えたいものです。今すぐにでも自宅で実践できる節約術について、見ていきましょう。

2022年に入り急激に円安が進んだため、いろいろな物やサービスが値上げされ、私たちの家計を圧迫してきています。こんな時こそ、できることから節約をして乗り越えたいものです。今すぐにでも自宅で実践できる節約術について、見ていきましょう。

日々の暮らしの中で簡単にできる節約術とは

普段の生活を送りながら、自宅でも簡単に取り組むことができる、節約のポイントについて見ていきましょう。

家計簿をきちんとつける

毎月お金がどのくらい入ってきて、お金をどのように使っているのか把握しておくことは、節約をする上での基本と言えるポイントです。

家計簿をきちんとつけることによって、入ってくるお金、出ていくお金の流れが明確になります。

家計簿を見れば、お金を使い過ぎた、無駄遣いをした項目があればすぐ分かり、ここが無駄だから、違う項目を削って補填しよう、といった具体的な対策を練ることができ、実践に移すことができます。そして、貯金がどのくらい増えたのかも実感しやすいので、モチベーションアップにもつながります。

ただ、家計簿に細かく毎日レシートと財布の中身を突き合わせながら記載したり、項目ごとに分けるのは苦手という人もいるでしょう。慣れていないと時間がかかったり、詳細に付けるのが煩わしく感じて続かないかもしれません。

紙の家計簿が苦手な人は、スマートフォンの家計簿アプリを使うと便利です。スマートフォンであれば、使ったらすぐ記録できるのもメリットと言えます。

アプリには計算機能の他、電子マネーやクレジットカードの出費も合計できる機能、また、レシートをスマートフォンのカメラで読み取るだけで、自動的に入力される機能など、とても便利な機能が充実しています。さまざまなアプリがありますので、自分に合った使いやすい家計簿アプリを選ぶと良いでしょう。

買い物の頻度を落とす

スーパーマーケットやドラッグストアは、商品を買いたくなるように魅力的な陳列や売り出しを行っています。毎日買い物に行くと、お店の中のいろいろな商品に目移りをして、ついたくさん買ってしまうため、結果的に食費が増える原因となってしまいます。

毎日買い物に行くのではなく、頻度を落として、まとめ買いをすることで出費を抑えることができます。最初は2日に1度、3日に1度と、徐々に頻度を落としていくことがおすすめです。

まとめ買いをする

食品はとにかく量が多い方が良い、コストパフォーマンスを重視するご家庭では、ボリュームが多いことで知られるコストコや、業務スーパーの食材を活用して、ストックしておくと節約につながります。

店舗に行かずにまとめ買いをする方法もあります。食品の宅配サービスを利用すると、家でカタログを見ながら必要な分のみ注文ができるので、無駄が少なくなります。

ミールキットの宅配サービスは、毎日あらかじめ決められたメニューに基づいてカットされた必要なだけの食品が届けられ、届いた分を調理すればすぐに食事ができます。

節約になるだけでなく、メニューを考える手間もなくなり、食品の廃棄ロスも少なくなります。共働き世帯など、忙しい人に向いているサービスと言えるでしょう。

手数料を見直す

毎日の暮らしの上で、私たちはいろいろなサービスに対する手数料を支払っています。銀行で引き出す際のATM手数料や、違う口座へお金を振り込む時の手数料、フリマアプリなどの仲介手数料、発送してもらう時の手数料など、意識せずに支払っている手数料もあるかもしれません。

貯金や投資をしているつもりでも、手数料がかかって、実は全然貯まっていないということもあります。

たとえば、銀行ATMでお金を引き出す際の手数料は、110円や220円がかかります。預け入れでも同じようにかかります。

1回の手数料はそれほどの金額には思わなくても、現金を引き出すために、ATMを利用して、その都度手数料がかかっているようであれば、月単位、年単位で考えると、積もり積もってかなりの金額に達しているかもしれません。

銀行ATMは、その金融機関のATMを使う場合は平日の時間内であれば無料のことが多いです。しかし、早朝や夕方以降の時間外や、土日祝に使うと手数料がかかります。また、他の銀行のATMを使うと、平日であっても手数料がかかります。

コンビニエンスストア内のATMは、多くの金融機関に対応していますし、いつでも開いているので便利ですが、手数料がかかることが多いです。ネット専業銀行の場合は、預金残高などによってランク分けされ、無料でATMが使用できる回数が毎月変わるところがあります。

自分が良く使っている銀行のATM手数料や、手数料が無料の時間、回数について知っておくことで、手数料がかかることを避けることができます。現金を引き出す場合には、決まった日に無料の時間帯にまとめて引き出す、クレジットカード等のキャッシュレス決済を積極的に使うことで、現金の引き出しを避けるなど工夫をしましょう。

同じように、日ごろ使っているいろいろなサービスの手数料について、一度改めて見直してみることで、節約につなげることができるでしょう。

コンビニの買い物はできるだけ避ける

コンビニエンスストアは私たちの生活になくてはならないものです。365日24時間営業している便利さ、安心感に加えて、最近ではコンビニエンスストアだけでしか販売されていない商品や、ホットスナックやお弁当など、コンビニエンスストアだけのオリジナル商品も売られています。

宅配便やATMといった便利なサービスもあるので、立ち寄るとつい買いたくなるように工夫されています。
ただコンビニエンスストアの商品は、スーパーマーケットやドラッグストアと比べると割高な価格で販売されています。ドリンクや食品など、同じ商品を購入するのであれば、安い価格のお店で購入することを心がけましょう。

コンビニエンスストアに用事がないのに立ち寄る頻度を減らす、買い物をして支払う時はキャッシュレス決済などを使うことも節約につながります。

キャッシュレス決済を活用する

買い物などで支払いをする場合には、現金を使わないキャッシュレス決済でなるべく支払うようにすることも、節約につながります。

コロナ禍もあって、さまざまな場面や店舗でキャッシュレスで支払えるようになってきています。普段の買い物だけでなく、税金や公共料金の支払いなども対応していることがあります。できるだけ支払いをキャッシュレスにすることは、支出の管理が把握しやすいというメリットや、利用分はポイントとして貯めることもできます。

クレジットカードや電子マネーなど、さまざまなタイプのキャッシュレス決済があり、それぞれ貯まるポイントや還元率も異なります。毎日使う店に対応した決済方法や、貯めたいポイントの決済方法など、自分に合った支払い方法を見つけてみましょう。

あるものからお金を生み出す

お金を節約するのではなく、あるものからお金を生み出すことも実践しやすい方法と言えます。以前買ったけれどももう使わなくなった、不要になった物、引っ越しなどで合わなくなった家電や家具、人からもらったけれども使わないノベルティ商品など、家の中を見渡してみれば、棚や収納の片隅で放置されている物があるかもしれません。

自分にとっては要らない物や価値がないように思える物でも、他の誰かからすると欲しい物の可能性があります。ゴミとして廃棄すると何にもないものが、売ることでプラスになるのです。

不要な物をお金にするには、リサイクルショップに持ち込む方法や、宅配便で買取業者に送って査定してもらう方法、リサイクルバザー等のイベントに出店する、ネットオークションやフリマアプリを利用するといった方法があります。

フリマで不用品をお金にする

フリマアプリは、スマートフォンの普及によって誰でも簡単に出品できるようになりました。出品の方法は、アプリをダウンロードして、スマートフォンで売りたい品物を撮影して説明文を添えて、発送方法などを決めて出品するだけと、簡単にできます。

商品が売れたらアプリから通知が来ますので、梱包をしてコンビニや郵便局、専用ロッカーなどから発送をすれば完了です。

少し前までは、ネットでの売買をするには、出品までに手続きが必要だったり、発送まで時間がかかる、売り手と買い手で入金されない、送られてこないといったトラブルもありました。

最近のフリマアプリでは、アプリを介することで、お互いの名前・住所を伏せた匿名の状態のまま、商品のやり取りをすることも可能となっています。

出品した商品を発送した後、相手に届いて受け取ったという通知を受け取ると、売り上げとして計上されるシステムのため、商品の不着や未入金のトラブルの被害に遭うことが少なく安心して使えるようになっています。

フリマアプリを利用している人はとても多いので、出品をすると多くの人の目に触れることになります。出品したら数分で売れた、ということも珍しくありません。

買取専門業者を利用する

個人での売買は不安だ、出品の価格を付けるのが良く分からない、値段交渉が面倒だ、という場合には、リサイクルショップへ持ち込むか、買取業者へ宅配便で送る方法があります。

宅配の買取は、売りたい品物を発送して査定を依頼すると、自宅にいながら査定を受けられ、査定金額に納得できれば代金を入金してもらえる仕組みとなっています。着物や家電、スマートフォン、ブランド品など、それぞれ専門の買取業者があります。同じジャンルの品物をまとめて処分したい、という場合には検討してみましょう。

無理せずに自宅でできる節約術を実践してみよう

いかがでしたでしょうか。自宅ですぐにでもできる節約術についてご紹介いたしました。節約を続けるコツは、ただ節約をするだけではなく、目標とする金額や時期、目的をしっかり定めること、極端な節約はしないこと、そして節約を楽しむこともとても大切です。節約の効果があったら、たまには出費をすることもモチベーションを維持することができます。無理せずに節約を続けていきましょう。

TOP